明日の「八代亜紀いい歌いい話」に三
山ひろし、「母を想う昭和の名曲」を
特集

11月10日(木)20:00からBS11にて放送される「八代亜紀いい歌いい話」に三山ひろしが出演する。

10月の放送から、民謡出身の実力派演歌歌手、これまでのゲスト出演最多を誇る福田こうへいをサブMCに加え、パワーアップして放送している同番組。

サブMC福田こうへいの盟友・三山ひろしを迎え、「母を想う昭和の名曲」を特集する。母子家庭で育った三山は、一生懸命子供たちを育ててくれた母に感謝の思いを込め、北島三郎の名曲「帰ろかな」を熱唱。福田こうへいは、厳しかった民謡歌手の父の陰で、優しく育ててくれた母に、三橋美智也の「母恋吹雪」を捧げる。そして八代は、歌詞が大好きだという鳥羽一郎の「海の匂いのお母さん」を歌う。さらに3人で森進一の「おふくろさん」を歌い上げる。

「母を想う昭和の名曲」特集、締めにお届けするのは「岸壁の母」。戦後、引揚げ船で帰ってくる息子を岸壁で待つ母の、切ない思いを歌った名曲を、三山、福田の共演でお送りする。さらに三山の最新曲で、原譲二名義で北島三郎が作詞作曲した「夢追い人」も披露。

今回の「歌の贈りもの」は、神奈川・川崎市に、日本でただ一つの、商店街に所属するビッグバンドがある。今回、八代が訪ねたのはその仕掛人の商店街理事長とバンドの面々。海外公演も果たした実力派バンドの練習に立ち会った。八代が贈った歌は、ドイツのビッグバンドと共演した際に演奏したという、美空ひばりの「川の流れのように」。

【八代亜紀 コメント】 今回のお客様は、サブ司会の福田こうへい君と仲がいい三山ひろし君! 三山君はけん玉が得意なことで有名。それ以外にもドローンの操縦や虫取りなど、色んな趣味を持っているんですが、今熱中しているのは落語なんですって。それも聞くんじゃなくて演じるの! スタジオでちょっとやってもらいましたよ。こうへい君と三山君の「岸壁の母」は圧巻でした! お楽しみに!

「八代亜紀いい歌いい話」

放送:BS11
日時:11月10日(木)20:00
MC:八代亜紀
サブMC:福田こうへい
ゲスト:三山ひろし

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着