有華

有華

【有華 インタビュー】
“誰かのために歌う”
という気持ちが強まった

シンガーソングライターの有華が配信シングル「Baby you」で日本コロムビアよりメジャーデビューを果たした。片想いというシチュエーションは切なげに描かれがちだが、有華が今作で描き出したのは“私を見てよ!”と言わんばかりのパワフルな心情。楽曲中に出てくる女の子同様にエネルギッシュな彼女に、今作のみならず、2022年を振り返りつつ現在の心境についてうかがった。

“聴く人に寄り添いたい”
という強い想い

2022年7月に配信EP『Stamp Rally』(2022年6月発表)を引っ提げて開催した全国ツアーはいかがでした?

やっぱり「Partner」(『Stamp Rally』収録曲)を演奏した時のみんなの反応がものすごかったことが衝撃的でしたね。テンションの上がり具合が今までとは全然違うと言いますか。今までは「バースデーソング -2022 ver.-」(『Stamp Rally』収録曲)を代表曲として考えていたんですけど、それが一気に覆りました。でも、最新曲だけでなく、昔の曲を聴いて泣いているファンの子もいましたし、昔からの楽曲も変わらずに愛してくれている人もたくさんいるんだなと思えた、感謝と喜びに満ちたツアーでした。あとは、バンドメンバーのみなさんと一緒に車に乗って全国を回ったんですけど、それも初めてで新鮮でした。バンのシートがめちゃくちゃ硬くて、お尻が痛すぎましたけど…(笑)。そうして仲間と苦楽をともにしながらいろんな場所に行けて、とても楽しかったです。

今のお話を聞くと、そのあとに仲間や友達への感謝と愛を歌った「Bestie」(2022年9月発表の配信シングル)が生まれたというのも必然のように感じますね。

そうですね。バンドメンバーのみなさんもそうですし、リリースをするたびに自分事のように喜んでくれる友達の歌を歌いたいと思って作ったので、おっしゃっていただいたとおりだと思います。

以前のインタビューで“今まで誰かのために歌ってきた中で、今は自分のために曲を書くようになった”とおっしゃられていたのですが、今の心境としてはどうですか?

あぁ、その質問は刺さるなぁ…(笑)。ちょうど最近、そのことを考えていたんですよ。インディーズ時代である今までって、自分がどうしたいかを一番先に考えて、それをどうファンの人たちに届けるかという考えのもとで活動していたんですよね。もちろんその基本姿勢が丸ごと変わったというわけではないんですけど、今は自分の中にある“誰かに寄り添える歌を歌いたい”という昔からのコンセプトに、より忠実に活動していきたいと思っているんです。だから、これからリリースする曲は自分のやりたいことも踏まえつつ、“聴いてくれる人がどういう音楽を求めているのか? 自分はどういう寄り添い方ができるのか?”を、今まで以上に汲んだ上で作っていこうと思っています。なので、友達のためから始まり、自分のため、リスナーのためというふうに巡ってきている最中です。

その変化は自然に受け入れられているんですか?

やっぱりマインドを切り替えるのが難しいところもありますね。なので、今までのやり方や自分が得意とする部分を持ち続けつつ、いかに変化を受け入れていくかという部分はすごく考えました。でも、どんなに考えたとしても、私自身がメジャーアーティストとしての立場で歌えているのは間違いなくリスナーの方々がいるからなので、支えてくださっているみなさんに寄り添いたい気持ちは今まで以上に強くなっています。

そうなると、ファンの方々のコメントや反応をキャッチできるSNSはかなり有効な手段になりえますよね。

そうなんですよ! その中でもInstagramでのDMは個人的に重視しているツールでもあるんです。いろんな人に見られてしまうコメントではなく、DMでメッセージが届くことが最近多くて、その中の8割は“有華ちゃんに聞いてほしい”という恋愛や生活にかかわった赤裸々な相談なんですよ。その相談に対して返信をすることはできないんですけど、曲でなら応えることができると思ったんです。私も今、より多くの人の力になりたいと思っているタイミングですし、それはかなり参考にさせてもらっています。

有華さんのキャラクター的にも、内に秘めた想いを話したくなるんでしょうね。

そうなのかもしれないですね。でも、当たり前のことではあるんですけど、みなさんのメッセージを読んでいると、私が想像している以上に、みなさんはさまざまな経験をしているんだなと思いました。プロフィール欄やアップしている写真を見るととっても幸せそうなのに、送ってきてくれる内容はかなりディープだったりもして。それぞれ思いの丈を隠しながら暮らして、人知れず悩んでいることがリアルに感じられたので、そういう人たちを少しでも救えたらいいなと思っています。

恋人がいるにもかかわらず、元カレのことを想ってしまうという気持ちを描いた「ずるいね。」(2022年11月発表の配信シングル)は、まさにそれができる楽曲ですよね。

そうですね。これは私自身の経験を踏まえてはいますが、いただくメッセージにも本当に多い内容なんですよ。女の子ってすごいと思いましたね。でも、そういう気持ちを抱くのは私だけだと思っていたし、そんな自分を“悪い女やなぁ”とも思っていたので、同じような気持ちを経験したことがある人が多かったというのは、私にとって驚きであり、救いでもありました。その想いを共同制作者のふるっぺさんとともに描き出して、インディーズ時代最後の楽曲としてリリースしたのが、この曲ですね。

この内容でメロディーがポップだというのもまたいいですよね。

歌詞を先行で出した時は、みんなバラードだと思っていたんですよ(笑)。軽快なメロディーにヤバい歌詞を乗せるところが私らしいというか、いい塩梅だと思ったんですよね。サビなんてかなり赤裸々に告白しちゃっていますからね(笑)。今つき合っている人とのデートに行く前に、ぜひひとりでしっぽりと聴いてほしいです。

あははは! でも、「Bestie」「ずるいね。」、さらに最新曲「Baby you」は3曲ともポップチューンですね。

そうですね。歌詞の内容はディープでも、最終的には曲を聴いて明るい気持ちになってもらいたい想いもあるし、メジャーデビューをして“有華=ポップアイコン”になれたらいいなという目標があるんです。なので、そういう意味でもポップスをより極めていきたいという今の考え方の表れですね。
有華
配信シングル「Baby you」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」