GLAY、20年前のアルバム『UNITY ROO
TS & FAMILY,AWAY』をライブで完全再

20年前の2002年9月にリリースされたGLAY 7thアルバム『UNITY ROOTS & FAMILY,AWAY』を全曲披露するホール公演『GLAY Anthology presents -UNITY ROOTS & FAMILY,AWAY 2022-』が、静岡・アクトシティ浜松 中ホールでファイナルを迎えた。
『UNITY ROOTS & FAMILY,AWAY』は、GLAYの中でも情緒的な側面が強い作品ということもあり、リリース当時はツアーを行わなかった。しかし、今のGLAYであればこの作品をちゃんとライブで届けられるというメンバーの想いより、今回のツアーが実施された。会場はクラシック音楽の演奏を最高のレベルで堪能するコンサートホールとして作られた静岡・アクトシティ浜松 中ホールにて開催した。今回はコーラス2名に加え、ストリングス、そしてライブの冒頭とラストには青少年赤十字メンバーである浜松市立高等学校の生徒と東京スクールオブミュージック専門学校渋谷の学生たち26名を従えての合唱を披露するなど、普段のGLAYとは一味違うライブとなっている。
会場は厳かな空気に包まれながら、ストリングに包まれたSEが会場に鳴り響く。メンバーと共にコーラス隊総勢28名がステージに着くと、1曲目は「WE ALL FEEL HIS STRENGTH OF TENDER」。アルバム『UNITY ROOTS & FAMILY,AWAY』1曲目に収録されており、ゴスペル要素の強い、壮大なコーラスワークが印象的なナンバー。そう、このライブは “アルバム完全再現ライブ”。アルバム通りの曲順で全て届ける、そして今のGLAYであればそれが出来る。そんなバンドとしての自信の表れとも言えるオープニングである。TERU(Vo.)の歌声と28名のコーラスが混ざり合い、GLAY流の讃美歌とも言えるパフォーマンスを魅せてくれた。続いては、当時飛行機のCMソングでもあった「またここであいましょう」や、21世紀以降にリリースされたGLAYシングルの代表作とも言える「Way of Difference」を、勿論アルバムの曲順通りに披露。
TERU  Photo by 岡田祐介
アルバム『UNITY ROOTS & FAMILY,AWAY』は前作『ONE LOVE』からわずか10ヶ月後にリリースされており、レコーディングも同時期にニューヨークで行われた作品。『ONE LOVE』はGLAYとしてのロックを強く押し出した作品であるが、この作品はTAKURO(Gt.)の人生を語った作品と言われるほど、情緒的な側面が強い作品に仕上がっている。まさにアルバムとして、1枚を通して聴いてもらうことを前提に作られた『UNITY ROOTS & FAMILY,AWAY』を、厳格な会場で完全再現するライブ。
TERUも「このUNITY ROOTS & FAMILY,AWAYというアルバムがどういう形で伝わるか楽しんできたツアー」と語った。
コロナ禍にGLAYとして自由を説いた16th Album『FREEDOM ONLY』、そして平和と祈りを歌った最新シングル「Only One,Only You」などをリリースしてきた彼らだからこそ、今、20年の時を経て行えるライブと言って良いのではないだろうか。TAKUROは「デビューして6年という大人と子供の狭間のような時期にリリースしたこのアルバムを、当時はどう表現すればよいかわからなかった気がする。20年経って、20年分の愛を込めて皆さんに届けたい」と語り、「夏の彼方へ」をTERUとTAKURO、そしてこのライブのためにウクレレを覚えたという村山☆潤という編成で披露。ここからライブは中盤へ。ツアー中に誕生日を迎えたJIRO(Ba.)が作曲し、今回のツアーに向けて自らアレンジをした「neverland」に続き、「彼らのHOLY X'MAS」、「Father & Son」、「卒業まで、あと少し」と次々に披露し、あっという間にライブは終盤へ。
TAKURO  Photo by 岡田祐介
ライブ終盤では、浜松市立高等学校の生徒と東京スクールオブミュージック専門学校渋谷の学生たち26名がステージに現れ、「Friend of mine」を披露し、残すところアルバムの曲はラストの「All STANDARD IS YOU〜END ROLL〜」のみとなる。アルバム収録音源はラップが入ったりと「All STANDARD IS YOU」のRemix的要素の強いサウンドになっているが、どんなパフォーマンスになるかと思えば、まさかのコード進行から大胆に変えたアレンジver.で臨んできた。まさに20年前のGLAYと、今のGLAYが混ざり合うようなライブパフォーマンス。一瞬新曲かとも思わされるが、耳を傾ければ間違いなく「All STANDARD IS YOU」であり、GLAYらしい完全再現の締めくくりである。
HISASHI  Photo by 岡田祐介
本編がこれで終わるかと思えば、最新曲「Only One,Only You」をラストナンバーとして披露。この楽曲にはTAKUROの平和に対する強い祈りが込められており、リリース当時のインタビューでは、最後のコーラスワークはTERUの歌声が識別できない程、壮大な仕上がりにしたいと語っていた。まさにその言葉通り、総勢28名のコーラスとTERUのヴォーカルが混ざり合うパフォーマンスは圧巻であり、音源では伝わりきらない「Only One,Only You」に込められた想いが音となって会場を包んでいき、「GLAY Anthology presents -UNITY ROOTS & FAMILY,AWAY 2022-」の本編は幕を下ろした。
JIRO  Photo by 岡田祐介
着席での観覧となった今回のツアーだが、「Freeze My Love」から始まったアンコールでは、会場全員が立ち上がり、本編とはまた違った盛り上がりを見せた。TERU(Vo.)の「僕たちはずっとそばにいるし、ずっと続けていきます」の宣言とともに、「TWO BELL SILENCE」そして「BEAUTIFUL DREAMER」を披露し、ライブは終演した。是非、最新曲「Only One,Only You」、そして20年前のアルバム「UNITY ROOTS & FAMILY,AWAY」を今一度聴いてみては如何だろう。そこには20年前から変わらぬGLAYの想いが、途絶えることなく今も続いていることが感じられるのではないだろうか。「Only One,Only You」ミュージックビデオ

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着