VivaOla&SIRUPのシングル、King Gnu
やジョングクのサッカーテーマソング
、syrup16gの5年ぶりニューアルバム
など『New Music Wednesday [Music+
Talk Edition]』今週注目の新作12曲
を紹介

毎週水曜日に更新! 話題の新曲を最速で知れる、Spotifyの人気プレイリスト『New Music Wednesday』を、ナビゲーターの竹内琢也が深掘りするポッドキャスト『New Music Wednesday [Music+Talk Edition]』。SPICEでは、同番組で紹介されている、プレイリストだけでは知ることのできないエピソードや、Spotifyのエディター(プレイリストを構成している人たち)のこだわりをピックアップして掲載。今週はカバーを飾っているVivaOlaとSIRUPダブルネームシングルのほか、King Gnuやジョングクのサッカー関連ソング、syrup16gの5年ぶりのニューアルバムなど、今週注目の新作12曲を紹介! また紹介アーティストが出演するライブやフェス情報も掲載しているので要チェック。番組への感想やリクエストは「#NMWミュージックアンドトーク」をつけてツイートを!
VivaOla、SIRUP「NO TIME」
VivaOlaと、SIRUPのダブルネームシングル「NO TIME」がリリースになり、『New Music Wednesday』のカバーを飾っています。VivaOlaは韓国生まれ東京育ちのシンガーソングライターで、昨年9月にYonYon。ZIN(Soulflex)、starRoなどを迎えた初のフルアルバム『Juliet is the moon』をリリースしていました。VivaOlaの楽曲を聴いたSIRUPから連絡が来て交友が始まり、コラボに繋がりました。今回は作詞、作曲、トラックメイク、ミックスまでVivaOlaが手がけており、そこに二人のボーカルが美しく乗せられています。VivaOlaはおよそ1年ぶりの自主企画『XVI Vol.2』を12月2日(金)に東京・新宿MARZにて開催予定、こちらはSIRUPの盟友でもあるZINと、ボストン在住のSSW、Thomas Ngの参加が決定しています。
(今年、大阪でVivaOlaさんのライブを観た時に、よくコラボしているレーベルメイトで盟友のWez Atlasさんも一緒でした。で、彼らはSolgasaという同じ音楽・アートコレクティヴの一員なんですね。今年『NMW』で紹介した中ではWez Atlas、日系台湾人シンガーのmichel ko、日本とアイスランドをルーツに持つR&BシンガーのSagiri Sólのコラボ楽曲「Too Good To Be True」など、彼らみんなSolgasaです。あとVivaOla、Jua、Wez Atlasの「Ghost」もすごく聴かれていたり、Wez Atlasはヘルシンキ・ラムダ・クラブとのコラボも。ライブ後にちょっとお話させていただいたのですが、学生時代からの仲間みたいな感じであり、ミュージックシーンで新たにパワーのあるシーンでもあるので今後にも注目です!)
King Gnu「Stardom」
King Gnuの新曲「Stardom」がリリースになりました。『New Music Friday Japan』ではカバーを飾っており、『New Music Wednesday』にもリストインしています。今作は『2022 NHKサッカーテーマ』として書き下ろされており、11月20日(日)に開幕した『FIFAワールドカップ2022』はもちろん、今後のNHKのサッカー番組全般のテーマソングとして使用される予定です。11月17日(木)放送の『SONGS』(NHK)にKing Gnuが出演。楽曲について、「挫折、苦悩という歌詞から始まるこの曲は、ドーハの悲劇など、戦っている人がまた次の戦いに向かえる歌にしたかった」とコメント。サビ部分に<あと1歩>というフレーズを使用したことについては「前回大会のベスト8がかかったベルギー戦。最後の最後に「ああ、あと1歩……」と思うところがあったので」と語っていました。(ベルギー戦での昌子選手が地面を叩くシーンと共にその話があり、サッカーファンにはグッとくるところがありました......)。Spotifyでは日本のロックシーンの話題曲を集めたプレイリスト『J-Rock Now』のカバーを飾っています。
ジョングク「Dreamers」
BTSのジョングクが新曲「Dreamers」をリリースしました。今作は『FIFAワールドカップ2022』の公式ソング。ジョングクは現地時間の20日午後に開催された開会式にも登場し、同曲をパフォーマンスして会場を盛り上げていました。11月20日にリリースされ、Spotifyではいきなりグローバルチャートの2位にランクイン、国際サッカー連盟(FIFA)がYouTubeの公式チャンネルで公開したパフォーマンス動画は、公開から約7時間で260万回を超える再生回数を記録しています。(現在は1300万回超え)
(sic)boy、nothing,nowhere.「Afraid??」
(sic)boyの新曲「Afraid??」がリリースになりました。ラッパー/シンガーソングライター/プロデューサーであるJoe Mulherinによるソロ・プロジェクトで、nothing, nowhereを客演に迎えています。nothing, nowhereは、(sic)boyの音楽性に近いエモ・ラップ、ロックサウンドが特徴で、(sic)boyは過去のインタビューで、nothing, nowhereを好んで聞いていることを話していました。昨年のインタビューではコラボしてみたいアーティストとしてnothing, nowhereの名前を上ています。(sic)boyは11月25日(金)に東京・Spotify O-EASTで行われる『Spotify Early Noise Night #14 』にtonun、 ao、Teleと共に出演することが発表されています。 Spotifyではヒップホッププレイリスト『+81 Connect』のカバーも飾っています。
Aile The Shota「LOVE」
Aile The ShotaのニューEP「LOVEGO」がリリースになりました。Aile The Shotaは2021年に開催されたオーディション番組『THE FIRST』出身で、今年1月にファーストEP「AINNOCENCE」、7月にセカンドEP「IMA」をリリースしており、今作が3枚目のEPとなります。プロデューサーとしてA.G.O、TAAR、tofubeatsなど錚々たる面々が参加しており、『New Music Wednesday』にはtofubeatsがプロデュースを務めた「LOVE」がリストインしています。自分史を刻み込んだリリックとtofubeatsのメロウなシンセフレーズが響き合う楽曲です。
YOASOBI「海のまにまに」
YOASOBIの新曲「海のまにまに」がリリースになりました。今作は今年2月の「ミスター」を皮切りにスタートした島本理生、辻村深月、宮部みゆき、森絵都の直木賞作家4名とのコラボ企画の第三弾。「はじめて〇〇したときに読む物語」をテーマに4名の作家が小説を書き下ろし、YOASOBIが楽曲を制作するという企画で、今回は辻村深月の『「ユーレイ」―はじめて家出したときに読む物語』を原作として楽曲が制作されています。家出をして海沿いの駅に降り立った少女が主人公の本作。家出をした主人公の心境の変化や、原作の舞台となる夜の海のしっとりとした不思議な世界観がサウンドでも表現されています。『New Music Friday Japan』内でもよく聞かれ、『New Music Wednesday』にリストインしています。YOASOBIの全8曲の英語版楽曲を収録した『E-SIDE 2』も配信されています。Spotifyでは日本のティーンエイジャーに聴かれている話題曲を集めたプレイリスト『Teen Culture』のカバーを飾っています。
ファレル・ウィリアムス、トラヴィス・スコット「Down In Atlanta」
ファレル・ウィリアムスとトラヴィス・スコットの新曲「Down In Atlanta」がリリースになりました。ファレル・ウィリアムスとトラヴィス・スコットはこれまでにもトラヴィス・スコットの「Flying High」と「Skeletons」といった楽曲でコラボレーションしていました。ファレル・ウィリアムスは9月に自身のインスタグラムに「Down In Atlanta」とキャプションを付けトラヴィス・スコットとの2ショットをSNSに投稿して楽曲のリリースをほのめかしていました。その後10月20日(木)にSNSで正式にリリースを発表しています。ファレルは今年、6月リリースの21サヴェージとタイラ・ザ・クリエイターとの「Cash In Cash Out」など自身の作品は少ないものの、ケンドリック・ラマー、カルヴィン・ハリス、ラトー、ロザリア、ジャック・ハーロウなど多くの話題作にプロデューサーとして関わっています。
桑田佳祐「なぎさホテル」
桑田佳祐のベストアルバム『いつも何処かで』がリリースになりました。桑田佳祐は1978年にサザンオールスターズとしてデビューし、1987年10月6日に「悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)」でソロデビュー。今作はソロ活動35年間の歩みを35曲に凝縮したベストアルバムで、デビュー曲の「悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)」をはじめ、「波乗りジョニー」「白い恋人達」などの大ヒット曲や、今年制作した「時代遅れのRock’ n’ Roll Band feat. 佐野元春, 世良公則, Char, 野口五郎」なども収録されています。『New Music Wednesday』にリストインした「なぎさホテル」はこのアルバムのために書き下ろした新曲で、神奈川県逗子市の海辺に実在した洋式ホテル・なぎさホテルから着想を得て書かれた楽曲です。Spotifyではプレイリスト『Big in Japan』のカバーを飾っています。
syrup16g「Everything with you」
syrup16gが前作から5年ぶりとなるニューアルバム『Les Misé blue』をリリースしました。昨年2021年に、本編すべて新曲というライブを行っていましたが、そのとき披露した楽曲12曲と、書き下ろし楽曲2曲を追加した、全14曲入りのフルアルバムとなっています。来年はじめにはアルバムの原点となるライブの模様を収録した映像をDVDとBlu-rayで発売することも決定しています。コロナ禍を反映したダークな心情の曲、叫ぶ曲、彼ら特有の軽快で優しい曲、揺れるようなメロディが美しい曲などさまざまな楽曲が収録されています。
Keishi Tanaka「Christmas Is All Yours」
Keishi Tanakaがクリスマスソング「Christmas Is All Yours」をリリースしました。Keishi Tanakaは、12月7日(水)に5枚目となるニューアルバム『Chase After』をリリースすることを発表しており、今作はアルバムからの先行トラックとなります。アルバムには、関口シンゴ(Ovall)がギターで参加した「Let Me Feel It」や、村松拓(Nothing’ s Carved In Stone)が作詞作曲しレコーディングも参加した「青のサーカス」など全10曲が収録されることが発表されています。Spotifyでは日本のシンガーソングライターの楽曲を特集するプレイリスト『ブルーにこんがらがって』のカバーも飾っています。
グソクムズ「夢にならないように」
グソクムズの新曲「夢にならないように」がリリースになりました。グソクムズははっぴいえんど高田渡やシュガーベイブなどから色濃く影響を受けている東京・吉祥寺を中心に活動する4人組バンド。10月にリリースされた「冬のささやき」もこの『New Music Wednesday M+T Edition』でピックアップしており、反響がありました。セカンド・アルバム『陽気な休日』を12月14日にリリースすることを発表しており、今作はアルバムからの先行配信楽曲となります。昨年リリースされたアルバム『グソクムズ』は『第14回CDショップ大賞2022』で入賞を果たしていました。
mei ehara「ゲームオーバー」
mei eharaの新曲「ゲームオーバー」がリリースになりました。mei eharaにとって2020年リリースのセカンド・アルバム『Ambersands』以来およそ2年半ぶりとなる新作です。自身の作品として2年半ぶりですがUSのシンガーソングライター、フェイ・ウェヴスターの2021年のアルバム『I Know I’ m Funny haha』の「overslept(feat.mei ehara)」、corneliusの「変わる消える(feat.mei ehara)」などの楽曲に参加するなど話題を集めています。今作は思い出野郎Aチームの高橋一がトランペットで参加しています。
文=竹内琢也、Y.SHOGO

『New Music Wednesday [Music+Talk Edition]』とは……
毎週水曜日に、その週リリースされた注目の新曲を中心に更新される、Spotifyのプレイリスト『New Music Wednesday』をさらに深掘りするSpotify公式ポッドキャスト。この番組をチェックすると話題の新曲をいち早く、そして詳しく知ることができて、今の音楽シーンがまるわかりに。あなたの通勤、通学、スキマ時間に無料で聴くことができるので是非チェックを。また番組では、Spotifyアプリの「Q&A」からメッセージやリクエストも募集中。あなたのオススメ曲や思い出ソングが紹介されるかも!? 番組への感想やリクエストは「#NMWミュージックアンドトーク」をつけてツイートを!!
メッセージテーマは「#眠れない夜に聴きたい音楽を教えて」

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着