SKY-HI×Nissy「SUPER IDOL」歌詞の意味は?彼らだから歌える究極のアイドルソングを考察!

SKY-HI×Nissy「SUPER IDOL」歌詞の意味は?彼らだから歌える究極のアイドルソングを考察!

SKY-HI×Nissy「SUPER IDOL」歌詞の
意味は?彼らだから歌える究極のアイ
ドルソングを考察!

アイドルらしく、自分らしく

共にダンス&ボーカルグループ・AAAのメンバーで、ソロ活動でも活躍するSKY-HIとNissyがコラボし2023年12月4日にリリースした『SUPER IDOL』。
12月2日・3日に京セラドームにて開催の「D.U.N.K. Showcase in KYOCERA DOME OSAKA」でライブ初披露され、同日2日には日テレ系音楽特番「ベストアーティスト2023」で地上波初披露されました。
▲SKY-HI×Nissy-SUPER IDOL【OFFICIAL MUSIC VIDEO】
メジャーデビュー10周年を迎えたSKY-HIと、ソロ活動10周年を迎えたNissy。
それぞれの視点でこの10年を見つめてきた人気アーティスト2人の想いが強いフレーズでられた歌詞に、注目が集まっています。
どのようなメッセージが込められているのか、歌詞の意味を考察していきましょう。
SUPER IDOL 歌詞 「SKY-HI × Nissy」
https://utaten.com/lyric/mi23111724
歌詞冒頭では、これぞアイドルという振る舞いでカメラの向こうや客席にいるファンに向けてパフォーマンスしている様子が描かれています。
「I'm so high, I'm so free」の言葉は、ステージ上での高揚感や解放感を表しているのでしょう。
「照明の下が住所」とあることから、スポットを浴びるステージの上こそが自分の居場所であり、それは誰にも奪えないものだと自信を持っていることが伝わってきます。
SUPER IDOL 歌詞 「SKY-HI × Nissy」
https://utaten.com/lyric/mi23111724
アイドルに求められるのは「完璧」や「大正義」。
そういうものはちゃんと持っているから、自分の真剣な努力を「成長過程」という言葉で片づけないでほしいと訴えているように感じます。
アイドルとして周囲に認められることも大切ですが、「普段着でドーム 帰り道にクラブでロック」とあるように自分らしさも忘れないでいたいものです。
そんな自分でいれば、調子が「向こうから乗られにくる」ような輝く存在になれることを言い表しているのかもしれません。
つらい日々すら輝く糧になる
SUPER IDOL 歌詞 「SKY-HI × Nissy」
https://utaten.com/lyric/mi23111724
ここでは人前に出る覚悟もなく、人やネットの影に隠れてアーティストの粗探しをする皮肉屋へのメッセージが綴られているようです。
批判してばかりいるが完璧なのは誰だと問いかけます。
そして、それは自分しかいないと信じ、いつでもそういう強い気持ちでステージに立っていることをはっきりと明かしています。
ここで出てくる「君」も、批判する人たちのことを指しているのではないでしょうか。
その人たちは足掻き、孤独と戦うつらい日々を過ごしているために憂さ晴らしで人を攻撃しているのかもしれません。
しかしそんな苦しい日々はアーティストたちも通ってきた道です。
彼らはその苦しさを他人を傷つけるためではなく、自分を輝かせるための糧として音楽で昇華してきました。
だからこそ誰もが「SUPER IDOL」と認める存在になれたのだと、心の強さや格の違いを見せつけています。
SUPER IDOL 歌詞 「SKY-HI × Nissy」
https://utaten.com/lyric/mi23111724
人々は真実よりも面白い嘘の方に沸く傾向にあります。
それでも嘘ばかりが蔓延する現代に世界が疲れ始めているのも事実でしょう。
偏見なんて持っていないと言いながら多くの人が「無意識な偏見」を心の底に抱えているので、自分の好みでないものを認めず排除しようとしがちです。
しかし早くその偏見に気づき、好きなものも嫌いなものも一切合切を楽しむ余裕を持つべきだと教えてくれている気がします。
大切なのは全力でステージに立つことだけ
SUPER IDOL 歌詞 「SKY-HI × Nissy」
https://utaten.com/lyric/mi23111724
自分を賞賛する言葉を飽きるほど聞いてきた彼らは、欲しいものは全て手に入れて「現世にはもう無い欲しいもの」と言い切ります。
あとは登り詰めた頂上で思うままに踊るだけ。
行動せずに人の批判ばかりしている人たちとは違い夢を妄想で終わらせず、さらに凄いことを現実で成し遂げていく気概と実力があることを高らかに宣言しています。
SUPER IDOL 歌詞 「SKY-HI × Nissy」
https://utaten.com/lyric/mi23111724
歌が上手い人は「実力派」と呼ばれ、外見が美しいと「アイドル」と呼ばれるのはもはや一般的です。
しかしここでは疑問形で投げかけられていることから、そんな風にカテゴライズする意味があるのかと問題提起していると解釈できます。
実際、美男美女のメンバーで構成されたAAAはアイドルグループという見方もされてきましたが、一人ひとりが高いパフォーマンス力を持った実力派のダンス&ボーカルグループです。
外見も実力も伴った彼らは世間の評価に悩んだことがあるのでしょう。
それでもこの10年の歩みで「I don't care(俺は気にしない)」と言える強さを培ったようです。
それは努力を積み重ねて得たさらなるスキルと自分への自信が増し、加わったからだと思われます。
周囲が自分をどう評価しようと全力でステージに立つだけだと語ります。
SUPER IDOL 歌詞 「SKY-HI × Nissy」
https://utaten.com/lyric/mi23111724
誰かが抱いた夢も、夢が少しって喜ぶ姿も彼らにとってはかつて経験した過去の出来事です。
これは皮肉のようにも取れますが、むしろ今音楽界の高い場所にいる彼らも初めからそこにいたわけではないことを示しているように感じました。
うまくいかない現実に足掻き孤独と戦い、様々な夢を抱いてそれらを1つずつ叶えてきた先に今の輝く彼らがいるのです。
それまでの軌跡があるからこそ誰もが知る「SUPER IDOL」となりました。
この楽曲は自分たちが歩んできた道のりと得た栄誉について語ると共に、どこかでくすぶったまま踏み出せずにいる人々に向けたエールが込められたものなのかもしれません。
情熱みなぎる歌詞に心を揺さぶられる!
SKY-HIとNissyによるコラボ曲『SUPER IDOL』は、音楽に対する情熱と築き上げてきた自信がみなぎる楽曲です。
本人出演のMVでは、これまでの価値観を破壊し自分だけの新しい世界を創造しようとする彼らの熱い想いが垣間見えます。
それぞれの立場で音楽界を盛り上げ続ける2人の感情がこもった歌とパフォーマンスを楽しんでくださいね。

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」
  • ゆいにしお / 「ゆいにしおのmid-20s的生活」

新着