ユナク(SUPERNOVA[超新星])のビルボ
ード横浜公演に堂珍嘉邦(CHEMISTRY)
がサプライズ登場

SUPERNOVA(超新星)のユナクが10月25日にBillboard Live YOKOHAMAで開催した『YoonHak Billboard Live YOKOHAMA 2022 COVERSONG ✕ BAND & ORCHESTRA』のオフィシャルレポートが到着した

SUPERNOVA(超新星)のユナクが、 10月25日と26日の2日間、 Billboard Live YOKOHAMAで「YoonHak Billboard Live YOKOHAMA 2022 COVERSONG ✕ BAND & ORCHESTRA」を開催した。
昼夜合わせて4公演が行われたこのライブのコンセプトは、 25日が<悲しみ、 別れ、 そして、 愛>を表現したBlue Moon。 26日は<愛と情熱、 そして温もり>のRed Moonということで、 それぞれのテーマに沿ったカバー曲を披露。管楽器や弦楽器、コーラスを加えたスペシャルなバンド編成でMilky(ファンの呼称)を魅了した。ここでは25日の夜公演をレポートする。
スタイリッシュなムードの「東京フラッシュ」(Vaundy)でスタートし、テンポ良く「最愛」(KOH+)、 「ひとり」(ゴスペラーズ)と情感たっぷりな歌声を響かせるユナク。 前回のビルボード公演からは約3年ぶりとなるが、「この緊張感には中毒性があるのかも(笑)」と会場を見渡しながら、 「今日はたくさん笑って、泣いて、幸せな気持ちで帰ってほしいなと思います」と笑顔を見せた。
中盤では、日本で一番尊敬しているアーティストだという玉置 浩二の「行かないで」と「メロディー」を披露。心の底から溢れ出してしまった感情をそのまま音にぶつけるようなボーカルが圧巻で、思わず目頭を抑えるMilkyの姿も見受けられた。
衣装をチェンジして再度ステージに現れたユナクはまず、いろんなアーティストに歌い継がれている韓国の名曲「愛していたけど」(キム・グァンソク)と、 同じく韓国のミュージシャンで日本でも話題になったSHAUNの「Way Back Home」をカバー。 いつか自分なりに表現して歌ってみたいと思っていたという映画「タイタニック」のテーマとしてもお馴染みの「My Heart Will Go On」(セリーヌ・ディオン)は力強さと繊細さを併せ持つボーカルで歌い上げ、 本編はMilkyからのリクエストが一番多かったという「One more time,One more chance」か(山崎まさよし)で締め括られた。
アンコールは、ユナク自身がもともと大好きだという「微笑み天使」(ソン・シギョン)から。 このライブのために仕上げたというアレンジはかなりファンキーなバンドサウンドになっていて、 会場はハッピーなムードで盛り上っていく。
そしていよいよ迎えたラストの1曲は、「いろんな名曲があるけど、名曲といえばやっぱりこの曲かなと。 Milkyが一番喜ぶ名曲を一緒に楽しみましょう!」ということでSUPERNOVA(超新星)の「Shining☆Star」。 エモーショナルな歌い出しのアレンジが大人の色気を醸し出す"ユナク・バージョン"はこの楽曲の新たな魅力を引き出していて、 客席のテンションを最高潮へと誘いながらのエンディングとなった。
「僕は幸せな人間です。最近は業務も多くストレスも溜まっていますが(笑)、こうやってMilkyと会って、 目を合わせて笑ったりすると"生きてるな"って思います。 皆さんのおかげです、 ありがとうございます!」
どんな楽曲をどういうアレンジでお届けしたら喜んでくれるかを、とことん考えた内容であることがダイレクトに伝わってきたライブ。 ユナクはどこかホッとしたような表情で感謝の気持ちを伝え、 大きく手を振りながらステージを後にしていた。
最終日には堂珍嘉邦が駆け付けた。アンコール1曲目「東京フラッシュ」(Vaundy)を披露した直後に、 Red Moonをイメージした赤い花束を持って公演の成功を祝福。 憧れの人の予測していないサプライズ登場に大喜びするユナク。 ユナクからの一緒に歌いませんかという提案に、 堂珍嘉邦も快く応え、 急遽、 CHEMISTRYの楽曲 「君をさがしてた」のデュエットが実現した。 堂珍パートを譲り合う2人が微笑ましい瞬間。 夢にまでみた堂珍嘉邦とのデュエットシーンは、 ユナクにとってもファンにとっても忘れられない時間となった。 来年2月上演の「FLAGLIA project(フラグリア プロジェクト)」ミュージカル版で、 再び2人の姿を見られるのが楽しみだ。
ユナクのソロとしては初となるライブDVDのリリースやバースデーイベントの開催、ミュージカルへの出演など嬉しい情報も多数解禁された。 オフィシャルHPやSNSなどでぜひ詳細をチェックしてみてほしい。
なお、12月2日(金)に誕生日を迎えるユナク。12月1日(木)、 2日(金)と2日間にわたり『3940』と題したイベントの開催が決定。タイトルの『3940』には、共に歩んでくれたMilkyへの感謝(Thank you)と30代最後、そして40代のスタートをMilkyと最高の日にしたいという気持ちが込められているという。
また、作品世界の異なる時代を、アニメとミュージカルで描く「FLAGLIA project(フラグリア プロジェクト)」が始動。「FLAGLIA project」は、オリジナルのファンタジックストーリーで、作品世界の“現代”を描くアニメと、中世風な過去の時代を描くミュージカル、2作同時制作。ミュージカル版は2023年2月3日(金)~9日(木)まで、日本青年館ホールでの上演が決定。堂珍義邦、ユナク、瀬戸利樹 のトリプル主演はじめ、実力派、個性派俳優たちも集結。さらに、ユナクがプロデューサーを務める日韓合同グローバルグループ「NIK」のメンバーも出演し、作品世界をさらに色濃く彩る。
撮影=Akira Saito

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着