作曲家・ピアニスト 加古隆、デビュ
ー50周年を迎えソニーミュージック時
代の名作が順次配信スタート

NHKスペシャル「映像の世紀」の音楽など、ピアノ・ソロ曲からオーケストラまで幅広い分野の作品、映画音楽、ドキュメント映像の作曲で知られ、演奏家としての音色の美しさから「ピアノの詩人」とも評される作曲家・ピアニスト加古隆がフランスでのデビューから50周年を迎え、ソニーミュージック時代の名作の数々が配信開始となった。2023年6月7日(水)から順次公開される。
加古隆は東京藝術大学・大学院作曲研究室修了後、フランス政府給費留学生として渡仏。パリ国立高等音楽院にて現代音楽の巨匠オリヴィエ・メシアンに師事したのち、1973年パリでフリージャズ・ピアニストとしてデビュー。帰国後はピアノ・ソロ曲からオーケストラ作品まで幅広い分野の作品、映画音楽、ドキュメント映像の作曲で活躍し、代表作に、パウル・クレーの絵の印象から作曲したピアノ組曲「クレー」、NHKスペシャル「映像の世紀」のテーマ曲「パリは燃えているか」等がある。
加古隆は、1986年から2003年までの間にソニーミュージックから22作のアルバムをリリース。前述のパウル・クレーの絵の印象から作曲した「KLEE〜いにしえの響き」(1986年)や代表曲の一つ「ジブラルタルの風」を収録した「風の画集」(1992年)、映像音楽の金字塔「NHKスペシャル 映像の世紀 オリジナル・サウンドトラック」(1995年)など、加古隆の音楽の中核を占める作品も数多く、うち4タイトルは海外発売もされ、世界的な評価を受けている。
今回、フランス・デビュー50周年を機にソニーミュージック時代の作品の順次配信公開が決定、2023年6月7日より、まず11タイトルのアルバムが公開となった。残りのタイトルも順次公開される。
加古は現在デビュー50周年のコンサート・ツアー中。5月末には東京公演をサントリーホールで開催し、満場の観客からはスタンディング・オベーションでの喝采がおくられた。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着