悠木碧が“しゃべる犬”役でMCUに参
戦 マーベル『ガーディアンズ・オブ
・ギャラクシー ホリデー・スペシャ
ル』日本語吹替版声優を発表

11月25日(金)17時より、Disney+(ディズニープラス)にて日米同時・独占配信されるオリジナル作品『マーベル・スタジオ スペシャル・プレゼンテーション:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー ホリデー・スペシャル』の日本語吹替版声優が発表された。あわせて、日本語吹替版予告と特別映像が公開されている。
『マーベル・スタジオ スペシャル・プレゼンテーション:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー ホリデー・スペシャル』は、『アベンジャーズ/エンドゲーム』など、一連のマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品を世に送り出してきたマーベル・スタジオによるオリジナル作品。ヒーローチーム“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”の活躍を描いた最新作だ。
『マーベル・スタジオ スペシャル・プレゼンテーション:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー ホリデー・スペシャル』 (c) 2022 Marvel
本シリーズでは、元トレジャー・ハンターで地球生まれ銀河育ちのリーダー=スター・ロードことピーター・クイルのほか、宇宙アライグマのロケット、その相棒のグルート、緑の肌を持つ暗殺者・ガモーラ、ガモーラと共に暗殺者としてサノスに育てられた妹のネビュラ、破壊王・ドラックス、マンティスらによるヒーローチーム“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”の活躍を描いてきた。最新作となる『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー ホリデー・スペシャル』では、『ソー:ラブ&サンダー』のその後の出来事が描かれる。
両想いだったガモーラを失い立ち直れないピーター・クイルを励ますため、地球生まれの彼に最高のクリスマスをプレゼントしようと、マンティスとドラックスの 2 人が立ち上がる。完璧な贈り物を探すミッションを背負い、地球へ向かう2人が思いついたプレゼントはモノではなく、ピーターのヒーロー“ケヴィン・ベーコン”だった。
『マーベル・スタジオ スペシャル・プレゼンテーション:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー ホリデー・スペシャル』日本語吹替版では、スター・ロード/ピーター・クイル役で山寺宏一、ロケット役で加藤浩次、グルート役で遠藤憲一、マンティス役で秋元才加が続投。そして、新たに登場する喋る犬・コスモを悠木碧が吹き替える。
悠木碧のコメントは以下のとおり。
悠木碧
――この度コスモ役として、ガーディアンズのメンバーと共演するお気持ちをお聞かせ下さい。
私…わかってます!本当は雷神もいるしアライグマは喋るしワカンダもあるけれど、皆にバレちゃうとパニックになるから、映画ってことにしているんですよね…!?コスモ役としてその重大な秘密任務を給われた事を誇りに思います!これを読んでる皆もこのことはナイショだよ!
――悠木さんが思う、マーベル・スタジオ作品のアツいポイントを教えて下さい。
キャラクターや世界観は一見ポップなのに、各ヒーローの心理描写があまりにリアルで、深くハマりました。どの行動も全ての作品に関係があり、次の作品に繋がる。だから一つの作品を何回観ても沢山の発見がある…。そんな部分がアツいです!
――本作をご覧になるファンに向けてメッセージをお願いします。
『GoG』シリーズって、誰が見ても笑って泣けて、かつ他の作品に比べて時系列順を気にしなくていい!故に!お友達にマーベルをオススメする時めちゃくちゃ活躍してくれると思いませんか!?私は『GoG』で6人沼に引きずり込みました!さぁ!今年のクリスマスシーズンは本作で、あなたの大切な人たちを沼にはめちゃいましょ△ ※△はハートマーク
解禁された特別映像では、山寺宏一ら声優陣が“ガーディアンズメンバーのクリスマス”を予想。「最強ミックステープをメンバーにプレゼント」、「すっごいおもちゃを作ってサンタに変身」など、各メンバーの個性溢れるクリスマスについて熱弁。また、山寺宏一は「最高に楽しいクリスマスを過ごしてほしいと思います!」と胸をはる。
『マーベル・スタジオ スペシャル・プレゼンテーション:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー ホリデー・スペシャル』は11月25日(金)17時よりディズニープラスにて独占配信開始。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着