市川由紀乃、新曲の原点となった三岸
節子記念美術館でミニコンサートを開
催「今まで経験したことのない特別な
思い」

今年デビュー30周年を迎え、8月に新曲「石狩ルーラン十六番地」をリリースした市川由紀乃が11月23日(水)愛知・一宮市の三岸節子記念美術館でミニコンサートを開催した。

作詞家の吉田旺は、三岸節子の絵画にも大きなインスパイアを受け、夫である好太郎との物語をモチーフにこの曲を書き下ろしている。美術館の特設ステージには、吉田が感銘を受けた節子の最後の大作「さいたさいたさくらがさいた」の大きなタペストリーが飾られ、客席には限定80名のファンが詰めかけた。

市川は、レコーディングに入る前の4月にも楽曲の世界観をより深めるため同美術館を訪れ、節子の絵画をじっくりと鑑賞していた。そんな特別な場所でコンサートを行うことに、「吉田先生が感銘を受けられた節子さんの作品の前なので、作品の世界観だけではなく吉田先生の愛も感じて頂けるのではないかと思います」と話し、「この場所には好太郎さん、節子さんの思いや魂もきっといらっしゃると思うので、そこで歌を届けられるということは、今まで経験したことのない特別な思いを感じます」と感慨深い思いを語った。
開演前には一宮市の中野正康市長も会場に駆け付け、「一宮市が誇る芸術家が三岸節子でございます。市川さんもアーティストとして、きっとこれからも更に活躍されると思います。曲名は“石狩”という節子さんのご主人所縁の地ですが、これを機に一宮にも縁を感じていただき、また機会がございましたらお会いできたら嬉しいです」と市川にエールを送った。

市川はターコイズブルーに銀の金彩が施された鮮やかな着物で登場し、新曲「石狩ルーラン十六番地」を歌唱すると、本来であれば10月15日に開催される予定であったが市川の体調不良により、今日に延期となったことをお詫びし、特別なステージを作ってくれた美術館スタッフと、遠方からも来場してくれたファンに熱い感謝を語った。続いてこちらも吉田旺作品の前作シングル「都わすれ」、2015年のヒット曲「命咲かせて」では“由紀乃コール”の代わりに心のこもった手拍子のエールが送られた。
そして今年も12月10日に「日本作詩大賞」(BSテレ東)に出演することを改めてファンに報告すると、吉田旺が初めて市川に詩を書き、「第53回日本作詩大賞」を受賞した「なごり歌」を歌唱した。続いて「第61回日本レコード大賞」最優秀歌唱賞を受賞した「雪恋華」を披露し、改めて駆け付けたファンと美術館のスタッフに感謝を伝え、来年2023年は市川にとって引き続きデビュー30周年の年となり、「皆様と大きな喜びを分かち合える日を楽しみにしている」と抱負を語り、最後に「石狩ルーラン十六番地」をフルコーラスで再び熱唱した。

コンサート中は少しでも近くでファンの顔が見たいと、ステージから降りて客席の中を歩く場面もあった。終演後には感染対策が施されたパーテーション越しではあるが2ショット撮影会が行われ、訪れたファンは特別な時間を楽しんだ。

関連リンク

アーティスト

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

新着