メインビジュアルも公開

メインビジュアルも公開

「劇場版ブルーロック」24年4月19日
公開 凪の“スマホトラップ”収めた
予告映像が完成

メインビジュアルも公開(c)金城宗幸・三宮宏太・ノ村優介・講談社/「劇場版ブルーロック」製作委員会 「劇場版ブルーロック EPIOSODE 凪」が2024年4月19日から公開されることが決まり、予告映像とメインビジュアルが披露された。
 「ブルーロック」は、「週刊少年マガジン」(講談社刊)で連載中のサッカー漫画のアニメ化。日本をワールドカップ優勝に導くためのプロジェクト「ブルーロック(青い監獄)」に集められた潔世一(CV:浦和希)ら300人の高校生ストライカーが、サッカー生命をかけて世界一のストライカーを目指す姿を描く。
 スピンオフ作品「EPISODE 凪」をアニメ化する劇場版は、桁外れのサッカーセンスを持つ天才フォワード・凪誠士郎(CV:島崎信長 ※崎はたつさきが正式表記)の視点でブルーロックでの戦いが展開される。
 予告映像は、無気力に生きていた凪が“スマホトラップ(スマートフォンをトラップ)”をする姿や、ワールドカップ優勝を夢見る同級生・御影玲王が凪をサッカーに誘う場面を収録。そして、絵心甚八の「299名を蹴散らして最後に残る一人は、世界一のストライカーになれる」という言葉をきっかけに、メインキャラクターが次々と登場。終盤には、瞳に“オーラ”を宿した潔の姿も映し出される。
 メインビジュアルは、凪を囲むように、玲王、剣城斬鉄、潔、蜂楽廻、國神錬介、千切豹馬の姿が配されている。
 「劇場版ブルーロック EPIOSODE 凪」は24年4月19日から公開。第1弾ムビチケカード型前売り券、特典付きムビチケオンライン前売り券は12月22日発売。アニメイト限定チケットホルダー付き前売り券も12月22日から予約開始。

新着