七海ひろき、Zeppライブツアーファイ
ナル公演 オフィシャルレポートが到

七海ひろきが3都市を巡るZeppライブツアー『HIROKI NANAMI ZEPP LIVE TOUR “COLORS”』神奈川公演が、2022年10月7日(金)にKT Zepp Yokohamaにて、昼・夜の2公演開催された。
七海のさまざまな色をファンに届けたいという思いにちなんで“COLORS”の名を冠したライブで、どのような一面を観客に届けてくれたのか。本稿では、ツアー最終公演となった神奈川・KT Zepp Yokohama 夜公演の模様をレポートする。
Photo:kamiiisaka
暗闇の中で期待感を煽るovertureが流れ、まばゆく青く光るライトと共に、ツアータイトルを象徴するかのような色鮮やかなジャケットと煌びやかなストールを身に纏った七海がステージに登場。
ミニアルバム『FIVESTAR』の収録曲「DARKNESS」の疾走感溢れるロックサウンドで会場のボルテージを一気に上げていく。自身の葛藤や闘いを表現したこの曲は、これからも俳優・声優・アーティストとさまざまな舞台で挑戦していくという七海自身の決意表明のようにも感じた。
そして、「己 信じきって さあ!」と力強く歌い上げ、七海が手を振り下ろすと同時に紗幕が降り、改めてライブの幕開けを告げる。
続いて歌唱した「花に嵐」では、華麗なダンスを披露。甘い歌声と手を差し伸べるような振り付けで観客を七海ワールドへと誘い、「もう一度・・・」をしっとりと歌い上げ一息つくと、パフォーマンス中のクールな表情から一変、「ついに、最終公演!盛り上がっていくぞー!」と笑顔で会場を盛り上げた。
「今回のツアータイトルはCOLORSということで、七海ひろきの様々な色を届けます!オリジナル曲に加え、カバー曲にも挑戦して、色んな自分を見せたいと思っています!」と宣言し、鈴木雅之の「夢で逢えたら」、尾崎豊の「僕が僕であるために」、平井堅の「POP STAR」の3曲をカバー歌唱。
それぞれの楽曲の魅力を活かしながらも七海ならではの表現やステージングにより、楽曲が様々なCOLORに染まっていく。
Photo:kamiiisaka
今回のツアーでカバーした楽曲への想いや選曲した経緯をそれぞれ語ると、今度は会場別に異なるカバー楽曲を披露。今回の横浜公演では、グルーヴィーなサウンドが印象的なTM NETWORKの「Get Wild」を歌唱した。
七海のオリジナル曲とはまた趣の異なる楽曲を、ソウルフルに歌い上げるステージでの一面に、思わず引き込まれてしまう。
続く、THE BOOMの「風になりたい」では、肌寒くなってきた時期に夏の風を感じさせるような爽やかな歌声を響かせると、間奏ではクラップタイムを挟み、観客と共にさらに会場を盛り上げていく。声は出せなくても、マスクから溢れ出る表情や拍手、ペンライトを振る観客の姿に楽しんでいる雰囲気を大いに感じられた。
その後のMCでは、ライブグッズのうちわを取り出すと、自由にメッセージを入れられる仕様になっている裏面に何を入れたのかと観客に問いかけ、書かれていた「大好き」「ウインクして」といった熱烈な要望に応えるなど、会場を沸かせていた。
一呼吸置いて、ステージセンターに配置された椅子へ腰をかけると、憧れの人への切ない想いが綴られたオリジナル曲「ポラリス」とDISH//の「猫」をカバーし、会場を七海の柔らかく優しい歌声で包み込む。続けて菅田将暉の「さよならエレジー」と「ラビリンス」のロックチューン2曲で雰囲気をガラリと変え、バンドのアグレッシブな演奏が熱を注ぐ中、スタンドマイクを前に力強く心震えるパフォーマンスを披露した。
「ラビリンス」の曲中にバンド紹介を挟み、その後のMCでは、声が出せないこのご時世でも観客と一緒に楽しめるようにと七海自身で考案した「スタイリッシュコールアンドレスポンス」を実施。今回の神奈川・夜公演では、七海が投げキッスをし、観客が両手で受け取るといった掛け合いを繰り広げ、会場を和ませつつ、ファンの心を鷲掴みにした。
その後、七海が声優として出演したTVアニメ「かげきしょうじょ!!」のEDテーマ「星の旅人」、自身の宝塚退団公演でも披露したというflumpoolの「星に願いを」を歌唱し、様々な七海のCOLORに魅了されていると、あっという間にライブは終盤戦へ。
「カバー曲をたくさん披露してきましたが、最後の2曲はオリジナル曲で盛り上げていきたいと思います!最後まで盛り上がっていこう!」と観客を沸かせると、ジャジーなピアノの音色が響くと共に「Ambition」を軽快なターンやステップで魅せつけた。
そして間髪入れず本編最後に披露されたのは「START!!」。
ライブタイトルの"COLORS"を表現したかのようなカラフルなレーザーと照明が飛び交う中、強く拳を振り上げる七海に合わせて観客も力一杯ペンライトを振り、会場の一体感は最高潮となっていた。
"自分が何の為に 生まれてきたかなんて 最後の瞬間まで探し続けるんだ"、"たった一度の人生 誰のものでもない"と、ありのままの想いを詰め込んだ自身作詞の楽曲で、これからも果敢に前進し続けるのだという、七海の強い意志を歌に込め、本編は幕を閉じた。
Photo:kamiiisaka
観客からの鳴り止まない拍手によるアンコールに応え、再びステージに現れると、「Special summer」を披露。タオルを振りながら、元気よく「最後まで熱く燃えていこう!」と観客を鼓舞すると、会場全体を笑顔にした。
ここでこれまでの歩みを振り返り、「今までのライブはステージで歌うことで精一杯だったけど、今回のツアーではみんなと心を通わせて、応援してくれる気持ちをしっかり受け取りながらステージに立つことが出来ました。自分が、俳優・声優・アーティストといった表現者である限り、それぞれのペースでみんなについてきてほしいと思っています。これからも一緒に歩んでいきたい皆さんに届けます。」と大切なファンに対する溢れる気持ちを述べ、披露したのは七海が主演を務めるドラマ『合コンに行ったら女がいなかった話』の挿入歌で10月21日にデジタルリリースする自身作詞の新曲「2人の物語」。
甘酸っぱい、ロマンティックなポップスを聴かせながら、七海が大きく手を振ると観客のペンライトの灯りも一斉に揺れ、キラキラした空間を作り上げた。
「みんな、本当に本当にありがとう!」と力いっぱいの声で伝えたあと、ツアーのラストソングに選ばれたのは「ありがとう」。このツアーでの出逢い、そして日頃支えてくれているファンへの気持ちを歌に込めて、間奏中も「今日は本当に来てくれてありがとう!」と心からの感謝を伝え続けた。
そして別れを惜しむようにステージを端から端まで歩き、大きく手を振りながら観客と笑顔を交わしステージを後にした。
ロックチューンからバラード、カバー楽曲など異なるジャンルの楽曲に挑戦し、ステージを彩り続けた今回のライブでは、"様々な七海ひろきのCOLOR"という無限の可能性を見せつけられた。
宝塚という自身の核となる場所から、俳優、声優、アーティストといった多方面で表現者として進化を続ける七海が、この先どんなパフォーマンスを見せてくれるのか、今後も目が離せない。
生配信も行った本公演は、Huluにて10月8日(土)18時〜10月17日(月)23時59分までアーカイブ配信中。ここでしか見ることのできない、アフタートークもあるので、ぜひチェックしてほしい。
Photo:kamiiisaka

七海ひろき Zeppライブツアー『HIROKI NANAMI ZEPP LIVE TOUR “COLORS”』10月7日(金)KT Zepp Yokohama 夜公演 セットリスト
1. DARKNESS
2. 花に嵐
3. もう一度...
4. 夢で逢えたら/鈴木雅之(カバー)
5. 僕が僕であるために/尾崎豊(カバー)
6. POP STAR/平井堅(カバー)
7. Get Wild/TM NETWORK(カバー)
8. 風になりたい/ THE BOOM(カバー)
9. ポラリス
10. 猫/DISH//(カバー)
11. さよならエレジー/菅田将暉(カバー)
12. ラビリンス
13. 星の旅人/渡辺さらさ(CV.千本木彩花) ✕ 奈良田 愛(CV.花守ゆみり)(カバー)
14. 星に願いを/flumpool(カバー)
15. Ambition
16. START!!
<アンコール>
17. Special summer
18. 2人の物語
19. ありがとう

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着