神尾晋一郎&濱田めぐみ、竜星涼&ア
ヴちゃん(女王蜂)出演で、朗読劇『
ラヴ・レターズ』を11月に上演

2022年11月、PARCO劇場にて、朗読劇『ラヴ・レターズ~2022 Autumn Special~』が上演されることが決定した。
1990年PARCO劇場での初演以来、俳優やアーティスト、様々なカップルに読み継がれている朗読劇『ラヴ・レターズ』。今回、『2022 Autumn Special』として上演される。
舞台にはテーブルと二脚の椅子。並んで座った二人が、手にした台本を読み上げるだけの2時間。大掛かりな仕掛けも、目をひく照明や音響もないシンプルな舞台。俳優によって、観客によって、同じ作品とは思えないほど全く新しく生まれ変わり、世代、年代、個性に応じて全く新しい『ラヴ・レターズ』が毎公演誕生する。PARCO劇場では、1990年8月19日に幕を開けて以来32年間、このひとつの台本を、年齢も個性も異なる様々な延べ509組のカップルが読み続け、この秋、33年目を迎える。2017年9月、26年間、本作品の翻訳・演出家として469回の『ラヴ・レターズ』と共にあった青井陽治が天に旅立ってしまったが、その思いを継ぎ、本公演も藤田俊太郎が演出する
神尾晋一郎&濱田めぐみ
11月23日(水・祝)には、『世界はほしいモノにあふれてる』のナレーションや『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』毒島メイソン理鶯などのCVを務める声優、神尾晋一郎と、数々の作品でヒロインを演じた劇団四季を退団後も『メリー・ポピンズ』のタイトルロールや『レ・ミゼラブル』のファンティーヌ役など、抜群の歌唱力で日本ミュージカル界をけん引し続けている歌姫、濱田めぐみが登場。
竜星涼&アヴちゃん(女王蜂
11月29日(火)は、2022年NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』のニーニー役の記憶も新しい、映像作品はもちろん、三谷幸喜作・演出『大地(Social Distancing Version)』や劇団☆新感線・いのうえ歌舞伎『狐晴明九尾狩』など舞台でも存在感を放つ竜星涼。そして圧倒的なサウンドとビジュアルでミュージックシーンに衝撃を与え続けるバンド「女王蜂」のボーカルであり、ロック・ミュージカル『ロッキー・ホラー・ショー』や『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』、劇場アニメーション『犬王』への出演など俳優としても活躍の場を広げるアヴちゃんが出演する。
特別な時間を約束する本作に注目しよう。
【Story】
幼馴染のアンディーとメリッサ。自由奔放で感覚人間のメリッサ。真面目でいつも何かを書いているアンディー。思春期を迎えて彼らは一番近い異性としてお互い十分相手を意識しはじめる。しかし、ついに決定的に結ばれるチャンスを迎えた夜、二人は友達以上にはなれない自分たちを発見する。大学を出た二人はそれぞれ結婚し、まったく別の道を歩き始める。海軍を経て法曹界に入り上院議員まで登りつめるアンディー。アートの道に進んだものの行き詰まって精神的破綻をきたすメリッサ。久しぶりに再会した二人は別々に過ごした日々を取り戻すかのようだった。しかし……。

藤田俊太郎 コメント
多岐に渡って大活躍をされている神尾晋一郎さんと舞台人として尊敬する濱田めぐみさん。
大胆で繊細な表現力をお持ちの竜星涼さんと唯一無二の音楽を奏で続けているアヴちゃん(女王蜂)。
素晴らしい2組のカップルで2022 Autumn Special『ラヴ・レターズ』を上演できることをとても幸せに思います。人と出会うこと、人を愛すること、人と別れること、そして人と共に生きること。
アンディーとメリッサ。手紙を読むふたりが、溢れるたくさんの愛を観客の皆様にお届けします。
出演者 コメント
■神尾晋一郎
まさか自分が朗読劇『ラヴ・レターズ』に出演させて頂くことができるとは! 素晴らしい作品に関われる事が本当に嬉しいです。ご一緒させて頂く濱田めぐみさんと共に、素敵な時間をお届けしたいと思います。
皆様のご来場、心よりお待ちしております。
■濱田めぐみ
今回、朗読劇『ラヴ・レターズ』に参加させていただきます。歴代の錚々たるキャストの方々が作り上げてきた沢山の物語。その世界のひとつに自分の感性も参加させて頂ける喜びを感じています。お相手の神尾晋一郎さんとは今回初共演で緊張もありますがどんな世界が作り出せるのか楽しみです!
どうか素敵な時間が過ごせます様に。皆様どうぞよろしくお願いいたします。
■竜星涼
PARCO劇場では、コロナ禍の激化する真っ只中で2年前に立たせてもらった舞台『大地』の本当に奇跡的な公演を覚えています。そしてまだその記憶と興奮が冷めないうちにまたこの場所で、しかも、僕の生まれる前からPARCO劇場で公演しているこの作品に出演できること、とても嬉しく身が引き締まる思いです。20代最後の自分がどのように感じ呼応していくのか今からとても楽しみです。
アヴちゃんの作る世界観、声、センス、ファッション性どれもが目に留まり、大好きです。『ラヴ・レターズ』を一緒に作り上げていく過程でどんな刺激があるのか……きっと想像を超えた楽しい時間になりそうです!
■アヴちゃん(女王蜂)
七年前に劇場で『ラヴ・レターズ』を体感した日から、いつか自分が演じるときを夢見、狙っていました。
あまりに多くの方々が演じ、これからも演じられてゆく「メリッサ」と「アンディー」。
ふたりのことを考えるとあまりに愛おしく、泣けて来てしまいます。
わたしは「メリッサ」を、彼女の幼少期から筆を置く最期の一通、そのあとの魂まで思い切り生きてみたい。
本番は一度きり。はじめまして、竜星さん。伝説の回にしましょう。ご来場をお待ちしています!

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着