The 1975やトーヴ・ローのニューアル
バム、トム・デロング復帰となるブリ
ンク182の新曲などーー『speakeasy
podcast』今週注目の洋楽5曲

海外音楽情報専門podcast『speakeasy podcast』とSPICEの連動企画。毎週金曜日に海外でニューリリースになった楽曲やアルバムの中から、Spotifyの『New Music Friday』のプレイリストやイギリスの『Official UK Charts』などでピックアップされているリストを独自に集計し、MCを務める竹内琢也が特にオススメしたい5曲を紹介。SPICEではニュースが中心のpodcastでは紹介しきれない、楽曲をより深掘りしたコラムをお届けしていく。今週の5組はThe 1975、トーヴ・ロー、ブリンク182、ストームジー、ガール・イン・レッド。リリースまでの背景やアーティストの情報まで網羅できるので、洋楽好きはもちろん、洋楽が気になっている人も要チェック。
今週の気になるニューミュージック5選

●「Oh Caroline」/The 1975

Oh Caroline / The 1975
The 1975のニューアルバム『Being Funny In A Foreign Language』がリリースとなりました。2020年リリースのアルバム『​​Notes on a Conditional Form』以来となる2年ぶり5枚目のスタジオアルバムです。7月にリリースされた「Part Of The Band」を皮切りに、「Happiness」、サマソニで全世界初披露となった「I’ m In Love With You」、9月にリリースされた「All I Need To Hear」と先行リリースされた4曲も収録。アルバムを通して11曲43分32秒という長さは、最初から最後まで通して聴いてもらうことを意図したそうで、過去最短となります。
同作はテイラー・スウィフトとの作業などでも知られる人気プロデューサー、ジャック・アントノフが共同プロデューサーとして参加しており、他にもジャパニーズ・ブレックファストのミシェル・ザウナーやレーベルメイトのベンジャミン・フランシス・レフトウィッチらも参加しています。LCDサウンドシステムの「All My Friends」に影響を受けていると考えられるオープニングの「The 1975」、バンドの王道サウンドとも言える「Happiness」や「I’ m In Love With You」、80’ sフレーバー漂う「Looking For Somebody (To Love)」、「Oh Caroline」、フォークロックの「Part Of The Band」、クリスマスソング「Wintering」、カーリー・ホルトを迎えた男女混声ボーカルの「About You」など様々な曲が収録されています。
マシュー・ヒーリーは「今回は全体的に、The 1975を原点に回帰させたいということだけは分かっていた」と語っています。「これまでで最もコンセプチュアルなアプローチをとった」、「このアルバムから聴き取りたかったのは「写真」なんだ。それは一度きりの出来事を捉えた音であって、二度と再現できない。だから僕らはファースト・テイクを使った」ともコメント。11月からアメリカで同作のリリースツアーをスタートさせ、来年2023年には2016年以来となる単独来日公演も決定しています。

●「Grapefruit」/トーヴ・ロー
Tove Lo - Grapefruit (Official Music Video)
トーヴ・ローの3年ぶり5枚目となるスタジオ・アルバム『Dirt Femme』がリリースになりました。今年5月に初めて自身のレーベルPretty Swede Recordsを通じてシングル「No One Dies From Love」をリリース。同作も同レーベルから流通する初めてのアルバムとなります。アルバムにはホット・バターが1972年にリリースした「Popcorn」をサンプリングした「2 Die 4」や、ファースト・エイド・キットが参加した「Cute & Cruel」、SGルイスが参加した「Call on Me」など全12曲が収録されています。フォーカストラックの「Grapefruit」については、「10年以上この曲を書こうとしてきた」と語っています。
●「EDGING」/ブリンク182

blink-182 - EDGING (Official Audio)
1992年に結成したブリンク182のニューシングル「EDGING」がリリースになりました。10月11日(火)に、2015年に脱退したバンド創設メンバーのひとりであるトム・デロング(Gt.Vo)がバンドに復帰することを発表し、バンド結成30周年の節目に再結成しました。同作は10年以上ぶりにトム・デロング、マーク・ホッパス、トラヴィス・バーカーがスタジオに揃い制作されました。そして過去最大となるワールドツアーの開催も発表。ビリー・アイリッシュやドレイクなどと共同ヘッドライナーを務めるブラジルの『ロラパルーザ』や、グリーン・デイとヘッドライナーを務める『ホエン・ウィ・ワー・ヤング・フェスティバル』など、複数のフェスティバルにも参加。トム・デロングを迎えたラインナップのアルバムとしては2011年にリリースされた『Neighborhoods』以来となる新しいフル・アルバムも制作中とのことです。
●「Hide & Seek」/ストームジー
Hide & Seek
ストームジーが新曲「Hide & Seek」をリリースしました。ストームジーは2017年のデビューアルバム『Gang Signs & Prayer』、2019年のセカンドアルバム『Heavy Is The Head』と連続でUKアルバムチャート1位を獲得し、2019年の『グラストンベリー・フェスティバル』にはヘッドライナーとして出演するなど、現代UKを代表するラッパーです。今週約3年ぶりとなるニュー・アルバム『This Is What I Mean』を今年11月25日(金)にリリースすることを発表しており、新作はこのアルバムからのリードトラックとなっています。今回のアルバムは「エセックス州ブラックウォーター川にある、干潮時に1日4時間だけアクセスできるオシー島で行われた音楽合宿で創造力を高め生まれた」とストームジーは語っています。

●「October Passed Me By」/ガール・イン・レッド
girl in red - October Passed Me By (Official Audio)
ノルウェー出身のシンガーソングライター、ガール・イン・レッドが新曲「October Passed Me By」をリリースしました。ビリー・アイリッシュの実兄フィニアスを共同プロデューサーとして迎え制作した、2021年のデビューアルバム『if i could make it go quiet』以来となる新曲です。秋をテーマにした同楽曲は、アメリカのインディー・ロックバンド、ザ・ナショナルのアーロン・デスナーがプロデュースを手掛け、代表曲「we fell in love in october」をアーロン・デスナーと披露したライブ映像も公開中。2023年1月には待望の初来日公演も決定しています。
10月14日(金)配信の『speakeasy podcast』(#211)では、ほかにも今週の様々な音楽ニュースを取り上げていますので、お時間ある時に聴いてみてください。
文=竹内琢也

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着