『ANIMAX MUSIX 2022 Part1』レポー
ト 「音楽は続いていく」…そんな想
いがDAYTIMEの横アリにあふれる!

『ANIMAX MUSIX 2022 Part1』2022.11.19(SAT)横浜アリーナ
2009年にスタートし、今年で13年目を迎える「ANIMAX MUSIX」。昨年より有観客ライブを再開し、今年も11月19日に横浜アリーナに多くのアニソンファンを集め、午前・午後の二部構成での開催となった。このフェスならではのコラボレーションやリクエスト企画に加え、活動の記念すべき節目を迎える個々のアーティストの熱いステージも盛り上がった今回の様子を、まずは午前スタートのPART1からレポートしていこう。
■2021年に伝えた想いが2年越しにオープニングで花開く!
スクリーンにはバックステージの様子の紹介や出演アーティストのコメント映像が流れ、開演時間が近づくにつれて来場したファンの期待で場内の空気が熱くなっていく横浜アリーナ。そして司会の田口尚平アナウンサーによるアーティスト紹介や、第一興商とのコラボレーションで開催された「夢のANIMAX MUSIXのステージで歌おう!オーディション」の優勝者・Rinaによるテレビアニメ『バジリスク ~甲賀忍法帖~』エンディングテーマ「WILDEYES」の熱唱、ダンサーによるオープニングパフォーマンスと開演カウントダウンが終わると共に、ステージには出演アーティストが続々と登場。そして場内のファンが心の中に押しとどめた歓声の代わりに送る力強いクラップが鳴り響く中、いよいよライブパートの幕は上がった。
TRUE
「盛り上がっていこうぜー!」
そんなゲキとともに登場したトップバッターはTRUE。そしてオープニングナンバーは、アニソンフェスではアガる定番として大人気の「DREAM SOLISTER」( TVアニメ『響け!ユーフォニアム』)だ。
熱いボーカルにファンも熱気のこもったクラップで合わせ、開始早々から場内はヒートアップ。そして「横浜アリーナ飛ぶよー!」のかけ声と共に、サビでは全員でのジャンプを決めて、クライマックスでは「せーの!」を合図にTRUEと共に腕を振る。そんなみんなが手に持つコンサートライトの黄色い輝きの波と、ラストの全員ジャンプでライブは最高の盛り上がりからスタートした。
午前中から元気なファンの様子に喜びながら、TRUEからは自身がトリを務めた2021年1月30日開催の無観客ライブ『ANIMAX MUSIX 2021 ONLINE』の思い出が語られる。新型コロナ禍で2020年のANIMAX MUSIXが中止となり、これから有観客ライブが再びできるかどうかの先が見えない中で開催されたオンラインライブで、「止まらない音楽は続いていく」という最後のリリックの独唱から歌い始めた「DREAM SOLISTER」。TRUEは次のANIMAX MUSIXが有観客開催されるなら、絶対に「音楽は続いていく」という想いを唄ったこの曲から始めたかったのだという。
「届きましたか? みんなが思い届けてくれますか?」
そんな問いかけにファンがコンサートライトを振って応える中、次のナンバー「Another colony」(TVアニメ『転生したらスライムだった件』)を、圧倒的声量のボーカルで熱唱。コンサートライトの青い輝きに染まる場内を、ランウェイを進みながらファンの間近で声を届け、これからも一緒に歌い続けようという想いを込めた「僕らは負けちゃいけない」を力強く唄い、ラストは迫力のロングシャウトで締めくくった。
【アイカツ! シリーズ】
「ANIMAX MUSIXいくぞー!」
続いて登場したのは、今年で10周年を迎えた『アイカツ!』シリーズから、歌唱担当アーティストの7人(わか・ふうり・ゆな・れみ・えり・りすこ・るか)が、それぞれの担当キャラの衣装姿で登場。アニバーサリイヤーを記念して、シリーズの原点である『アイカツ!』から、「SHINING LINE*」「ハッピィクレッシェンド」の二曲を熱唱。10周年を祝って熱いアイカツぶりをファンに届けて見せた。
【アイカツ! シリーズ✕安野希世乃
ANIMAX MUSIX名物の出演アーティストによるコラボレーションステージが早くも登場。その第1弾は「アイカツ! シリーズ」の7人と、『アイカツ!』で北大路さくらを演じた安野希世乃による『アイカツ!』1年目後期の主題歌「ダイヤモンドハッピー」。歴代楽曲の中でも常に上位に食い込む人気曲だけに、ファンにとっては夢のステージが実現。ライブ映えするアップテンポなナンバーを、曲に合わせて抱き合う仕草を織り込むなども交え、後半は8人全員でステージに並び、サビではファンと共に手を振るフリを合わせながら唄いきり、横浜アリーナでの見事なアイドルカツドウ!を締めくくった。
ステージ上を照らすスポットライトに照らされ、荘厳なピアノの旋律と共にやなぎなぎが登場。一曲目の「Before I Rise」(ゲーム『ヘブンバーンズレッド』)では、美しくもはかない歌声に乗せて絶望的な戦いに挑む少女達の悲劇的な運命と、そしてその先に待つ希望を次第に力強さを増しながら劇的に歌い終える。
歌い終えてのあいさつでは、メジャーデビュー直後に出演した初めての大舞台が2012年のANIMAX MUSIXだったことを振り返った。そしてオンライン開催となったANIMAX MUSIX 2021 DAY2以来の有観客でのステージに再び立てて、今回はファンをと一緒に楽しめるのが凄く嬉しいと語り、その時を思い出してデビュー曲である「ビードロ模様」(TVアニメ『あの夏で待ってる』)を二曲目に唄った。会場全体が夏の森のように緑のコンサートライトで輝く中、幻想的に作り込まれた音と共に思い出の曲を歌い上げていった。
パワフルなボーカルと演奏を場内に轟かせて登場したGARNiDELiAの二人。一曲目の「幻愛遊戯」(TVアニメ『うちの師匠はしっぽがない』)ではダンサー4人の踊りを従えてのパフォーマンスと共に熱唱。
2019年以来の出演となる二人は、コンサートライトの輝きに包まれた場内の景色に感激しながら「4年ぶりに帰って来れて嬉しい」とあいさつ。続く二曲目の「ambiguous」(TVアニメ『キルラキル』)も場内と一体になって盛り上がり、最後は「ANIMAX MUSIXサイコー! 本当に本当にありがとう!」と感謝の叫びで締めくくった。
その歌とトークで大型アニソンライブには欠かせない存在となっているオーイシマサヨシは、アコースティックギターを携えてステージに登場。一曲目の「楽園都市」(TVアニメ『コップクラフト』)を、コンサートライトの真っ赤な輝きに染まりながらパワフルな演奏と共に力強く唄い上げる。そしてラストは「アニマーックス!」と叫んで腕で「X」を組んで、ファンと共に盛り上がった。
「おしゃべりクソ眼鏡ことオーイシマサヨシです! 今日もいっぱい居るね、オーイシマサヨシみたいなやつが!」
そんな定番ネタからの観客いじりを挟んで、次の曲として田村ゆかりとのデュエットナンバーである「恋はエクスプロージョン」(TVアニメ『恋は世界征服のあとで』)唄いたいと語るが、今日は田村が出演していないため「歌ってくれる相手がおらんねん」と嘆くオーイシ。だが、今回出演の女性アーティストが一緒に唄ってくれることになったとのことで、場内も誰が登場するかを気にしながら次なるステージがスタートした。
【オーイシマサヨシ✕Machico
オーイシマサヨシ×Machico
コラボレーション第2弾となった「恋はエクスプロージョン」。スロットのように回転するスクリーンのアーティスト紹介が止まり、オーイシマサヨシと共に唄うアーティストがMachicoと明かされ、サマードレス姿の本人の登場に場内も沸き上がる。スクリーンに流れるアニメのOPと共に二人はハイレベルなボーカルで息の合ったデュエットを披露。流れるようなラップの応酬や、オーイシがひざまずいてMachicoの手を取るパフォーマンスに場内も盛り上がり、ANIMAX MUSIXならではの夢の競演コラボとなった。
■ファンリクエストにANIMAX SELECTION、そして孔明も登場して大盛り上がりの中盤戦
【FAN SELECTION​】
南條愛乃×安野希世乃
「大好きなあの曲を歌って欲しい!」
「コラボを観たいアーティストがいる!」
そんなファンからのリクエストを募ってカバー&コラボを決定する名物企画「FAN SELECTION」が今回も登場。PART1では【南条愛乃✕安野希世乃】による「サクラサクミライコイユメ」(TVアニメ『D.C. .ダ・カーポ.』)と、【TRUE】による「インフェルノ」(TVアニメ『炎炎ノ消防隊』)の二曲が登場。「サクラサクミライコイユメ」では二人の語りかけるような唄い分けからのハーモニーに心癒され、「インフェルノ」ではTRUEの叫ぶようなパワフルボーカルが場内を熱狂で包み込んで、どちらも大きく盛り上がったスペシャルステージとなった。
【EIKO starring 96猫&久遠七海 starring Lezel from パリピ孔明】
「ここが横浜アリーナですか」
そんな言葉と共にスクリーンに登場したのは、『パリピ孔明』の諸葛亮孔明。このライブのためのオリジナルナレーションに場内が盛り上がり、「共に参りましょう、夢の道の果てまで」の言葉と共に、横浜アリーナがクラブと化す時間がスタートした。
ステージ上に2つのボックスが登場し、そこにEIKOと久遠七海の歌唱担当である96猫&Lezelのシルエットが映し出され、二人のパワフルなボイスとステージに登場した多数のダンサーによるパフォーマンスが繰り広げられる。ステージを極彩色のライティングが照らし出し、スクリーンにはEIKOや七海の名場面などが流れる中、エンディングテーマの「気分上々↑↑」、挿入歌の「Be Crazy For Me」に乗せて、ファンは緑に輝くコンサートライトを振ったりクラップを響かせて、ステージで繰り広げられるパフォーマンスを思うがままに楽しんだ。
そして曲を歌い終えた二人のあいさつを経て、ラストを飾るのはもちろんオープニングテーマの「チキチキバンバン」。スクリーンに流れるOPムービーと共に会場全体が一体となり、96猫&Lezelのラップの掛け合いなどのパフォーマンスに熱狂。会場にいた全ての者が劇中のBBラウンジでEIKO達のライブを体感しているような気分を味わえた時間となった。
【i☆Ris】
続いてのステージは、シークレットゲストとして今年でデビュー10周年を迎えるi☆Risが登場。ヒントがかなりピンポイントだったので、多くのファンは彼女達の登場を察していたが、その分驚きよりも喜びの雰囲気の中でステージがスタート。
黒と金のドレスをまとった5人が送る一曲目は最新ナンバーの「Queens Bluff」(アニメ『賭ケグルイ双』)。妖艶なボーカルとダンスで『賭ケグルイ』世界の危険な雰囲気を描き出してみせた。
歌い終えて「シークレットらしくないシークレットゲスト」と自分達でツッコミながら、この日初めてi☆Risを知ったという人も少なからずいるのを受けて「知ってる人も知らない人もここから盛り上げていこう!」と、続いての曲は初心者向けi☆Risメドレーに。
「朝早いよね? 元気ですか?」「朝も早いですがこのあとのメドレーも楽しんでいって下さい」と、早くから会場に訪れてくれたファンをねぎらいながらメドレータイムに。
場内がそれぞれのイメージカラーの極彩色の輝きで染まる中、ファンタジックなストーリ仕立てのオリジナルナンバー「幻想曲WANDERLAND」から、「Realize!」(TVアニメ『プリパラ』第3クール)、「アルティメット☆MAGIC」(TVアニメ『賢者の孫』)をランウェイを行進しながらファンの間近で熱唱し、最後はアリーナ中央で5人揃ってキメ!
「10周年を迎えたi☆Risがまだまだみんなを盛り上げていくよー! この後も楽しんでってくださいー」とメッセージを送ってシークレットステージを締めくくった。
【ANIMAX MUSIX anime selection~アクセル・ワールド~】
FAN SELECTIONと共に用意されたステージ企画が、アニマックスが選んだ作品にまつわるナンバーを、参加アーティストにカバーしてもらう「ANIMAX MUSIX anime selection」。PART1では、今年で放映10周年を迎えるTVアニメ『アクセル・ワールド』だ。
鈴木このみ✕やなぎなぎ】
一曲目は前半クールの主題歌「Chase the world」を、2011年にアニマックス主催の第5回全日本アニソングランプリで優勝し、同年のANIMAX MUSIXデビューした鈴木このみ&2012年にメジャーソロデビューしてANIMAX MUSIXのステージに立ったやなぎなぎがカバー。二人共ちょうどシンガーとしてデビューしたのが『アクセル・ワールド』とほぼ同時期という繋がりだ。
二人ともに力強いボーカルでハイスピードなハーモニーを紡ぎあい、さらに後半はアリーナステージへと移動して、コンサートライトの真っ赤な輝きに包まれながら唄い上げ、作品のテーマのひととつである「加速」の如きスピード感が伝わるステージとなった。
【GARNiDELiA】
続いては前半クールのエンディングテーマ「→unfinished→」を、こちらも『アクセル・ワールド』と同時期にメジャーデビューしたGARNiDELiAが熱唱。メタリックなドレス姿と黒の衣装をまとい、アップテンポなメロディと共に自分の居場所を探し求める切ない歌詞を力強く歌い、クライマックスでは「もっと!」とコンサートライトを振ってのコールを求めながら、ステージを熱く盛り上げた。
■この後まさかの……オオイシマサヨシ出走!?
■オーイシマサヨシがウマ娘と駆ける! 疾走感あふれるナンバーと共にライブはクライマックスへ!
【安野希世乃】
午前中から盛り上がってきたライブもいよいよ終盤戦へ。そのトップを飾るのは前半戦で『アイカツ!』とコラボした安野希世乃だ。右手にオリジナルマスコット「パクパクモンスター」のパペットをはめて唄うのは、TVアニメ『異世界食堂2』主題歌「おんなじキモチ」。OPアニメの映像が流れる中、歌詞の「パクッパクッ」に合わせてバベットを操るパフォーマンスも交えながら、幸せな時間を過ごす喜びを情感たっぷりに唄い上げた。
歌い終えて、午前中からライブを盛り上げてくれているファンのみんなにねぎらいのあいさつをしてから「午後に向けてもっと元気のあるクラップ聞きたいなー」と気合いを入れる。そして相棒のパペットとANIMAX MUSIXのステージに立てたことや、オンライン開催だったANIMAX MUSIX 2021 ONLINE以来の出演となるため、元気なファンのみんなの姿が見られるのが本当に嬉しいと語った。
続く二曲目は、彼女自身のファーストアルバムからのオリジナルナンバー「世紀の祝祭」。民族音楽風のイントロからアップテンポなメロディで紡がれる、複雑な恋心を唄った個性的なナンバーをランウェイを歩きながらファンの間近で披露。
「もっともりあがっていきましょー! みんなの熱いクラップ聴かせて下さいー!」
アリーナ中央でファンからの力強いクラップと、常夏の陽射しのようなオレンジのライティングに照らし出され、最後は最前ステージで不思議でパワフルな祝祭の幕を閉じた。
【ウマ娘 プリティーダービー】
ウマ娘 プリティーダービー
先日ベルーナドームでの大型ライブを大盛況で終えたばかりの『ウマ娘 プリティーダービー』から、トウカイテイオー役・Machico/ウオッカ役・大橋彩香/スマートファルコン役・大和田仁美/タニノギムレット役・松岡美里/ホッコータルマエ役・菊池紗矢香/ワンダーアキュート役・須藤希の6人が登場。
白ベースのライブ用衣装をまとった6人が送る一曲目は、最新ナンバーとなる「ゆるパカHAPPY DAYS!」(アニメ『うまゆる』)。チャールストンのメロディに乗せてアップテンポに繰り広げられるダンスナンバーに乗せて、ノリの良いハーモニーとパフォーマンスを繰り広げた。あいさつと自己紹介を終えての二曲目は、ゲームサービス開始1.5周年を記念した楽曲「Gaze on Me!」。明るく爽やかで、ちょっと妖艶さも混じったダンスナンバーを、それぞれが演じるウマ娘の決めポーズも交えたパフォーマンスと共に送り、場内のテンションも一つになって熱く盛り上がった。
【ウマ娘 プリティーダービー✕オーイシマサヨシ】
ウマ娘のライブのシメと言えば、今やゲームの枠を超えて人気となった「うまぴょい伝説」だが、今回はなんとここにオーイシマサヨシが加わってのコラボステージに。
「奇跡的に競走馬みたいな名前のオーイシマサヨシです!」
そんなあいさつと共にウマ娘の中に加わったオーイシは、ただ唄うだけでなくパワフルに「うまびょい! うまぴょい!」と踊り、アリーナ中央に移動する際はレースで大逃げを決めるような全力疾走を見せて場内を大いに盛り上げる。張り切りすぎたのか、最後の方ではランウェイ上でへたり込む一幕も見せつつ、ウマ娘のメンバーと共に見事完走して、最高のコラボパフォーマンスを見せつけた。
【鈴木このみ】
「アニマックス、盛り上がってるかー!」
元気なかけ声と共にランウェイ最前のステージに登場したのは、アニマックスを切っ掛けにデビューしたアニソンシンガー・鈴木このみ。赤と黒のドレスをまとい、一曲目の「Bursty Greedy Spider」(TVアニメ『蜘蛛ですが、なにか?』)を、叩きつけるようなメロディに乗せてパワフルなボーカルとアクションで熱唱。最後は力強いロングシャウトを決めて場内をヒートアップさせた。
自分のデビューの場所とあって、ANIMAX MUSIXのステージには実家のような安心感があると語る鈴木は、そこに自身のデビュー10周年というお土産を持って立てたのが嬉しいと笑顔を見せる。そしてウルトラオレンジのサイリウムでの応援をお願いし、「ご飯食べる前に最後の体力一絞り持っていって良いでしょうか? ぜひ一緒に踊りましょう!」と話ながら最新ナンバーとなる「Love? Reason Why!!」(TVアニメ『恋愛フロップス』)をスタート。アップテンポなリリックをノリ良く唄い紡ぎ、別アングルカメラにアピールしたり、客席のウルトラオレンジの輝きを受けながら一体になってハイテンションに盛り上がってみせた。
【南条愛乃】
3時間以上に及んだライブもいよいよフィナーレに。トリを飾るのは今年でソロメジャーデビュー10周年となる南条愛乃。エレクトリックなイントロで始まる曲を察した客席が沸きあがる中、「いくよ!」 のゲキと共に一曲目の「黄昏のスタアライト」(TVアニメ『グリザイアの楽園』)がスタートし、圧倒的なボーカルで唄い紡がれる運命へと抗う歌に場内の全員が聴き入り、終わると共に大きな拍手が会場内を包み込んだ。
「楽しんでますかー!」と応援してくれた場内のファンに語りかける南条は、10年前にANIMAX MUSIXのステージに立った思い出を振り返る。そして「当時は一曲歌っただけでも緊張しましたが、今も緊張しています」と、その時に唄ったナンバー「君が笑む夕暮れ」(TVアニメ『東京レイヴンズ』)を披露。10年前はブルーのコンサートライトの輝きと共に唄った曲だが、今回は南条からの「ぜひオレンジ色で聞いてください」というリクエストにファンが応え、場内は曲名通りの夕暮れ色に染まった。そんな中で、南条は10年前を思い出すかのようなしっとりと歌声を響かせた。
「あー緊張したなあ」と歌い終えて語った南条は、ファンの間近に行くべくランウェイを歩いてファンの応援に応えながら、中央ステージへと辿り着く。そして「一緒に盛り上がってくれたら嬉しいです」とラストナンバー「EVOLUTiON:」(TVアニメ『進化の実~知らないうちに勝ち組人生~』)スタート。未来にむけてポジティブに突き進もうという明るく前向きなメッセージソングを、力強い歌声でファンの間近で唄いながらその心をガッチリと掴んでいく。そして「いくよ!」のかけ声と共にクライマックスでは息を合わせてのクラップでもりあがり、ラストは「最後に一緒に飛びましょう! せーの!」で場内全員でのジャンプを決めて、ライブPART1のラストを見事に締めくくった。
【ALL CAST】
すべての曲を終えたステージに司会の田口尚平アナウンサーが再び登場し、ライブを振り返りながら声を出さない応援でライブを盛り上げてくれたすべてのファンに感謝のあいさつを送った。
続いて出演全アーティストがステージに登場。「声の出せないライブ、でもみんなの声、確かに聞こえました」(TRUE)などのそれぞれからの感謝の言葉や、先ほど田口アナウンサーが「末脚が残っているか心配」と語ったオーイシマサヨシは「うまびょい伝説」の後にバックステージでダウンしていたなどの裏話も明かされた。
そして満員の客席をバックにしたアーティスト陣の記念撮影の後、「もう一曲聴きたいですよねー? まだまだ一緒に盛り上がれますよねー!」のかけ声と共に、出演者全員でのフィナーレソングがスタート。曲は今年でテレビアニメ放送10周年を迎えた『ガールズ&パンツァー』の主題歌「enter enter MISSION!」だ。色々な障害を乗り越えて、仲間と共にがんばって突き進もうという、まだまだ厳しい状況が続くアニソンライブやエンタメ関連にも重なる内容の名曲を、アーティストそれぞれが個性を出したハーモニーや掛け合いを重ねていく。そしてラストはステージ上のアーティストと共に全員でジャンプを決めて、夕方から始まるPART2、そしてまた来年もこの会場で盛り上がれることを約束するように、ANIMAX MUSIX 2022 PART1は大団円のフィナーレとなった。
ライブ自体はもちろん、参加アーティストそれぞれが積み重ねてきたキャリアならではの味わいと個性が全開となったANIMAX MUSIX 2022 PART1。はたしてPART2ではどのようなパフォーマンスが繰り広げられたかも、引き続きお送りしよう。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着