「なにわバードマン」の代表・鶴田葵役の足立英 (C)NHK

「なにわバードマン」の代表・鶴田葵役の足立英 (C)NHK

足立英「舞いあがれ!」で舞の大学の
先輩・鶴田葵役 共演2回目の福原遥
は「心がきれいで明るくて元気」

 NHKで放送中の連続テレビ小説「舞いあがれ!」で、ヒロイン・岩倉舞(福原遥)の所属する大学のサークルの先輩・鶴田葵を演じる足立英からコメントが届いた。
 本作は、主人公の舞が、ものづくりの町・東大阪と自然豊かな長崎・五島列島でさまざまな人々との絆を育みながら、空への憧れに向かってまい進する物語。
 鶴田は、個性豊かな部員たちを取りまとめる人力飛行機サークル「なにわバードマン」の代表で大学3回生。元はパイロットを務めていたが、競争選抜で由良(吉谷彩子)に交代した。由良にひそかな恋心を抱いている。
 足立は“朝ドラ”出演が決まったときについて、「すごくうれしかったです。新幹線に乗っていたときに連絡がきたのですが、隣に人がいたので見えないように小さくガッツポーズをしました」と振り返った。
 足立が、芝居の世界に飛び込んだのは、「高校時代に何度か東日本大震災のボランティアに行ったものの、思うほど誰かの力になれなかったと感じたことがきっかけ」だったという。
 「誰かを元気づけられる人になりたいという思いを持っていたときに、朝ドラの『あまちゃん』を偶然見て、これだ! と思って。それ以来、朝ドラがずっと好きで見ています」と明かした。
 演じる鶴田の印象については、「とても優しい人物。常に自分じゃなくてみんなのことを考え、周りを気遣って笑顔を絶やさずに明るく振る舞う人だと思います」と語った。
 収録の様子を聞かれると、「シリアスな場面でも、直前まで自然とワイワイガヤガヤしてしまうほどに現場は楽しいです」と紹介。
 また、「愛知県出身の僕は大阪言葉でのお芝居に憧れていましたが、せりふにないアドリブ部分が難しかったです。大阪言葉に臆してアドリブを出さないのは嫌だったので、どんどん出していき、カット後に『イントネーション、大丈夫でした?』と聞きに行ったら『全部駄目だった』ということもありました」と笑いながらエピソードも語った。
 2回目の共演となる福原については、「心がきれいで明るくて元気で、いるだけでみんなが笑顔になる方です。初共演のときから尊敬しています」とコメント。
 続けて、「福原さんの目のお芝居が好きです。鶴田と岩倉が向き合うシーンでは、僕の芝居を受けてくれているのが目からとても伝わってくるので、その目を見て、僕ももらうものがたくさんありました」と振り返った。

エンタメOVO

新着