川上千尋(NMB48)に聞く、“ 鉄の美
姫 ”マシュリマシュリー・ホルン役
への熱い思いとは 『FINAL FANTASY
BRAVE EXVIUS 幻影戦争 THE STAGE』
インタビュー

大人気タクティカルRPGゲームを原作とした舞台『FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS 幻影戦争』(FFBE幻影戦争)が2024年2月に幕を開ける。列強に囲まれたリオニスという小国を舞台に、リオニスの王子・モントと双子のシュテルの対立と、親子・仲間との絆を描く本作。 “ 鉄の美姫 ”マシュリー・ホルンを演じる川上千尋(NMB48)に、役作りについてや本作の見どころなどを聞いた。

ーーまずは、出演が決まった時のお気持ちから聞かせてください。
「FINAL FANTASY」という誰もが知っているゲームの舞台化作品と聞いて、「本当の話ですか、これ?」と思わず言ってしまったくらいびっくりしましたし、嬉しかったです。
ーーゲームはご存知でしたか?
プレイしたことはなかったのですが、もちろん知っていました! 今回のお話をいただいて、配信されている動画も見させてもらいました。(その動画内で)マシュリーは凛々しくて、強い女性というイメージだったので、私とは正反対な役だと思いましたが、そうした役に挑戦できることもとても嬉しかったです。
ーー取材当日は、ビジュアル撮影で初めてマシュリーの衣裳を着用したと聞いています。実際にマシュリーになった感想を教えてください。
スタッフの皆さんがすごくこだわりを持って作ってくださっているのを感じました。細かいところまで凝っているんですよ! すごく豪華ですてきな衣裳なのですが、それでも撮影中もさらに試行錯誤を繰り返していて、よりマシュリーに近づけたのかなと思います。
ーー撮影はいかがでしたか?
難しかったです。私は、普段、アイドルとして活動をしているので、カメラを向けられたら笑顔になるという癖が付いているんです(笑)。ですが、マシュリーはキリッとした印象の女の子なので、その凛々しさを表現するのに苦労しました。立ち姿にも気品が必要だと思ったので、アイドルのようなポーズを取らずに、立ち姿だけで魅せることを意識しました。今日は、武器を持った写真も撮影させていただいたのですが、それも新鮮でした。どうしたらカッコよく見えるのかも分からなくて、とりあえず武器を回してみたりしました(苦笑)。武器の使い方もお稽古で学んでいきたいです。
ーーそうしたビジュアル撮影を経て、今現在は、マシュリーをどんな人物だと考えていますか?
お姫さまということもあって、高飛車なところもありますが、自分の芯をしっかり持っている、みんなが憧れる女性なのかなと思います。モント・リオニスの前では素を見せることができて、可愛らしい女の子に戻るという、そのギャップも愛らしいなと思いました。これまでは私は、自分の素に近い役を演じることが多かったのですが、今回は全く違う役なので、声から変えていく必要があるのかなと思っています。可愛らしいけれども、凛としているという、二面性をしっかりと見せられるように、役にのめり込んで演じていけたらと思います。
ーー川上さんは、マシュリーと似ているところはありますか?
芯を持っていないとアイドルはできないと思うので、そこは似ているところなのかもしれません。アイドルを11年間やってきた上で積み重ねてきた信念を役作りに生かしていきたいと思います。
ーーそのアイドルとしての信念とは、どのような信念なのですか?
私は諦めなければ夢はうと思っているので、地道に夢に向かっていき、泥臭くても一歩ずつ頑張ることを大事にしたいと思っています。
ーー諦めずに一歩ずつ作り上げていくというのは、舞台にも通じるところがありますね。
そうですね。お稽古で積み重ねて、いかに細かい部分まで表現できるかというところは同じものがあると思います。アイドルのステージもそうですが、毎回、色々な課題が出てくるので、自分の理想に近づくためにも、諦めずに自分と向き合っていきたいなと思います。
ーー共演者の方たちの印象も教えてください!
(取材当時は)まだご挨拶をした程度なのですが、モント役の吉田仁人さんは、明るい方という印象でした。年下とは思えない大人な方なのかなと感じたので、きっと稽古場ではみんなを引っ張ってくださるのではないかなと楽しみです。シュテル役の武藤潤さんは、キャラ扮装のお姿でお会いしたのですが、すごくお似合いで、ハマり役だなと思いました。この作品は、芸人さんもいらっしゃいますし、バラエティ豊かなキャストさんが集まっているので、ご出演される方のお名前を見た時から賑やかな稽古になりそうだと楽しみにしています。初めましての方ばかりなので、緊張もしていますが、頑張ります。
ーー脚本・演出の松多壱岱さんとは何かお話をしましたか?
はい、すごく寄り添ってくださる方だなと感じました。ビジュアル撮影の時も、私が困っているのを察してポーズを指定してくださったんですよ。その指定の仕方も、「こうして」と指示する感じではなく、「こうしてみたらいいんじゃない?」とアドバイスという形でおっしゃっていたので、きっとお稽古も楽しく、やりやすい環境でできるのかなと思いました。
ーー川上さんは普段、アイドルとして活動をされていますが、こうした舞台に出演されることにはどんな思いがありますか?
アイドルは、“川上千尋”として表現する場で、舞台では“川上千尋ではない存在”として表現しないといけないというのが大きな違いなのかなと思います。私にとっては、どちらも難しくもあり、楽しくもある存在です。
ーーこれまでも30‐DELUX OSAKAの公演をはじめとした舞台作品に出演されていますが、そうした現場を通してご自分の中ではどんな成長を感じていますか?
30‐DELUXさんは、当たり前のことなのですが、皆さんプロの方ばかりで、刺激が大きい現場でした。それぞれの役を作っていく上でお互いにアドバイスをし合ったり、ディスカッションすることも多くて、NMB48に近いなとも思いました。NMB48ではお互いにダメ出しをし合ったり、反省会をしたり、意見を言い合ってお互いを高めているのですが、それが舞台でもできるんだというのがすごく新鮮でした。舞台でもキャスト同士で話し合って作っていくことも大切なんだと学びました。
ーーでは、アイドルとしてステージに立つ時と舞台でステージに立つ時というのは、準備やケアという面で違いはありますか?
アイドルは振り付けが全て決まっていて、立ち位置も全て決めてもらえますが、舞台では自分で動かなくてはいけないので、そこがすごく難しく感じています。なので、稽古の前にイメージトレーニングをして、ここでこう動こうとか、ここはこうしてみようと自分の中で決めて準備しています。
ーーそうすると動きが決まっている殺陣はやりやすいのでは?
立ち位置という意味ではそうですが、今回、ヒールを履いているので足がついていくのか心配です(苦笑)。30‐DELUXさんの舞台では、日本刀を使った殺陣をさせていただいたのですが、今回の武器は魔法の杖のような形なので、それを使ってどう戦うのか、今からドキドキしています。それに今回は、魔法もたくさん登場すると思うので、それもどう表現されるのか、とても楽しみです。
ーー魔法をどう表現するのかは見どころのひとつでもありますね。本作に限らず、演じる役はどのようなところから作り上げることが多いですか?
形から入るタイプなので、前髪をキャラクターに寄せてみたり、マニュキュアを塗ってみたり、見た目からその人になりきりたいと思って変えていきます。今回は、原作がある作品なので、原作ファンの方にも「マシュリーだ」と思っていただけるようになりきりたいと思います。
ーー川上さんのファンの方は、ビジュアルを見て驚くんじゃないですか?
解禁されたら絶対驚かれると思います(笑)。きっと、すごいと言ってくれると思うので、その期待値を超えられるお芝居をお見せしたいと思っています。
ーーでは、この作品が王国を守る戦いと親子・仲間の絆を描く物語ということにちなんで、川上さんのが家族や仲間と絆を感じたエピソードを教えてください。
絆と言っていいのか分かりませんが、“糸で繋がっている”と感じた出来事があります。NMB48は、難波を拠点としているので、難波ではメンバーと道で会うこともあるのですが、大阪府内ではあるんですが難波からは離れたもっと郊外でばったり会ったことがあるんですよ。まさかと思うような場所だったので、不思議な縁を感じました。駅で家族と偶然会うこともたまにあるのですが、そうした偶然が重なる瞬間が続くと、絶対に切れない糸で繋がっているんだと思います。
ーーすごいですね。そういうときは、どうするんですか?
メンバーと会ったら、声をかけて騒ぎます。「なんでおるん?」って(笑)。それで、写真を撮って、別れます(笑)。それから、私は昔から阪神タイガースが大好きなんですよ。ずっと応援をしていたのですが、18年間、優勝していなくて……。ですが、今年、やっと優勝できたんです!! その優勝した今年、「六甲おろし」という甲子園のビジョンに流れる歌に出演させてもらったり、始球式をさせてもらったり、たくさん関わらせてもらいました。それを絆と言うのはおこがましいですが、本当に応援してきて良かったと思うことがたくさんあった1年でした。
ーー優勝の瞬間は、どこで迎えたんですか?
名古屋でツアーをしていたんですよ。それで、アンコール中に「優勝」という文字をスタッフさんがステージ上で掲げていて……それを見て膝から崩れ落ちて泣きました(笑)。
―他のメンバーやファンの方はびっくりしたのではないですか?
びっくりしたと思います(笑)。ですが、ファンの方はどうやって知ったのか、私が歌っている最中に「優勝したで」と声かけてくれた方もいらっしゃったので、みんなが喜んでくれてすごく嬉しかったです。
ーーありがとうございました! 最後に改めて、見どころと公演に向けた意気込みをお願いします。
映像や殺陣はもちろん見どころですが、感情が動くシーンもたくさんあると思うので、人間ドラマや感情の動きにも注目して観ていただけたらと思います。キャストの皆さんは、舞台をたくさん経験されている方が多いので、学ぶことが多いと思い現場になると思います。たくさんのことを吸収して、期待以上のマシュリーをお見せできるよう頑張ります。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」
  • ゆいにしお / 「ゆいにしおのmid-20s的生活」

新着