L→R 咲人(Gu)、Ni〜ya(Ba)、YOMI(Vo)、RUKA(Dr)、柩(Gu)

L→R 咲人(Gu)、Ni〜ya(Ba)、YOMI(Vo)、RUKA(Dr)、柩(Gu)

【NIGHTMARE インタビュー】
新しい要素を採り入れようと思って
ラテンのエッセンスを活かした

30枚目となるシングルはアニメ『最後の召喚師 -The Last Summoner-』のオープニング曲となる表題曲の「With」はもちろん、カップリングの「スピン」と「殺したいほど愛してる」も完成度が高く、密度の濃さが光っている。そんな意欲作を完成させたNIGHTMAREの最新の声をお届けしよう。

人と人のつながりをより大事にしたい

 NIGHTMAREの新曲「With」はアニメ『最後の召喚師 -The Last Summoner-』のオープニング曲に抜擢された。曲を作るにあたって、アニメサイドから曲調や歌詞などについて要望はあったのだろうか?

「特にありませんでした。こちらで候補を数曲用意し、その中から選んでいただいたかたちです。ミディアムっぽい曲や疾走感を押し出した曲も作っていましたね。カップリングに収録されている「スピン」も候補として挙がっていたと思います」(咲人)

 楽曲に対する要望がなかったことからは『最後の召喚師 -The Last Summoner-』の制作陣が、純粋にNIGHTMAREに楽曲を提供してほしいという気持ちだったことがうかがえる。同曲はラテンテイストを活かして、華やかさと陰りを併せ持った独自の世界観を構築していることが印象的だ。

「アニメの主題歌という話をいただいて、今年の夏くらいに書いた曲です。タイアップの場合、作品を意識しすぎるといい結果にならないことが多いので、頭の少し横のほうに意識を置きながら作りました。NIGHTMARE的に新しい要素を取り入れようと思い、ラテンのエッセンスを活かすことにしたんです。夏がそうさせたのかもしれません(笑)。最初にできたのがラテン感のあるパートで、そこからJ-POPの王道的な構成も意識しつつ、それだけで終わらないようにゴリッとした間奏を入れるなど、緩急のバランスはすごく意識しました。あとは、サビのスタッカートを効かせたベースはかなり重要だったので、デモの段階からほぼ固まっていました」(咲人)

 楽曲の良質さに加えて、“崩れていく世界の中で、誰にも侵せない場所を守る”という強い意思を歌っている歌詞も注目したい。一見暗い歌詞のようでいながら、前向きというところが実にいい。

「自分が小学生か中学生の時に先生が、““人間”という漢字は、人は人との間で誰かとかかわりを持って生きていくからこう書くんだ”と言っていて、事実はどうであれ、それが印象に残っているんです。昨今の世の中、人と人のつながりをより大事にしたいという想いを込めて歌詞を書きました」(咲人)

 「With」はタイアップ曲でありながらも現在の自分たちが表現したいものをかたちにしたという意味で、理想的なコラボレートソングと言える。また、NIGHTMAREの楽曲に相応しく、プレイ面の聴きどころが多いことも魅力になっている。

「今回はアニメのタイアップということで、いつもよりも力強く、アタックが出るように歌いました」(YOMI)

「ギターはタイトに音を入れていくというより、グルーブ感をかなり意識しました」(柩)

「意識したのは他のパートにうざがられない程度に動くベースラインということ」(Ni~ya)

「大枠はデモのドラムをベースに、ハットワークを変更しました」(RUKA)

「自分のギターパートは曲を作るのと並行して決める部分は決めますが、作曲中は結構アバウトですね。いつも柩のパートが録り終わってから自分のパートに本気で取り組んでいるので、今回もそうでした。ギターソロは最初のチョップから入るワンフレーズが出てきたら、あとはスルスルと出てきた気がします。自分の歌とも言えるので、曲の世界を広げられるメロディーライン考えつつ、一番感情を込めやすいプレイということを意識しました。ギターのPUを前半はハーフポジション、後半はリアにしているのも感情の昂ぶりを表現したかったからです」(咲人)

 さらに咲人は「With」のレコーディングで使用した機材についても話してくれた。

「ギターは相変わらずテレキャスターです。今回のレコーディングはソフトのみで完結しているので、アンプは鳴らしていません。あまり歪ませすぎず、でも間奏部分では“ゴリッと感”が出るようなバランスというところで結構悩みました」(咲人)
L→R 咲人(Gu)、Ni〜ya(Ba)、YOMI(Vo)、RUKA(Dr)、柩(Gu)
YOMI(Vo)
咲人(Gu)
柩(Gu)
Ni〜ya(Ba)
RUKA(Dr)
シングル「With」【Type-A 初回限定】(CD+DLトレカ)
シングル「With」【Type-B通常盤】(CD)
シングル「With」【Type-C With盤】(CD)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着