Eddy Clearwater

1030 views

    Eddy Clearwaterエディ・クリアウォーター

    35年、ミシシッピー州メイコンに生まれる。カントリー&ウエスタンを聴いて育ち、13歳の時、教会でギター演奏を開始。50年にシカゴに移り、数年間ブルースを演奏したのち、パワフルなシンガー兼ギタリストとして、ステージやレコードでその腕前を披露する。彼の音楽性はブルースだけにとどまらず、ソウルやカントリー、そしてチャック・ベリーのようなロックンロールからの影響も大きく、さらにジミ・ヘンドリックスのように右利き用のギターを左に持ちかえたスタイルがトレード・マークである。数々のレーベルでレコーディングを重ねるが、皮肉なことに多芸が災いして、常に満足のいく結果を残すとは言い難かった。97年には心臓手術を受けるが、クール・ブルース・ウォークのプロデュースによる『Duke Robillard』で見事にカムバック。その後もアメリカ・インディアンの羽根飾りを頭につけたスタイルでステージに立ち、アメリカやヨーロッパで人気を博している。

    曲・アルバム

    • Chicago Blues Session, Vol. 23

      2015年10月21日リリース
      アルバム・2曲

      • 1 I'm Gonna Move
      • 2 I Wouldn't Lay My Guitar Down

      Chicago Blues Session, Vol. 23

    • The Chief

      2012年01月18日リリース
      アルバム・10曲

      • 1 Lazy Woman
      • 2 One Day At A Time
      • 3 Blues For A Living
      • 4 Blues For Breakfast
      • 5 Bad Dream
      • 6 Blue, Blue, Blue Over You
      • 7 Find You A Job
      • 8 Chills
      • 9 I Wouldn't Lay My Guitar Down
      • 10 I'm Tore Up

      The Chief

    • Blues Hang Out (1989)

      2008年06月16日リリース
      アルバム・14曲

      • 1 Blues for Breakfast
      • 2 Stormy Monday Blues
      • 3 Blues Hang Out
      • 4 Chicago Daley Blues
      • 5 Somebody Please Help Me
      • 6 You Upset Me Baby
      • 7 Set It Out
      • 8 Lay My Guitar Down
      • 9 Hound Dog
      • 10 I Came Up the Heard Way
      • 11 I Don T Know Why
      • 12 Darling I Miss You So
      • 13 That's My Baby
      • 14 Boogie Woogie Baby

      Blues Hang Out (1989)

    Eddy Clearwaterの動画