きゃりーぱみゅぱみゅ × ジェニーハ
イが大阪でコラボ、新イベント『オー
サカジャーニー』でライブ&トーク、
大阪のおすすめグルメの紹介も

『オーサカジャーニー』2022.10.23(SUN)大阪・Zepp Namba(OSAKA)
10月23日(日)、Zepp Namba(OSAKA)でライブイベント『オーサカジャーニー』が開催された。本イベントは大阪のラジオ局・FM大阪とコンサートプロモーター・キョードー関西が新しく立ち上げたイベントで、記念すべき第1回目の開催となる今回は、きゃりーぱみゅぱみゅジェニーハイの2組が出演。ライブパートだけでなくトークパートも設けられた構成で、スペシャルコラボも行われるなど、ファンにとってはたまらない贅沢で満足度の高い一夜となった。
この日は1Fがスタンディング、2Fは着席スタイルで、ようやく人数制限が緩和されたこともあり、グッズを身にまとい、ペンライトを手にしたオーディエンスがフロアを埋め尽くす。今か今かと開演を待つ様子が伝わってきた。
FM大阪のDJ 赤松悠実
ステージにはピンクとブルーの大きな布が掛けられ、メルヘンな雰囲気を醸し出す。定刻になり、MCをつとめるFM大阪のDJ 赤松悠実が登場。「Zepp Nambaにようこそー! ほんでライブできる時代、最高ー!」とオーディエンスを歓迎し、1組目のきゃりーぱみゅぱみゅを呼び込みライブがスタート。
きゃりーぱみゅぱみゅ
きゃりーぱみゅぱみゅ
「DE.BA.YA.SHI.2021」が流れ、色とりどりのペンライトが客席で輝く。イースターカラーのダンサー4人が登場し、最後にきゃりー本人が登場!「大阪ー!」と叫び、「キャンディレーサー」「どどんぱ」と、思わず踊りたくなる楽曲を連続でドロップ。キレの良いダンスとキュートな歌声、唯一無二の世界観に一瞬で観客を虜に。曲中は「みんな、踊る準備はできてるー?」「2階も一緒にー!」と叫び、ビートに合わせて右、左と振り付けを全員で踊り、会場を一つにする。
きゃりーぱみゅぱみゅ
MCでは、ジェニーハイとの繋がりが語られる。「ジェニーハイはすごく好きなアーティストで、絵音(川谷)くんとも元々お友達だったり、小籔(千豊)さんともランチに行く仲間で、そこにイッキュウ(中嶋)さんもいたり。ちょこちょこ交流はあったりするんですけど、「ジェニーハイラプソディー」というMVが大好きで、そこから監督をされていた酒井(麻衣)さんに(私の)「かまいたち」のMVを作ってもらうことになりました! それぐらいジェニーハイのクリエイティブが自分にもすごく影響しているので、今日がすごく楽しみです!」と笑顔と気合をみせた。
きゃりーぱみゅぱみゅ
そして「インベーダーインベーダー」「にんじゃりばんばん」「つけまつける」と代表曲を続けて披露。「つけまつける」では、「まだ声は出せないけど、皆で手をあげよう!」「ハイ!ハイ!」とさらに会場を盛り上げる場面も。世界を股にかけるポップ・アイコンとして大活躍中の彼女だが、初めてライブに参加する人にも開かれたエンタメ性の高いライブはさすがだと感じた。なんせ、楽しくて仕方ない。筆者もメモを取りながらついつい体を揺らしていた。
きゃりーぱみゅぱみゅ
2度目のMCでは、「信じられない話なんですけど」と前置きし「実は私、岡山でライブして新幹線に乗って大阪に来ました」と『オーサカジャーニー』がこの日2本目のライブであることを明かす。「1日2回ライブってどう?とマネージャーさんに言われた時は、体力的に無理だろと思ってたんですけど……。何事も人生は挑戦だし経験かなと思って、本日に至ります!」と明るく話す。これには客席から思わずどよめきが起こったが、岡山から大移動したファンがいることも判明。「みんな私を応援してくれる気持ちもすごくあるのかなと思って幸せいっぱいです、ありがとうございます」と感謝を伝えて、新曲「一心同体」を披露。
きゃりーぱみゅぱみゅ
さらに、まもなく訪れるハロウィンにピッタリの「Crazy Party Night ~ぱんぷきんの逆襲~」を経て、「原宿いやほい」でさらに会場を盛り上げていく。1日2本のライブで「ここ(左足のすね)が痛いです」と明るくこぼしつつも、最後の「ファッションモンスター」までダンスのキレは衰えず、息切れもなく、全9曲をバッチリ歌いきった。最高にエンターテイメントでポップでキュートで、ファンとのコミュニケーションも取りながら素晴らしい一体感を作り上げたきゃりー。
ライブ本編が終了すると、今度はトークパートへ。ハードスケジュールについて「本来、その日は岡山なんで無理ですと言っていいんですよ?」と赤松に言われたきゃりーは「そうなんですけど、ジェニーハイと一緒に出たくて……」とジェニーハイ愛を伝えた。
ジェニーハイ
ジェニーハイ
後攻はジェニーハイ。SEからクラップが発生! 「ジェニーハイのテーマ」で川谷絵音(Gt)から登場。1人ずつラップで自己紹介をし、次のメンバーに繋いでゆく。ステージに川谷と中嶋イッキュウ(Vo/tricot)、小籔千豊(Dr)、くっきー!(Ba/野性爆弾)、新垣隆(Key)が横一列に揃い、ダンスを披露。ラストは新垣が「にんじゃり、ばんばん!」ときゃりーを意識した忍者のポーズでキメる。そこから繰り広げられるゆるいトークも彼ららしくて場が和んだ。
ジェニーハイ
続いて、きゃりーも好きな「ジェニーハイラプソディー」を披露。すると、2番では何ときゃりーが登場!  <ガッキーくっきーイッキュウ小籔にきゃりーでジェニーハイ>と歌詞を変え、川谷の隣でメンバーに混じってダンスする。曲が終わると「緊張したー! 嬉しいー!」と歓喜の表情を見せたきゃりー。小籔は「きゃりーさんと対バンさせてもらえるようになるなんてありがとうございます」と感謝を伝え、小籔とくっきー! のツッコミも冴えながら、しばし6人でトークを楽しんだ。
ジェニーハイ
ここからは楽器を持ってバンドサウンドをたっぷり展開。中嶋の伸びやかな歌声が響き渡り、客席からはクラップが湧き起こる。新垣とサポートキーボードの2人で美しくイントロを奏でた「夏嵐」、切なくも不安定なメロディがクセになりそうな「ルービックラブ」、2階席までしっかりと手が上がり一体感を巻き起こした「シャミナミ」と連続でドロップ。ジェニーハイではプロデューサーもつとめる川谷が曲ごとにギターを持ち替え、エフェクターを使って超絶ギターテクを披露する姿はカッコ良くて痺れた。
ジェニーハイ
ジェニーハイ
アーティストやクリエイターとのコラボ曲も多いジェニーハイ。「簡単に言うと(音源を)流そうと思います。流した音と一緒に歌おうと思います」との中嶋の正直すぎる曲紹介に、トークに川谷や小籔からの鋭いツッコミも入りつつ、ゲストボーカルにちゃんみなが参加する「華奢なリップ feat.ちゃんみな」、声優・高野麻里佳が参加する新曲「エクレール」を披露。5人だけとはまた違うサウンドで会場を盛り上げていった。
ジェニーハイ
ジェニーハイ
本編最後は「片目で異常に恋してる」。中嶋と川谷のボーカルがスイッチしたり、くっきー! と川谷が両側から中嶋に近づき、向かい合わせで中嶋を挟んだ状態でベースとギターをかき鳴らす場面も。楽曲の良さもさることながら、5人のキャラとサウンドがそれぞれ完璧に引き立っているところがとにかくカッコいい。
ジェニーハイ
アンコールでは、疾走感のあるロックチューン「ダイエッター典子」を披露。今度はくっきー! と川谷が背中合わせで中嶋を挟み、スタイリッシュなピンクのライトに照らされてバッチリ決めた。
ジェニーハイ
トークパートでは赤松が「カッコ良かった!」と絶賛。再びきゃりーも登場すると、「オーサカジャーニー=大阪旅行」にちなんで、全員で「大阪に来たら、ここがおすすめなんジャーニートーク」へ!
きゃりーはよく打ち上げで利用していたという「コアラ食堂」を挙げ、ナポリタンが美味しいと紹介。小籔に「ご飯食べるためだけに色んなとこ行ったりしてますね」と振られた川谷は、この日は天神橋にあるカレー屋「カルダモン」に朝から並んでカレーを食べてきたと明かす。専門学校に通っていたことから大阪に所縁のある中嶋は、同じくカレー屋の「らくしゅみ」を、小籔は「マドラス」を推していた。
最後にきゃりーは、「大好きな「ジェニーハイラプソディー」に登場して、一緒に踊れたことが本当に嬉しくて幸せな時間でした!」と振り返る。川谷は「最近は、COBACHIカレーがおすすめ」と明かすと、すかさず「最後の挨拶それでええの!?」とくっきー!がツッコミを入れる、笑いの耐えないステージに。記念に全員で撮影を行い、第1回目の『オーサカジャーニー』は幕を閉じた。豪華な対バンで、初回からスペシャルなイベントになったわけだが、次回はどのようなステージが繰り広げられるのか楽しみにその日を待とう。
取材・文=ERI KUBOTA 写真=オフィシャル提供(撮影:松本いづみ)

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着