Shriekback

1879 views

    Shriekbackシュリークバック

    メンバーの中にXTCやギャング・オブ・フォーといったニューウェイヴを代表するバンドの出身者がいることから、シュリークバックがアーティストとしての知性とニューウェイヴのポップさをうまく組み合わせることができたのも不思議ではない。
    85年「ネメシス」で初期のオルタナ・チャートに登場し、翌年リリースされた『ビッグナイト・ミュージック』では、さらにソウルフルな実験的要素を加味するとともに、オルタナ・ロック成分をいい具合に配合している。また、『ガンニング・フォー・ザ・ブッダ』では、にじみ出てくるダークなリズムや弛緩したメロディなども聴かせてくれる。
    彼らは90年代もリリースを続けたが、結局どのアルバムも、80年代にシュリークバック自身や他のミュージシャンたちを駆り立てたようなニューウェーヴ/ファンクの融合を実現することは残念ながらできなかったようだ。

    曲・アルバム

    • Without Real String or Fish

      2015年03月04日リリース
      アルバム・3曲

      • 1 Ammonia Tree
      • 2 Soft Estate
      • 3 Beyond Metropolis

      Without Real String or Fish

    • Sacred City

      2014年08月31日リリース
      アルバム・10曲

      • 1 Beatle Zebra Crossing?
      • 2 3Am
      • 3 Hymn to the Local Gods
      • 4 The Bastard Sons of Enoch
      • 5 Below
      • 6 Exquisite Corpse
      • 7 Psycho Drift
      • 8 Signs
      • 9 (Open Up Your) Filthy Heart (To Me)
      • 10 Every Force Evolves a Form

      Sacred City

    • Oil and Gold

      2011年10月14日リリース
      アルバム・5曲

      • 1 Fish Below the Ice
      • 2 Fish Below the Ice
      • 3 Fish Below the Ice
      • 4 Fish Below the Ice
      • 5 Everything That Rises Must Converge

      Oil and Gold

    • Life In the Loading Bay

      2010年12月14日リリース
      アルバム・1曲

      • 1 Flowers of Angst

      Life In the Loading Bay

    • Life In The Loading Bay

      2010年12月14日リリース
      アルバム・7曲

      • 1 Pointless Rivers
      • 2 Semi Delicious
      • 3 Dreamlife Of Dogs
      • 4 Another Day Above The Ground
      • 5 Make It Mauve
      • 6 Simpler Machines
      • 7 Flowers Of Angst

      Life In The Loading Bay

    Shriekbackの動画