香取慎吾、3年ぶりの個展『WHO AM I
』記者発表会レポート 「自分の深い
ところまで、全て出し惜しみなく、曝
け出していこうと思う」

香取慎吾の3年ぶりとなる個展『WHO AM I ーSHINGO KATORI ART JAPAN TOURー』が、2022年12月7日(水)から2023年1月22日(日)まで、渋谷ヒカリエ9階 ヒカリエホール ホールAにて開催される。2018年にはパリ・ルーブル美術館にて初個展『NAKAMA des ARTS』を、2019年にはIHIステージアラウンド東京にて『BOUM! BOUM! BOUM! 香取慎吾NIPPON初個展』を開催するなど、アート活動も盛んに行なってきた香取。本展では、新作も含めた200点が集結し、アーティスト活動を凝縮させた贅沢な空間になるという。11月某日、香取本人も登壇し記者発表会が行われ、本展の見どころや、タイトルに込めた想いなどを語った。
個展をやるために3年間、ほかの仕事を頑張ってきた
ーー本日お越しの皆さんにひとこと、お願いします。
皆さんこんにちは、香取慎吾です。本日はこんなにたくさんの方に来ていただいてとてもうれしく思っています。ありがとうございます。よろしくお願いします。
ーー3年ぶりの個展。今の率直なお気持ちはいかがでしょうか?
いや〜、本当にうれしくて。本当はもっと早く開催したかったなという想いもあったんですけど。でも、絵を描くことが好きで、子供の頃からずっと絵を描いてきて、僕が絵を描いているのは人に観てもらいたくて、「いいね〜、素敵だね〜」と言ってもらいたくて描いている部分があるので、また個展をやりたいなという想いはありました。個展をやるために3年間、ほかの仕事を頑張ってきました(笑)。
ーー3年分のエネルギーが全部注ぎ込まれていると思うのですが、改めてどのような個展になりそうですか?
前回の日本での初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』はステージアラウンドという劇場を使わせてもらって、ちょっと変わった形だったんですけど、今回はこのヒカリエホールでやらせていただけるということで。ヒカリエの記念ロゴなんかも僕が今年描かせてもらって、ヒカリエの中にもフラッグが飾られていたりもするので、そんな場所で個展が開催できるのはとてもうれしく思っています。
ーー今まさにその場所ですけれども、ここがご自身の作品でいっぱいになることを想像して、いかがでしょう?
「入るかな〜?」という感じです。出展する作品は大体決めたんですけど、先ほど聞いたら198点ということで。今日それを聞いて、あと2点新しく描きます。(会場笑い)なぜ200点にしなかったんだろう? と思って(笑)。今からあと2点描いて、200点展示します。
ーーすごい数ですね。3年間どのようなペースで創作されたんですか?
でも、前回の個展でも出展したものが半分近く、もう一度観れるものが100点ぐらいあります。残りの100点近くは初出展のもので、今回開催するにあたって描き足したものがあって。最近まで僕は草彅剛と舞台をやっていたんですけど、舞台の最中に描いていましたね。劇場が終わったらアトリエに行って描いて。舞台の千秋楽あたりもずっと描いていました。「僕はどっちなんだろう? 僕はなんなんだろう?」と。……あ! だからそんな想いもあって『WHO AM I』というタイトルです。
個展タイトル『WHO AM I』に込めた意味とは
ーー『WHO AM I』は「僕は誰なんだ?」という問いかけの意味の英語ですが、なぜ個展にこのタイトルを付けたのでしょう?
「自分は誰なんだろう?」って思うことがずっとあって。まあそれが香取慎吾をやっていて楽しいところなんですけど。俳優さんとしてお芝居をさせてもらったり、バラエティでお笑いをしたり、絵を描いていて個展をさせてもらったり……。そうだ、音楽もやっていますね、ショーをしてみたり。いろんな自分になる僕が「私は誰?」って思いながら、それはプラスの意味だと「俺は誰なんだよ〜」って言いながら笑顔で、いっぱいの自分がいることが誇らしく、それがうれしさで楽しかったりもする。でもちょっとマイナスの面では「俺って誰なんだろう……」って、ふと自分が何者なのかわからなくなるときもあったり。そんなことが僕の絵の中には結構詰まっています。だから、皆さんが知っている慎吾ちゃんを観れる絵もありますし、「この絵を香取慎吾が描いたの?」というような、皆さんが知らない香取慎吾も観れる個展になっていると思います。
ーー3年前に開催された『BOUM! BOUM! BOUM!』は香取さんの心音を模したアート作品なども置いてあり、体内を探検しているかのような気持ちにもなりました。その個展から今回の個展では、進化したところだったり、新しい香取慎吾をこのように見せたいなど、なにか想いはありますか?
より香取慎吾の深い部分を観てもらえるような個展になると思います。本当に深い部分を。時々僕の絵の中に登場するキャラクターに「黒うさぎ」というものがいるんですけど、その黒うさぎをフィーチャーしている部分もあります。初めて黒うさぎを描いた絵だったり、出展するかどうかも少し迷ったような作品も。今回3年ぶりですけど、人生で何度も何度も個展をやれるわけではないから、もう出し惜しみなく、自分を曝け出していこうと思いまして。初めての僕を皆さんに観てもらおうと思っています。
ーー先ほど、先日まで草彅さんと舞台をやられていたと話がありましたが、草彅さんや稲垣さん、周りの皆さんにはこの個展については何かお話ししたことはありますか?
多分個展をやることを知らないと思います(笑)。知ってるかなぁ、どうかなぁ? ……あ! 草彅さんは舞台をやっている最中に、今日終わったら絵を描きに行くんだって言ったら、「え〜! 明日2公演だよ〜?! もう無理しないでよ〜!」ってちょっと怒られました(笑)。稲垣さんは今、家でゆっくり休んでいると思います。(会場笑い)
ーー香取さんのSNSではこのツアーに向けたカウントダウンもあり、情報解禁になったら皆さん驚かれると思います。
そうですね、皆さんも何が始まるんだとワクワクしてくれていると思います。SNSのコメントを見ていても「こうやってみんながワクワクしているのを見て慎吾ちゃんが一番ワクワクしてるんでしょ」って書いてあって。皆さんよく僕のことを知ってくれていて、うれしいです。
ーー今回の個展、どんな方にご覧いただきたいですか?
香取慎吾をとってもよく知ってくれている人はもちろんのこと、そんな方でも知らない部分が、今回の個展ではたくさん観れると思います。あとは、ちょっとだけ慎吾ちゃんを知って生きてきた方、慎吾ちゃんの個展があるんだったら観てみたいなっていう方も。今回の個展はジャパンツアーということで、全国いろんな場所に回れるんです。自分でも驚くほどお話がいっぱい来て、ちょっとずつ開催地が増えていってるんですよ。本当に全国を回れるので、本当にうれしいです。こんなところにも行けるんだという場所にまで、僕の絵がこれから全国を飛び回ると思うので、全国の皆さんにもっと知ってもらいたいです。……あの〜、こんなにやってきているんですけど、もっと知ってもらいたいんです、僕のことを。(会場の取材陣に向けて)皆さん、よろしくお願いします!(おじぎをする)
「僕の中の僕」が飛び出し、それが色となりキャンバスに描かれる
ーー今回のキービジュアルが披露されました。香取さん、いかがでしょう?
僕の中の僕が飛び出しちゃってますね。自分でもわからないような、皆さんもわからないような僕が観れる個展というのを表現していると思います。
ーーこのビジュアルは香取さんご自身が「こういう作品でいこう」とアイディアを出されたんですか?
ノンノン! 違います(笑)。自分一人ではなく、たくさんのクリエイターの方々と一緒に。初めて一緒にお仕事をする方も今回たくさんいて、皆さんとこの発表の日を楽しみに作り上げてきました。
ーー印象的なのが髪の毛から滴っている黒い液体なのですが、これはなにを意味しているのでしょうか?
これは「僕の中の僕」ですかね。それがこう絵の具となって、色となって、キャンバスに描かれていってるんだと思うんです。
ーー片方は目を瞑っていて、もう片方はどこを見ているんだろうというような印象的な瞳をしているんですけれども、この表情というのはご自身でイメージをされたんですか?
なにかきっと、自分の中から湧き出るものを。右と左、人ぞれぞれ違う側面を持っていたりとか、僕の中にも本当にいろんな面があるので……。ちなみに今日はちょっと、アートな、絵の個展の感じの喋りかたです。
ーーちょっといつもと違うなとは思っておりました(笑)。
そうですよね。意識しているわけじゃないんですけど、そういう感じ(アートな雰囲気)だからそうなってる(いつもより少し落ち着いた喋りかた)んだと思います。人っていろんな面があるっていうことを、この個展を観てより楽しんでもらいたいなって思います。……本当にそんな感じで今日喋ってますね。ちょっとスイッチ入れてみますね。
あ、あー!
『WHO AM I』っていう個展をやるんですよ! あの〜、もうすごい楽しみで! この個展をやるためにもう、3年間ほかの仕事を頑張ってきた! みたいな感じです!!(編集部注:皆さんの見たことのある元気な “慎吾ちゃん” をご想像ください)
そういう慎吾ちゃんもいます。でもきっと、個展となるとこのくらいのテンションでお話ししてるんだと思います。本当にすごいなこの人(笑)。
ーーすごいスイッチの入りようでしたね。文字で書かれる方がどう表現されるのか気になります(笑)。
ははは(笑)。テンションの低い・高いっていうわけじゃないんですよ。そういう雰囲気を醸し出しているだけです。
ーー香取さん、本日はご登壇いただきありがとうございました。
ありがとうございます、よろしくお願いいたします!
香取慎吾の個展『WHO AM I ーSHINGO KATORI ART JAPAN TOURー』は、2022年12月7日(水)から2023年1月22日(日)まで、渋谷ヒカリエ9階 ヒカリエホール ホールAにて開催。前売券は、各プレイガイドにて販売中。

文・撮影=SPICE編集部

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着