L→R  GOT’S(Ba)、KEIGO(Vo)、IWASAKI(Dr)、TAKE(Gu)、KOHSHI(Vo)

L→R  GOT’S(Ba)、KEIGO(Vo)、IWASAKI(Dr)、TAKE(Gu)、KOHSHI(Vo)

【FLOW インタビュー】
20年続けてきたからこそ、
いろんな想いが詰まった一枚になった

FLOWのヴォーカルふたりともが
“ひとりORANGE RANGE”なんです

そして、今作にはORANGE RANGEの「O2」をFLOWがカバーした音源も収録されているという。

TAKE
何よりヤマさんのサビパートのキーが高くて、マジで大変でした(笑)。曲もメロディアスだし、彼らが持っているロックのかたちを体現している曲なので、原曲リスペクトでやらせていただいて。“原曲キーでやりたい”ってところもこだわりだったから、FLOWの高音担当のKOHSHIに頑張ってもらいました。
KEIGO
TAKEのアイディアもあってメロディーとラップをバシッと分けちゃって、メロディーはKOHSHI、ラップは俺で歌ったんですよ。

そもそもORANGE RANGEが3人ヴォーカルだから、まずはそこの棲み分けが難しいですよね?

KEIGO
そうなんです。例えば、YAMATOの部分をKOHSHIが歌って、HIROKIの部分を俺が歌うっていうやり方もあると思うんですけど。メロディーとラップで分けちゃったので、それぞれが“ひとりORANGE RANGE”なんです(笑)。そこで改めて「O2」を聴き込んで、3人のラップスタイルが全然違うことにも気づけて。それもすごく面白かったし、刺激になりました。

それをKEIGOさんとKOHSHIさんが消化して歌うことで、ただのカバーではないFLOWらしさも出ていますよ。サウンド面ではTAKEさんのこだわりをしっかり詰め込むことができたし。

TAKE
ORANGE RANGEの曲の中でもロック色が強いから、そこをFLOWらしいロックサウンドで構築するというところが非常にやりやすい曲ではありましたけどねこの曲もフレーズが難しくて、NAOTOのギターの手癖だけは本当にやめてもらいたいです!

ここでも手癖問題が出てきましたか(笑)。

TAKE
でも、当時から好きな曲だったから、カバーさせてもらえて良かったです。やっぱり『コードギアス』という軸があったので、このコラボ曲を収録したパッケージのカップリングにカバーを入れてリリースさせてもらうことに意味があると思うし、何よりFLOWはカバーに定評があるから。

あははは! 自分で言った(笑)。

TAKE
カバーブームの先駆者としての真骨頂と言いますか、FLOWがカバーする面白さを両方のファンに感じてもらえればと思います。『コードギアス』もまだまだカリスマ的な人気がありますし、新しい展開ってところでは『コードギアス 反逆のルルーシュ ロストストーリーズ』というアプリゲームもローンチされて、そこにも「PENDULUM」(2019年4月発表のアルバム『TRIBALYTHM』収録曲)という曲を書き下ろさせてもらったりして、『コードギアス』は本当に長いつき合いになった作品ですし、自分たちも20年続けてきたからこそ、こういう機会にも恵まれたりしています。なので、いろんな想いが詰まったシングルになりましたね。

取材:フジジュン

シングル「デイドリーム ビリーヴァー」2022年11月16日発売 SACRA MUSIC
    • 【通常盤】(CD)
    • VVCL-2144
    • ¥1,430(税込)
    • 【期間生産限定盤】(CD+Blu-ray)
    • VVCL-2145~6
    • ¥2,860(税込)
    • (C)SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design
    • (C)2006-2017 CLAMP・ST

ライヴ情報

『FLOW 20th ANNIVERSARY SPECIAL LIVE 2023 ~アニメ縛りフェスティバル~』
[2023年]
7/1(土) 千葉・幕張メッセ国際展⽰場

FLOW プロフィール

フロウ:KOHSHI(Vo)、KEIGO(Vo)、TAKE(Gu)、GOT’S(Ba)、IWASAKI(Dr)の5人組ミクスチャーロックバンド。2003年1月に発表した海援隊の「贈る言葉」のカバーで注目を集め、シングル「ブラスター」でメジャーデビュー。疾走感あふれるエネルギッシュなバンドサウンドと思わず身体が弾み出すようなメロディーを武器に、全国でイベント出演やライヴを繰り広げる。『NARUTO -ナルト-』『交響詩篇エウレカセブン』『コードギアス』をはじめ、多くのアニメにも楽曲を提供し、06年以来、海外での活動にも精力的に取り組み、アジア、北米、南米、ヨーロッパなど、これまでに19カ国59公演を超えるライヴ実績を持ち、ライヴバンドとして国境を越えて音楽を届けている。22年にデビュー20周年突入イヤーを迎え、11月にORANGE RANGEとのコラボ楽曲「デイドリーム ビリーヴァー」を含むシングルをリリースする。23年7月にはアニメ提供楽曲だけで行うワンマンライヴ『FLOW 20th ANNIVERSARY SPECIAL LIVE 2023 ~アニメ縛りフェスティバル~』を幕張メッセ国際展⽰場で開催予定だ。FLOW オフィシャルHP

「デイドリーム ビリーヴァー」MV

「O2」レコーディングティザームービー

「デイドリーム ビリーヴァー」
レコーディングティザームービー

「デイドリーム ビリーヴァー」
Music Video メイキング映像

「COLORS」 (James Landino Remix)
[コードギアス 反逆のルルーシュ
CODE GEASS]

『DICE』
(『TVアニメ「15周年 コードギアス
反逆のルルーシュ』OPテーマ)
LIVE at Spotify O-EAST

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」