L→R 小林 勝(Ba)、甲本ヒロト(Vo)、真島昌利(Gu)、桐田勝治(Dr)

L→R 小林 勝(Ba)、甲本ヒロト(Vo)、真島昌利(Gu)、桐田勝治(Dr)

【ザ・クロマニヨンズ リコメンド】
褪せないロックンロールの
魅力と斬新さが集積したアルバム

聴き込むほどに新たなに
新たな発見がある

 シングル曲「イノチノマーチ」を挟んで、レゲエのビートに乗せて「ドラゴン」で歌われるのは日常を切り取ったような言葉の数々。生活感あふれる情景が描かれているのは、肩ひじ張らない自然体な心地良さを歌いたかったのだろうか。そして、「さぼりたい」もこの曲も真島昌利の書いたものなのだが、どちらもレゲエという共通点があるのが興味深い。「もうすぐだぞ!野犬!」は鋭角的なギターのカッティングで始まり、終始、このカッティングが核になるような演奏で進んでいく。哀愁を含んだメロディー、野犬に話しかけるような設定が不思議な後味を残す。

 怖そうなタイトルの「キングコブラ」は、8ビートを基本としながらも細かい変化をつけたパンキッシュなアレンジがライヴで映えそうだ。タイトルとは裏腹に、サビにポップなメロディーが登場するなど、そのバランス感覚は独特。そして、アルバムの最後を飾るのは「心配停止ブギウギ」。危なっかしいタイトルに思えるが、実はポジティブな志向を歌った内容。シャッフルのリズムを刻みながら、妖しげなメロディーから明るいメロディーへと場面展開していくのも聴きどころ。間奏のロカビリーっぽいギターソロも、これまであまり披露していなかった要素と言えるだろう。

 発想の意外性から生まれるオリジナリティーあふれる歌詞、ロックンロールを貫きながらも柔軟性のあるサウンド、そして唯一無二のスタイルと情熱を持った歌声とギター。自分たちの足元を見つめ、そこからぶれることなく歩みを続けるザ・クロマニヨンズの作品は、今回も間違いなく多彩な輝きを放っている。褪せないロックンロールの可能性とともにストイックに音楽を突き詰めながらも、ユーモアや毒をあちこちに忍ばせた楽曲たち。毎回、聴き込むほどに新たなに新たな発見があるのが彼らのアルバムだが、今回も尽きない魅力が集積している。

謎を呼ぶアルバムタイトルと
素晴らしいジャケット

 さらに、毎回、謎を呼ぶアルバムタイトルと素晴らしいジャケットのアートワークだが、今回もなぜ“MOUNTAIN BANANA”なのかヒントは一切提示されていない。ジャケットはバナナの皮が逆さまに直立しているので、これを山に見立てているのだろうと推測はつくが、結局、バナナが何を意味しているかは明確にされていない。しかも、このバナナの皮の位置によって、足を投げ出した人が座っているようにも、未確認生物のようにも見えてしまうので、見る人の数だけ想像が膨らみそうだ。ただ、これまでのジャケットのデザインに関しては、オブジェや印象的なイラストがステージセットで使用されてきた例が多い。とすると、今回のライヴのステージに大きなバナナが登場してもおかしくはないだろう。確証は持てないが。

 そんな彼らのツアー『MOUNTAIN BANANA 2023』が始まる。アルバムリリース直後の2月2日の東京・Zepp Haneda(TOKYO)を皮切りに4月までのスケジュールが発表されているが、やはり今回も最新アルバムからの曲を中心にセットリストが組まれることになるだろう。これまでも、ライヴで披露されるたびに成長してきた楽曲が多かっただけに、ツアーを経てどんな表情を楽曲が見せるようになるのか楽しみだ。バナナの登場ももちろん楽しみにしておこう。

文:岡本 明

アルバム『MOUNTAIN BANANA』2023年1月18日発売 Ariola Japan
    • 【CD】
    • BVCL-1263
    • ¥3,204(税込)
    • 【アナログ盤】
    • BVJL-58
    • ¥3,204(税込)
    • ※完全生産限定盤

ライヴ情報

『ザ・クロマニヨンズ ツアー MOUNTAIN BANANA 2023』
2/02(⽊) 東京・Zepp Haneda(TOKYO)
2/05(⽇) 東京・たましんRISURUホール(⽴川市市⺠会館)
2/12(⽇) ⽯川・⾦沢市⽂化ホール 
2/19(⽇) 愛知・⽇本特殊陶業市⺠会館
2/23(⽊) 宮崎・都城市総合⽂化ホール ⼤ホール
2/25(⼟) 佐賀・⿃栖市⺠⽂化会館
2/26(⽇) 福岡・北九州芸術劇場 ⼤ホール 
3/04(⼟) 埼⽟・狭⼭市市⺠会館 ⼤ホール 
3/05(⽇) 千葉・浦安市⽂化会館 ⼤ホール 
3/11(⼟) 秋⽥・あきた芸術劇場ミルハス 中ホール
3/12(⽇) 宮城・トークネットホール仙台(仙台市⺠会館) ⼤ホール
3/18(⼟) 岡⼭・岡⼭市⺠会館
3/19(⽇) ⿃取・⽶⼦市公会堂
3/21(⽕) 広島・東広島芸術⽂化ホールくらら ⼤ホール
3/24(⾦) 京都・ロームシアター京都
3/26(⽇) 兵庫・神⼾国際会館 こくさいホール
3/30(⽊) 東京・中野サンプラザ
4/01(⼟) 新潟・新潟市⺠芸術⽂化会館・劇場
4/08(⼟) 栃⽊・栃⽊県教育会館
4/09(⽇) 神奈川・カルッツかわさき
4/15(⼟) ⾹川・レクザムホール(⾹川県県⺠ホール) ⼩ホール
4/16(⽇) ⼤阪・⼤阪城⾳楽堂
4/23(⽇) 静岡・静岡市⺠⽂化会館 中ホール
4/29(⼟) 北海道・カナモトホール(札幌市⺠ホール)

ザ・クロマニヨンズ プロフィール

ザ・クロマニヨンズ:2006年7月23日13時41分、『FM802 MEET THE WORLD BEAT 2006』に出現。その後、数々の夏フェスにも出現し、デビュー前から話題を呼んだ。そして、同年9月に待望のシングル「タリホー」でデビュー。20年5月 新型コロナウィルス感染拡大の影響により『ザ・クロマニヨンズ ツアー PUNCH 2019-2020』の中止を発表(12公演)。それに伴い、同ライヴ音源を収録したライヴアルバム『ザ・クロマニヨンズ ツアー PUNCH 2019-2020』を9月に、同年12月には14枚目のアルバム『MUD SHAKES』をリリース。さらに、12月11日には初の配信ライヴ『ザ・クロマニヨンズ MUD SHAKES 全曲配信ライヴ』を実施。21年は2月に東京ガーデンシアターにて『ザ・クロマニヨンズ MUD SHAKES 2021』ライヴ&生配信し、8月より6カ月連続シングル発売する企画『SIX KICKS ROCK&ROLL』始動。年を跨いで22年1月にSIX KICKS ROCK&ROLL第6弾シングル「ごくつぶし」と15枚目のアルバム『SIX KICKS ROCK&ROLL』を同時リリース。そして、13年1月に16枚目のアルバム『MOUNTAIN BANANA』をドロップ。ロックンロールをこよなく愛する4人が最強のロックンロールを響かせる!ザ・クロマニヨンズ オフィシャルHP

「イノチノマーチ」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着