年末年始、大阪の風物詩が復活! 酒
井はなの新作バレエ『ボレロ』にも注
目~「日々生きていることへの感謝を
込めて」

2022年12月31日(土)、そして2023年1月1日(日)、大阪の年末年始を彩るザ・シンフォニーホールでのカウントダウン&ニューイヤーコンサートが3年ぶりに開催される。コロナ禍で中止を余儀なくされていた大阪の風物詩の復活は、関西のファンにとってはうれしい限りだ。しかも今年はオーケストラやオペラの名曲に加え、かねてからリクエストの多かったバレエがラインナップに加わる。踊るのは日本の代表的なバレエダンサーの一人、酒井はな。演目はダンサーであり振付家であるパートナーの島地保武による『ボレロ』で、このザ・シンフォニーホールのカウントダウン&ニューイヤーコンサートのためにつくられる新作だ。「大きな挑戦だが、心を込めて踊りたい」という酒井に、その意気込みを聞いた。(文章中敬称略)
カウントダウン&ニューイヤーコンサートのための新作。2人で挑む『ボレロ』
――まず今回のカウントダウン&ニューイヤーコンサートで『ボレロ』を踊るというお話を聞いた時の印象からうかがえますか。
ついにこの時がきた、というのが第一印象です。オーケストラの前で、一人で踊るという体験も初めてですが、なによりラヴェルの曲『ボレロ』を踊ること自体が大きな挑戦です。バレエ『ボレロ』はベジャール氏の世界的マスターピースといえる作品があり、私たちダンサーにとってはある意味アンタッチャブルな、触ってはいけないものという印象もありました。でも今回ご縁から指揮の角田(鋼亮)先生からお話をいただき、私のパートナーの島地に相談したところ「(振付を)やってみたい」と言ってくれたので、2人で挑むこととしました。
また今回のカウントダウン&ニューイヤーコンサートはコロナ禍の中止後を経て3年振りの開催になります。さらに世界では戦争などいろいろなことがいまだに起こっているなか、一年を振り返り新しい年へ向かおうという区切りの瞬間に、生きていることに感謝しながら私たちが踊りで何かを伝えることができるという機会をいただけたことを、本当にうれしく思っています。
作品は現在まさに創作中なのですが、様々な楽器が会話をするように同じリズムを延々と刻む音楽から得られるインスピレーションを、どう身体で表現しようかと考えています。最初は島地と一緒に2人で踊ろうかという話もしたのですが、島地が「はなさんが1人で踊る方が潔くてかっこいい」と言うので、今回は私1人が、オーケストラの前で踊る形になります。
私にとってもチャレンジングで未知の体験になるので、どういうふうになるのかはまだわかりませんが、舞台上の音楽やオーケストラのエネルギーを私が吸収し、私の身体を通して放出し、客席にお伝えできればなと思ってはいます。
アメノウズメの奉納演舞後、高千穂で得たエネルギーを大阪へ
――舞台上で酒井さんの身体や踊りを介してエネルギーを伝えるというのは、まるで巫女様のようですね。
そうなんです。実は昨年、島地とともに宮崎県の高千穂にある天岩戸神社の奉納演舞をさせていただきました。これは天岩戸神社の注連縄張の神事の際に奉納する舞踊で、これも島地がつくり、私が踊りました。
――アメノウズメというと岩戸に籠ってしまった天照大神を呼び出すために舞ったという神様ですね。アメノウズメは舞踊の神様という解釈もありますし、酒井さんにはぴったりの役ですね。
素晴らしい機会でした。この奉納演舞に携わることとなったとき、日本の古事記などを紐解き、高千穂を実際に訪れ歩いて、アメノウズメが舞ったといわれる場所などをリサーチしました。
古事記にはたくさんの神様などが出てきますよね。人間や草花、動物たちのほか、屋根にも神様が宿っているなど、もう覚えきれないほどたくさんの神様がいる。まさに八百万の神。日本人は昔から大自然や森羅万象の神様と生きてきている。それが日本人の思想や精神性の原点にあって、でもいまちょっと忘れられていることなのではないかなと思いました。
今年の冬至にも高千穂でこの奉納演舞を踊らせていただき、そのあとに大阪のザ・シンフォニーホールに向かい、カウントダウンとニューイヤーコンサートに出演させていただきます。
――高千穂で身心濯がれ新たなエネルギーを得た状態で、大阪での公演に挑むわけですね。酒井さんのパワーをいただけるような、御利益がありそうな感じもしますし(笑)、ボレロのあの一定のリズムが、とても神秘的な、それこそ神事のような印象を醸すような気もします。今回の『ボレロ』のテーマの一つには「祈り」というものがあるのでしょうか。
島地もまた、『ボレロ』には儀式的要素や、いろいろな祈りがあるのかなと言っていました。
テーマには「祈り」もありますが、もっとシンプルに突き詰めると、「日々生きていることへの感謝」ですね。地球上にある全ての命が、健康であり、また安全に、神様に与えられた使命をきちんと果たせるよう、幸せであれという、素朴だけれどとても大事なことなのではないかなと。
またアメノウズメは天照大神が岩戸から出てくるようにと願い、踊るわけですが、ただ踊るだけではなく、とても面白く、周りの神々をやんやと笑わせてひとつの場を作り出した。ですから今回『ボレロ』を踊ることを通して、オーケストラもお客様も私もひとつになるような、そんな空間を作り上げたい。そして私たち、日本人ならではの『ボレロ』になればいいなとも思います。
――酒井さんと島地さんの『ボレロ』が、シンフォニーホールの定番となるといいですね。楽しみにしています。ありがとうございました。
取材・文=西原朋未

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着