42人を殺害した介護士が語る“救い”
とは 松山ケンイチ×長澤まさみ『ロ
ストケア』本予告編を解禁

映画『ロストケア』が2023年3月24日に公開されることが決定。あわせて、本予告編と本ポスタービジュアルが解禁された。
『ロストケア』は、第16回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞した葉真中顕氏の同名小説を映画化したもの。連続殺人犯に検事が対峙し、なぜ殺人を犯したのかに迫るヒューマンサスペンスだ。早朝の民家で老人と介護士の死体が発見された。捜査線上に浮かんだのは死んだ介護士と同じ訪問介護センターに勤める斯波宗典。彼は献身的な介護士として介護家族に慕われる心優しい青年だった。検事の大友秀美は斯波が務める訪問介護センターで老人の死亡率が異常に高いことを突き止める。大友は真実を明らかにするべく斯波と対峙。斯波は自分がしたことを「殺人」ではなく「救い」だと主張する。
主人公の心優しい介護士・斯波宗典を演じるのは、松山ケンイチ。また、斯波と対峙する検事・大友秀美役で長澤まさみが共演。ふたりは本作で初共演を果たしている。監督・脚本を務めたのは、『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』『老後の資金がありません!』『そして、バトンは渡された』などの前田哲氏。また、『ストロベリーナイト』『四月は君の噓』の龍居由佳里氏が前田監督とともに脚本を手がけている。
新たに解禁された60秒の本予告編は、介護士・斯波宗典(松山ケンイチ)と、検事・大友秀美(長澤まさみ)、事件にまつわる人々の姿を切り取ったもの。42人の老人の命を奪ったことを「救い」「介護」と主張する斯波と、「あなたがやったことに正義などない」「大切な家族の絆を、断ち切って良いわけがない」と非難する大友の姿が映し出されているほか、「僕はかつての自分が誰かにしてほしかったことをしただけです」と連続殺人の動機らしきもの語る斯波、「私、救われたんです」と語る羽村洋子(坂井真紀)、羽村とは正反対に「人殺し!お父さんを返せ!」と法廷で泣き叫ぶ遺族の姿も。映像のラストは、一粒の涙を零す斯波と、むせび泣く大友で締めくくられている。
映画『ロストケア』ムビチケカード特典 (c)2023「ロストケア」製作委員会 
なお、12月9日(金)から、映画『ロストケア』ムビチケカード(一般1,500円)が全国の上映劇場(一部劇場を除く)にて発売されることが決定。前売り特典として、ポスタービジュアルを使用したオリジナルクリアファイルが数量限定でプレゼントされる。
『ロストケア』は2023年3月24日全国ロードショー。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着