Merm4id:L→R 平嶋夏海(Vo/瀬戸リカ役)、岡田夢以(Cho&Pf/水島茉莉花役)、葉月ひまり(DJ/日高さおり役)、根岸 愛(Cho&Pf/松山ダリア役) / 燐舞曲:L→R 加藤里保菜(Vo/青柳 椿役)、大塚紗英(Gu/月見山 渚役)、もものはるな(Ch&VJ/矢野緋彩役)、つんこ(DJ/三宅葵依役)

Merm4id:L→R 平嶋夏海(Vo/瀬戸リカ役)、岡田夢以(Cho&Pf/水島茉莉花役)、葉月ひまり(DJ/日高さおり役)、根岸 愛(Cho&Pf/松山ダリア役) / 燐舞曲:L→R 加藤里保菜(Vo/青柳 椿役)、大塚紗英(Gu/月見山 渚役)、もものはるな(Ch&VJ/矢野緋彩役)、つんこ(DJ/三宅葵依役)

【Merm4id×燐舞曲 インタビュー】
「FAKE OFF」ができた時は、
“こんなふうに融合してすごい!”
と思った

DJをテーマにしたブシロードのメディアミックスプロジェクト『D4DJ』から生まれたユニットの中から、パーティー感のあるクラブチューンとセクシーなダンスで魅せるMerm4idと、ヘヴィなロックサウンドの迫力も魅力的な燐舞曲が、コラボシングル「FAKE OFF / 天使と悪魔」をリリース。Merm4idより瀬戸リカ役の平嶋夏海、燐舞曲より青柳 椿役の加藤里保菜に今回のコラボについての想いを訊いた。

単なるツーマンではなく
融合している感覚

10月30日にZepp Haneda(TOKYO)で行なわれた『Merm4id×燐舞曲 合同LIVE「FAKE OFF」』が大盛況でした。最初に合同ライヴをやることが決まった時、どんな気持ちでしたか?

平嶋
もともと『D4DJ』はアニメ、ゲーム、ライヴの全てがリンクしたコンテンツなので、8月に放送されたアニメ『D4DJ Double Mix』だけで終わらず、リアルライヴにもストーリーがつながったのが嬉しかったです。前からMerm4idチームの中でも合同ライヴをやりたいという話をしていて、そのことは燐舞曲のプロデューサーである中山雅弘さんにも伝えていたんです。実は1年くらい前から話をしていたことだったから、“ようやく実現した!”という感じもありつつ、とても嬉しかったです。
加藤
私も決まった時はすごく嬉しかったですね。そもそも今回収録された「FAKE OFF」と「天使と悪魔」はMerm4idがいないとできない曲だから、今後この2曲をライヴでやりたいと思っても、やれるタイミングはそうそうないと思うんです。だから、今回の合同ライヴは特別なので、貴重なステージにしたいと思いました。ライヴの構成も燐舞曲とMerm4idのステージがそれぞれあって、合同の曲で終わりと思いきや、また燐舞曲のパートがあるという、ちょっと変わった構成にして。それぞれの楽曲もたっぷり聴かせつつ、合同の曲もしっかり聴かせて、きっとディグラー(ファンの呼称)のみなさんも満足してくれたんじゃないかと思います。
平嶋
単なるツーマンではなく、融合している感というか、混じり合っている感が出せたんじゃないかな?

アニメ『D4DJ Double Mix』がMerm4idと燐舞曲のストーリーで、その劇中で生まれたのが「FAKE OFF」でした。アニメが放送された時の反響はいかがでしたか?

加藤
すごく大きかったですね。本当にたくさんの方が観てくれていたということと、私が演じている青柳 椿は変顔とか泣き顔のシーンが多かったので、“椿にもこういう可愛い面があるんだ!?”と気づいてくれた方も多かったようです。それまではスマホゲーム『D4DJ Groovy Mix』をプレイしてストーリーを読み進めないと、椿とリカの関係性は深く分からなかったのですが、“椿もリカにだったらこんな弱い一面を見せるんだ!?”とアニメで分かってもらえて。アニメの放送によって椿のイメージが変わったという声がとても多かったです。

燐舞曲のライヴでは、いつも椿は眉間にしわを寄せて険しい表情で歌っていますからね。アニメでリカにダル絡みされた時の、椿のリアクションが新鮮でした。

加藤
迷惑がっているんだけど、決して嫌ではないという。
平嶋
そのリカを演じているのが私なんですが、普通のメンタルなら、あんなに拒否られたら“もうやめておこう”と思うけど、リカは引くどころかズカズカ踏み込んでいくんです。お節介焼きというか、放っておけないんですよね。
加藤
でも、椿としてはそうやってリカに巻き込まれることで、一歩前に進むことができている。幼馴染みってありがたいなと思います。
平嶋
そう言ってもらえて、私もありがたいです。それにリカも椿といることによって、Merm4idで“イェーイ”ってパリピしているだけじゃなく、真面目な一面もあることを見せられているのかなと。

そんなリカが椿を巻き込んで生まれたのが「FAKE OFF」という楽曲で。

加藤
アニメでは尺が少し短くて、この曲のフル尺はライヴでしか聴けなかったので、コラボシングルのリリースはきっとみんな嬉しいんじゃないかと思います。

Merm4idと燐舞曲はカラーが真逆ですが、コラボすることについてはどういう印象ですか?

加藤
最初はMerm4idと燐舞曲が一緒に制作したり、ライヴをしたりするというのが、結びつかなくて想像できませんでした。でも、ゲーム内でのメインストーリーが始まって、椿とリカの関係性を知ったら、“この2組だったら一緒にライヴをやってもおかしくないよね”って、自分の中で腑に落ちた部分があったんです。だから、“Merm4idとなら大丈夫!”という安心感がありました。
平嶋
「FAKE OFF」はMerm4idの制作チームで作ったんですけど、Merm4idは燐舞曲寄りのカッコ良い曲を歌えても、燐舞曲はMerm4idみたいなパリピ感で“イェーイ!”とはできないので、そこでどんな楽曲になるのかがすごく楽しみでした。だから、「FAKE OFF」ができた時は、“こんなふうに融合してすごい!”と思いましたね。

「FAKE OFF」の魅力ってどんなところだと思いますか?

平嶋
大サビはりほにゃん(加藤里保菜の愛称)が上のパート、私が下のパートを歌っていて。Merm4idではリカは基本的にメインを歌って、松山ダリア(CV:根岸 愛)と水島茉莉花(CV:岡田夢以)が支えてくれるのがほとんどで、リカが支える側になることはなかったんです。でも、リカと椿の関係性がそういう感じだから、それがパート割りにも表れていていいなと思います。
加藤
デモを聴いた時はリカの低音パートはなかったので、完成を聴いた時にすごく驚きましたね。レコーディングがみんな別々だったから、どこをどんなふうに録ったのかは知らなくて。だから、出来上がったものを聴いた際のワクワク感がすごかったです。

加藤さんはMerm4idチームとの制作はどうでしたか?

加藤
燐舞曲チームはひとつひとつのフレーズのニュアンスが細かく指定されていて、それに沿って時間をかけて作っていくんです。Merm4idチームはメンバーが自分でニュアンスを考えて持ち寄って、そこにエッセンスを加えてどこまで高められるか、時間との勝負というところがあって。現場で全部出しきらないと不完全燃焼で終わっちゃうから、すごく集中して録りました。それに燐舞曲は高音だとファルセットにして、抜いて儚さを表現することが多いので、「FAKE OFF」のサビの高音も抜く前提で準備をしていったんですけど、“そこは抜かないで地声で出してほしい”というディレクションがあって、ちょっと大変でした。
平嶋
曲そのものが持っている強さがあって、それに合わせて地声でというディレクションだったのかなと思いますね。
Merm4id:L→R 平嶋夏海(Vo/瀬戸リカ役)、岡田夢以(Cho&Pf/水島茉莉花役)、葉月ひまり(DJ/日高さおり役)、根岸 愛(Cho&Pf/松山ダリア役)
燐舞曲:L→R 加藤里保菜(Vo/青柳 椿役)、大塚紗英(Gu/月見山 渚役)、もものはるな(Ch&VJ/矢野緋彩役)、つんこ(DJ/三宅葵依役)
平嶋夏海(Vo/瀬戸リカ役)
加藤里保菜(Vo/青柳 椿役)
Collaboration CD「FAKE OFF / 天使と悪魔」【Blu-ray付生産限定盤】(CD+Blu-ray)
Collaboration CD「FAKE OFF / 天使と悪魔」【通常盤】(CD)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着