ティザービジュアル第2弾

ティザービジュアル第2弾

サイバーパンクファンタジー「魔王2
099」に日野聡と伊藤美来が出演決定
 アニメーション制作はJ.C.STAFF

ティザービジュアル第2弾(c)2023 紫大悟・クレタ/KADOKAWA/魔王2099製作委員会 紫大悟氏によるサイバーパンクファンタジー小説(KADOKAWA刊)をアニメ化する「魔王2099」に、日野聡伊藤美来の出演が決定した。アニメーション制作を「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」「とある魔術の禁書目録」のJ.C.STAFFが担当することも明らかになり、ティザービジュアル第2弾が公開されている。
 原作は「第33回ファンタジア大賞」の大賞受賞作。魔導工学の技術革新により発展を遂げた統合歴2099年の未来都市・新宿に、500年前に勇者に討たれた魔王ベルトール=ベルベット・ベールシュバルトがよみがえり、新たな世界を支配すべく再び暗躍する姿を描く。
 類まれな霊素操作能力を誇っていたが、技術の発展により優位性を失ってしまった魔王ベルトール役を日野が担当。彼に絶対的な忠誠を誓う、重臣「六魔侯」の一柱で、炎を操る魔法を得意とするマキナ=ソレージュ役を伊藤が務める。両者は2021年に公開された原作PVでも、それぞれ同役を担当した。
 ティザービジュアル第2弾は、初のアニメ版描き下ろしイラスト。「魔王、死す」というキャッチコピーとともに、ベルトールとマキナの姿が描かれている。
 キャストのコメントは以下の通り。
【日野聡(ベルトール=ベルベット・ベールシュバルト役)】
このたび、ベルトール役の声を担当させていただくことになりました日野聡です。
以前PVで声を担当させていただき、今回アニメとしても引き継がせていただくことになりました。
SF的な世界観と共に、グッと引き込まれていくファンタジーな世界。アニメーションとしても「魔王2099」のエンターテインメント性をたっぷり楽しんでいただけるとうれしいです。
【伊藤美来(マキナ=ソレージュ役)】
PVの収録から2年……アニメ化でもまた、マキナを演じることができてとても光栄です。
テンポ感や、ギャグシーンとシリアスシーンのギャップが魅力的な作品だと感じていますので、マキナとしてこの世界に深く入り込めることにわくわくしています。
しっかり者で時に可愛らしいマキナを精一杯演じます。どうぞよろしくお願いします!

新着