『TRIANGLE'22 Acoustic Resort』Da
y.2 全国屈指のリゾート福岡糸島で
初開催された珠玉のアコースティック
フェスをレポート

『TRIANGLE'22 Acoustic Resort』Day.2

2022.09.04(sun) 福岡県糸島市 福岡LASPARK RESORT内特設ステージ
“原点回帰”と“新しい挑戦”というテーマを掲げ、会場と内容の異なる3イベント9公演を行ってきた『TRIANGLE'22』も最終日。福岡県糸島市の福岡LASPARK RESORT内特設ステージにて開催された『TRIANGLE'22 Acoustic Resort』2日目は、昨日の大雨が嘘だったかのように青空が広がり、太陽が眩しく照らす絶好のフェス日和! 青々とした山と美しい海岸線の見える会場にテンション上がる中、この日も豪華ラインナップによるアコースティック編成でのスペシャルライブが目白押し。『TRIANGLE』が通常開催出来なかったことも含め、まだまだ我慢が強いられた2022年の夏。出演者にとっても観客にとってもそんな今年の夏の最高の思い出となったであろう、『TRIANGLE’ 22』の締めくくりに相応しい盛り上がりと感動を生んだ、2日目をリポートする。
KUZIRA 撮影=タカギユウスケ
KUZIRA 撮影=タカギユウスケ
眩しい太陽が照らすステージに、ハットとサングラスに浮き輪姿という、リゾート感満点のスタイルの末武竜之介(Vo&Gt)が登場。おもむろにギターをかき鳴らしてひと節歌うと、「KUZIRAです、お願いします!」と挨拶。爽やかなアコースティックサウンドと抜けるような歌声を青空に響かせた「Backward」で、2日目の幕を明ける。「気持ちいい! 超気持ちいいんだけど!!」と笑顔を見せた末武は、「初めてアコースティックライブするんだけど、KUZIRAの曲合うっしょ? ビールでも飲みながら聴いて下さい」と観客に語りかけ、缶ビールを掲げて乾杯!
KUZIRA 撮影=タカギユウスケ
KUZIRA 撮影=タカギユウスケ
「最新アルバム『Pacific』から1曲やります。海のように大きくなれたら波のように優しくなれたらという曲です」と次の曲を紹介する末武に、「10-FEETやん!」と熊野和也(Ba&Vo)がツッコミを入れたりと楽しい雰囲気から、ミディアムな「Pacific」をのびのびとした歌と演奏で披露すると、「いい曲でしょ? こっちの方がいいかもね」と嬉しそうに笑う。末武の弾き語りから始まった、切なくエモーショナルな「Sad(Regrets)」、予定になかった「Together Forever」など楽しく気持ちよく演奏した3人は、「A Sign of Autumn」で美しいハーモニーを聴かせ、「こんなもんかね?」とラスト「Snatch Away」を披露して、満足そうにフィニッシュ。KUZIRAにとって初となった貴重なアコースティックライブは終始、温かく楽しい雰囲気に包まれていた。
キュウソネコカミ 撮影=タカギユウスケ
キュウソネコカミ 撮影=タカギユウスケ
雑談しながらワイワイと音合わせをしていたと思うと、ぬるっとキュウソネコカミのライブがスタート。爽やかで軽快なアレンジの「ビビった」を美しいバンドアンサンブルで聴かせていると、「我慢できない!」とばかりにギターを置いてステージ前方に飛び出したヤマサキ セイヤ(Vo&Gt)がぴょんぴょん飛び跳ね、観客の手振りを煽る。「いつも激しくやっとるから、ちゃんと歌を聴いてもらってる気がするな」と嬉しそうに笑うセイヤ。「アコースティックってあんまりやったことないから、全部を詰め込みたくなるな」の言葉に、ここからの展開も期待してしまう。
キュウソネコカミ 撮影=タカギユウスケ
キュウソネコカミ 撮影=タカギユウスケ
ヨコタ シンノスケ(Key&Ve)の奏でる鍵盤ハーモニカの音色が絶妙なアクセントとなった「推しのいる生活」から、「一番の挑戦曲! 全員の美声に注目して下さい」と始まった曲は、RIP SLYMEのカバーで「楽園ベイベー」。4人がマイクを繋ぎ、演奏しながらのラップに挑戦したこの曲。しっかり歌えてたし、グルーヴも出てたし、なにより会場の雰囲気と抜群にマッチして、めちゃくちゃ楽しい! 「意外といけたな」と安心した表情で語るソゴウ タイスケ(Dr)にフィールドから拍手が起き、満足そうな4人。ジャジーなアレンジの「お願いシェンロン」でセイヤがかめはめ波や元気玉のポーズを決めると、ラストは「The Band」「また明日」をしっかり聴かせてフィニッシュ。緩急付けた満足度の高いステージに、「良いバンドだなぁ!」と改めて思わされた。
FIVE NEW OLD 撮影=サトウアイコ
FIVE NEW OLD 撮影=サトウアイコ
暑く熱いフィールドに涼しく爽やかな風が吹き付ける頃、会場の雰囲気にピッタリな美しい演奏と綺麗なハイトーンを響かせた「Hallelujah」で、ライブをスタートしたFIVE NEW OLD。「いい天気でよかったね、本当に。いつもと違った非日常的な素晴らしい場所で、僕たちの音楽を楽しんでって下さい」とHIROSHI(Vo&Gt)が挨拶すると、「What’ s Gonna Be?」に明るくクラップを合わせて、「Ghost In My Place」の心地よいグルーヴに体を揺す観客がステージに酔いしれる。
FIVE NEW OLD 撮影=サトウアイコ
FIVE NEW OLD 撮影=サトウアイコ
その反応に「アコースティックやるのはすごく久しぶりですけど、みんな楽しんで下さってるので残りの時間も楽しめると思います」とHIROSHIが微笑み、明るくハッピーな「Happy Sad」、アコースティックで演るのは初めてだという「Perfect Vacation」を披露。「みなさんにとって、こうして一緒に過ごしてる時間がいつもと違った彩りになっていれば良いなと思います」と始まった終盤戦は、「Summertime」、「Don’ t Be Someone Else」と続く。心地よい音楽が会場を優しく包み込み、大自然に囲まれた会場がより美しく輝いて見え、緩やかに穏やかに時間が流れていくような、至福の時間だった。
かりゆし58 撮影=サトウアイコ
かりゆし58 撮影=サトウアイコ
温かみあるアコギサウンドと個々に歌いかけるような前川真悟(Vo&Ba)の優しく力強い歌声で、1曲目「ホームゲーム」から心穏やかに安心してライブが楽しめるホーム感を生んだ、かりゆし58。近所のおっちゃんを歌った「まっとーばー」でホロリとさせてと、バンドサウンドより身近さやなまめかしさを感じる、アコーステックの利点を存分に活かしたステージで観客の心をガッツリ掴む。「福岡のローカル感があるこの町に来させてもらったので、自分の地元を歌ったみたいな曲ばっかりやらせてもらおうかなと思ってます」と始まった「電照菊」も、いつも以上に歌や歌詞を噛み締めて聴くことができ、景色や心象風景が鮮明に頭に浮かぶ。
かりゆし58 撮影=サトウアイコ
かりゆし58 撮影=サトウアイコ
愛と温もりに溢れた「アンマー」、親友に語りかけるような「ユクイウタ」と続き、限りなく近しいところから鳴らされるギターと歌声にどっぷり浸ってると、始まったラストは「オワリはじまり」。牧歌的な演奏に乗せた、美しいメロディと歌詞に切なさと郷愁感のあるこの曲。個人的に聴くたび涙腺が緩んでしまう大好きな曲だが、もうすぐ陽が暮れて楽しすぎる一日が終わることの寂しさと、頬に吹き付ける夏の終わりを予感させる涼しい風といった、この瞬間の気持ちやシチュエーションとあまりにハマりすぎてて、溢れる涙が止まらなくなってしまった。優しく温かい彼らの人間的魅力や、楽曲の素晴らしさを存分に感じさせるステージだった。
OAU 撮影=タカギユウスケ
OAU 撮影=タカギユウスケ
地鳴りのようなドラムとパーカッションのリズムでメンバーが登場し、1曲目「Old Road」で幕を開けたOAUのステージ。MARTIN(Vo&Vn& AG)の歌に楽器隊が音を重ねると歌と演奏が熱を帯びていき、世界が開けていくように壮大に広がっていく。MARTINのバイオリンやTOSHI-LOW(Vo&AG)の歌声が彩りを添え、楽曲がさらに豊かに力強く展開していくと、観客の力強い拳が上がる。「こころの花」では力強く温かいTOSHI-LOWの歌声に自然発生的に拍手が起こり、序盤から強い一体感が生まれた会場。そして始まった曲は「世界は変わる」。<今日からまた歩き出そう>と一人ひとりに届けた、前向きなメッセージが胸に響く。
OAU 撮影=タカギユウスケ
OAU 撮影=タカギユウスケ
Peach Melba」、「Again」、「Making Time」と続き、熱いステージに心躍らせながら、フォークにアイリッシュにカントリーにと様々な音楽スタイルを取り入れた独創性と唯一無二の存在感にひたすら感動させられた中盤戦。「アコースティックって、熱い音楽なんだよ」と告げたTOSHI-LOWは、「俺たちは一瞬に賭けてるんだよ。なぜかっていうと、その一瞬がいつ終わってしまうか分からないから」と言葉を届ける重要さを丁寧に話し、ラストは郷愁感あるイントロとTOSHI-LOWの歌声でゆっくり優しく始まった「帰り道」で温かく会場を包み込む。胸に染み入るメロディや言葉たちに酔いしれながら、日常に戻ってもいまこの瞬間の温かく優しい気持ちを絶対に忘れたくないと思った。
九州DJ大作戦 : TOKYO TANAKA(MAN WITH A MISSION
九州DJ大作戦 : TOKYO TANAKA(MAN WITH A MISSION) 撮影=松尾凌太
九州DJ大作戦 : TOKYO TANAKA(MAN WITH A MISSION) 撮影=松尾凌太
続いては、2017年にTOKYO TANAKA(MAN WITH A MISSION)が、九州北部豪雨被災地支援を目的に発足した、九州DJ大作戦とのコラボステージ。初日に弾き語りで登場した片平里菜に続き、2日目にDJで登場したのは、このプロジェクトの発起人であるTOKYO TANAKA。
九州DJ大作戦 : TOKYO TANAKA(MAN WITH A MISSION) 撮影=松尾凌太
九州DJ大作戦 : TOKYO TANAKA(MAN WITH A MISSION) 撮影=松尾凌太
ビーチリゾートによく似合うレゲエチューンでゆるりとDJを始めると、「キョウハコンナカンジナノデ、オサケデモ、カイニイッテクダサイ」とアナウンスし、お酒を飲みながらのびのびと楽しくプレイに興じる。自身の代表曲である「FLY A WAY」を生歌付きで披露したり、この日限りのスペシャルな演出も観客を大いに喜ばせた。
G-FREAK FACTORY 撮影=松尾凌太
G-FREAK FACTORY 撮影=松尾凌太
だんだんと陽が落ち始め、会場が涼しくなって来た頃。ステージに登場したのは、G-FREAK FACTORY。1曲目「Unscramble」から、ゆったりしたレゲエサウンドや絞り上げるような茂木洋晃(Vo)の歌声、印象的な鍵盤の音が夕暮れ時の会場とばっちりマッチし、会場中が手を上げて、心地よさそうに体を揺らす。軽快な曲調に茂木のラップも痛快な「日はまだ高く」でさらに踊らせると、「こんだけ人がいたら価値観それぞれだと思うけど、全部が正解だし、全部が間違いだと思う。だから次のとこ行こうよ。互いに信じ合うことこそが、次に向かうべきところだと思います」と茂木が告げ、熱いメッセージを込めた「Fire」へ。温かみあるアコースティックサウンドに熱い魂を乗せ、<Keep on fire>と願いを込めて高らかに歌う。続く「EVEN」では片平里菜をゲストボーカルに迎えて、「見て下さい、この美女と野獣感!」と笑いながら、力強く愛と希望に溢れたハーモニーを聴かせる。
G-FREAK FACTORY 撮影=松尾凌太
続いて、「コロナや戦争、災害でこの先真っ暗になっちまってる日本の中で、ほんのささやかな娯楽を求めて、俺たちは旅をしています」と現在を憂うMCから、未来を担う子どもたちをステージに上げた茂木。ゲストに迎えたMARTIN(OAU)の切なく優しいバイオリンの音色で始まった曲は「ダディ・ダーリン」。曲中、TOSHI-LOW(OAU)も飛び入りし、凄まじすぎるツインボーカルで平和を願う熱いメッセージを届けたこの曲。まさに太陽が西の山を突き刺して一日を終える頃、祈るように願うように歌う言葉たちが胸にグサグサと突き刺さり大号泣。この暗闇を抜けて、子供たちが明るい未来を想像出来る世の中になりますように。いや、そんな世の中をみんなで作れますように。僕だけでないメッセージを受け取った全ての人がそう思ったはず。ラストはボサノヴァ風にアレンジされた「FLARE」を披露すると、茂木が熱い後説ラップで「次のフェーズに行こうぜ」とメッセージを残し、ガッツリ爪痕を残してステージを去った。
SHANK
SHANK
SHANK
2日間に渡って行われた『TRIANGLE'22 Acoustic Resort』の大トリであり、3イベント9公演を行ってきた『TRIANGLE'22』を締めくくったのは、九州は長崎出身のSHANK。大トリのプレッシャーを感じさせない軽快さでステージに登場すると、ゆったり力強い歌とギター、タイトなリズム隊による「Surface」でライブスタート。庵原将平(Vo/Ba)が「ブタゴリラとジャイアンが出た後にスネオが出てきた」と自己紹介して観客を笑わせると、バンドの持ち味である痛快さと爽快さを併せ持った「Rising Down」でフィールドを沸かす。ライブハウスさながらのドライブ感ある演奏に観客の拳が上がった「Smash The Babylon」で、こんなアコースティックスタイルもアリなことを証明すると、「Movie」ではアコースティックならではのどっしりした歌と演奏でしっかり魅せる。
SHANK
SHANK
「SHANKの曲飽きたんでカバーやります」と、斉藤和義の「僕の見たビートルズはTVの中」のカバーを披露したり、庵原がギターを演奏して「Set the fire」を披露したりと、この日ならではのレアな展開で楽しませた彼ら。「あと残り10分もあるけど1曲しかない! 巻いて終わるのもなんやから、なんかやろう」と、急遽セトリに組み込まれた「Good Night Darling」では、庵原が池本雄季(Dr/Cho)とサポート参加のDanablu・ニシウラシュンスケ(Ba)に「お前らは見とけや!」と告げ、幻想的な青白い照明に照らされながら松崎兵太(Gt/Cho)と2人で演奏。ラスト「Honesty」は池本がカホンを叩いて温かみのある演奏を聴かせ、アットホームな雰囲気の中で大団円。「あ~、楽しかった!」とみんなが笑顔で楽しく迎えたエンディングは、ファミリー感ある『TRIANGE』にぴったりだなと思った。
SHANK
全てのアクトが終わり、夜空を彩る大きな花火を見ながら、楽しすぎた2日間を思い出す。ももち海浜公園での通常開催がわず、初めて行う会場で、全てのバンドがアコースティック編成でライブを行うという、苦肉の策から生まれたこのフェスだったが。結果としては他にない、本当に楽しく貴重で贅沢なフェスになったと思う。アーティストたちの普段は見れない姿や表情に身近で触れることが出来て、アコースティックでの演奏にバンドや楽曲の良さを改めて確認したり、新たな魅力に気付くことが出来て。ライブハウスや他のフェスには決して無い面白さが、このフェスにはあった。来年の『TRIANGE』は、ももち海浜公園で完全復活出来ることを心から願うし、心から祈るが。それとは別途で『Acoustic Resort』も開催してくれないかな? と、本気で思う。来年も見たい。

取材・文=フジジュン

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着