上段:マツバラカズキ(Dr&Tec/The cold tommy)、トギイフミアキ(Vo&Gu/The cold tommy)、クドノ(Dr&Tec/HUMANDRIVE)
下段:ツバサ(Gu/HUMANDRIVE)、ノダ(Vo/HUMANDRIVE)、ヒフミ(Ba/HUMANDRIVE)

上段:マツバラカズキ(Dr&Tec/The cold tommy)、トギイフミアキ(Vo&Gu/The cold tommy)、クドノ(Dr&Tec/HUMANDRIVE)
下段:ツバサ(Gu/HUMANDRIVE)、ノダ(Vo/HUMANDRIVE)、ヒフミ(Ba/HUMANDRIVE)

【COLDRIVE インタビュー】
どこに注目しても
楽しいバンドになってきている

このメンバーでやったら
楽しいんじゃないかな?

10月にEP『Red-Eye Flight』が配信されましたが、The cold tommyがプロデュースして提供したダンスヴォーカルグループ・ THE SAVAGEの曲のセルフカバーですね?

トギイ
はい。当時、THE SAVAGEのメンバーだったTAKARA さんに出会って、曲を作ることになったんです。想いを綴った歌詞のイメージをTAKARA さんからいただいて、ガツン!とくるものがあったんですよ。その感覚から曲を作っていきました。

あらゆる壁を乗り越えていく強い気持ちが伝わってくる曲です。TAKARA さんの言葉にもそういう熱量を感じたんですか?

トギイ
そうなんです。同じような気持ちを抱いている人に伝わるものがある曲だと思います。

The cold tommyがダンスヴォーカルユニットをプロデュースするというのは、もともとよくあったんですか?

トギイ
初めてでした。そういう点でも刺激的な経験でしたね。

どういう経緯でセルフカバーすることになったんですか?

ノダ
トギイくんから“やらない?”と言われたんです。僕も曲を聴いた時に“これ、歌いたい!”と思いました。こういう前向きな力を持っている曲が、僕も個人的にすごく好きです。今、この時代にこういう曲に参加できるのなら、ぜひやりたいという気持ちがありました。
トギイ
“このメンバーでやったら楽しいんじゃないかな?”というのが、僕の中にもあったんですよね。

バンドサウンドによって気持ち良いダンサブルさを表現できましたね。

トギイ
ありがとうございます。ゆくゆくはダンスをやりたいと思っているんですけど。
ノダ
え!?(笑) 
トギイ
冗談です(笑)。でも、健康のために踊ってみたい想いは、ちょっとあります。

ドラムのクドノさんのラップが印象的です。

トギイ
僕が“クドノくんにラップをしてもらおう”と思ったんですよね。COLDRIVEの「LIBERTY」という曲でMC的に盛り上げる部分があるんですけど、そこを彼にやってもらったらカッコ良くて! “ラップが上手なんじゃないか?”と思ってお願いしてみたところ、現場にいた人たちが湧くくらい上手だったので、このままラッパーでいってもらおうと(笑)。
ノダ
彼にラップをしてもらうというのは名案でしたね。予想を超えるものにしてくれたので。
トギイ
クドノくんのドラムも魅力的なタイム感なんです。温かいんですけど、ヘイトがあるというか(笑)。すごい才能がある方だなと思っています。

ラップパートを任せられるメンバーがいると作れる曲の幅も広がりますよね?

トギイ
そうなんです。クドノくんはアイディアもいっぱいくれるので、そういう点でも楽しいです。

「Red-Eye Flight」はラップ明けのギターソロもカッコ良いですね。

トギイ
あれはツバサくんが弾いてくれています。彼のギターも魅力的なんですよね。レコーディングの時は忍者のように素早く、ズバッ!と決めてくれます。COLDRIVEの「Red-Eye Flight」はTHE SAVAGEのファンにも聴いていただきたいですね。

THE SAVAGEの「Red-Eye Flight」はフジテレビの『Tune』のテーマソングでしたが、それがご縁でCOLDRIVEが番組出演したそうですね。

トギイ
はい。先日収録があって、歌わせていただきました。
ノダ
2、3分の演奏の収録のためにたくさんのスタッフさんが動いてくださっているのを見たのは衝撃でした。いつものライヴとは、また別の感じがありましたね。
トギイ
「Red-Eye Flight」はまだライヴではやったことがなくて。でも、すごく仕上がっているので、今後セットリストに入っていくと思います。
ノダ
リハでスタジオに入って、みんなで合わせている時の感触がすごく良いんです。ぜひライヴで観てもらいたいですね。

ライヴに関しては、もうすぐ東名阪ツアーがありますね。今回のEPのカップリング曲「WAO!WAOWAO!」はこのツアーのテーマソングということで。

トギイ
もともと僕は冒頭で言ったお祭り感みたいなものをCOLDRIVEに感じているんですけど、その感覚を曲に落とし込みたくて作っていきました。
ノダ
ロックとしての鋭利なカッコ良さもあるし、開けたメジャー感もあるんですよね。この感じを作れるバンドは、なかなかいないと思います(笑)。そんなふうに思えるくらいの曲だから、歌詞を書く時はいつにも増して気持ちが入りました。
トギイ
演奏するのも楽しいんですよ。次のツアーに来る人は、ぜひたくさん聴いて覚えてきてほしいです。

歌詞の中で《MCクドノ》と表現されていますが、この曲でもクドノさんのラップが絶好調ですね。

トギイ
そうなんです。「Red-Eye Flight」であまりにも良かったから、この曲でも急遽ラップパートを作ることになりました。
ノダ
クドノのラップもそうなんですけど、メンバーそれぞれの個性がさらに出てきているんですよね。どこに注目しても楽しいバンドになってきていると思います。

メンバー全員がまだまだ成長期?

ノダ
はい。僕も“落語を始めようかな?”とか思っています(笑)。ものにしたらぜひ聴いていただきたいですね。もし、俺なんかのためにそういう時間をライヴ中に作ってもらえるのならば(笑)。それくらい自由な気持ちで活動できています。
トギイ
東名阪ツアーも楽しみですね。自分たちが感じている楽しさがお客さんにも伝わるように頑張りたいです。必ず伝わるものがあるバンドだと思っています。
ノダ
大好きな家族みたいなメンバーと東名阪を回れるのが嬉しいです。“こんなに素敵なバンドなんだよ”って、みんなに伝えられるツアーにしたいです。ライヴはこれからも積極的にやっていきたいですね。COLDRIVEは僕にとってもなくてはならない存在になっているので、これからも活動を続けたいです。

取材:田中 大

配信EP『Red-Eye Flight』2022年10月12日配信リリース

『COLDRIVE presents「WAO!WAO!WAO!」〜PARADE OF COLDRIVE〜』

11/26(土) 大阪・心斎橋FANJ
11/27(日) 愛知・今池GROW
12/01(木) 東京・下北沢CLUB251

COLDRIVE プロフィール

コールドライブ:東京を拠点に活動する4ピースバンド・HUMANDRIVEと、3ピースバンド・The cold tommy。互いをリスペクトし合う2組がフュージョンし、2022年より始動。ノダとトギイ、両バンドのヴォーカルふたりの魂が呼応し、紡がれる言葉の数々。また、その研井の奏でるギターと美しい科学反応を魅せる、ギターのツバサ。そのサウンドの屋台骨となりながら唸るベースセクション、ヒフミ。それら全てのエンジンとなる蒸気機関、クドノと松原のドラムセクション、またの名をテクノロジーマン。この6人によって奏でられる音楽は際限無く広がり、リスナーをどこへまでも連れて行く。COLDRIVE オフィシャルHP

「Red-Eye Flight」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着