【おすすめDVD】「死の谷間」は現在Blu-ray版にDVD同梱したものがハークより発売中(販売元 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント・HKBO-81356)※画像は2018年発売「死の谷間」レンタル専用版(販売元 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント ・HKRD-81356 )

【おすすめDVD】「死の谷間」は現在Blu-ray版にDVD同梱したものがハークより発売中(販売元 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント・HKBO-81356)※画像は2018年発売「死の谷間」レンタル専用版(販売元 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント ・HKRD-81356 )

16本目・『死の谷間』:杉作J太郎のD
VDレンタル屋の棚に残したい100本の
映画…連載41

杉作J太郎の

DVDレンタル屋の棚に残したい100本の映画
16本目・『死の谷間』 恋の終わりは突然訪れるものだ。
「半年後でよろしくおねがいします」
 とかいうものではない。
「こころの準備が必要ですのでね、喪失感で潰れてしまわないように、なにか支えになる趣味とか、いや、もっと打ち込めるものを。茫然自失せずにすむなにかをいまから用意しておきたいので半年間、時間をください」
 というわけにはいかない。
 一瞬一秒も関係していたくないほど嫌いになってるのかもしれない。
 人間の気持ちというのは不思議なものだ。大好きだったものが大嫌いになる。その逆で大嫌いが大好きになることもある。
 そしてもうひとつ。新しい別の人を好きになってしまったときにもひとつの別れが用意される。
 二人、三人、四人、五人。同時になんにんもの人を愛せる人もいるだろう。ただ、相手がそれをよしとするかどうかはわからない。
 映画『死の谷間』にもまさかの別れが訪れそうになる。
 出会い自体も不思議な感じだった。
 核戦争かなにかで大気汚染された地球上に、もう人類はほとんどいなかった。
 いや、もう、ひとりしかいない感じであった。
 そのひとりというのが山間の町でたったひとり、暮らしている、というより、生きている、という言葉のほうがあっている。
 ひとりぼっちで生きているマーゴット・ロビーであった。
 画面の中にいるのはマーゴット・ロビーただひとり。
 回想シーンもない。
 なにか犬か猫かヤギみたいな動物と暮らしていたがすみません。記憶にない。私的にはマーゴット・ロビーだけを見ていた。
 できれば声も聞きたいが話す相手がいないのでマーゴット・ロビーは朝から晩まで黙っている。なにも喋らない。
 夜が更けたらレコードを聴く。
 そして眠る。
 犬だったかな。犬だったような気がしてきた。ま、犬すらも私にとっては邪魔もの。恋敵であった。
 そんな私(観客、あるいはビデオを借りてきて家で見ている私またはあなた)の幸せな時間はひとりの闖入者によって壊される。
 科学者だったかな。キウェテル・イジョフォーだ。
 他の映画で見るキウェテル・イジョフォーはすっきりした現代青年だったがこの映画ではヒゲづらのヤボテンだ。たったひとりで放浪してきたので若い頃の山城新伍がヒゲぼうぼうになってるかんじだ。
 当然警戒するマーゴット・ロビーであったが地上にたったふたりしかいないかもしれない雰囲気である。
 親密にはなる。ま、そんなにいやなやつでもないのだ。ヤボテンで気が利かないだけで若干、陰気で生真面目なやつなのだ。見た目的にも観客のヒートは買ってない。
 触れるのが遅くなったが、マーゴット・ロビーは当然素晴らしい!
 彼女の出演作で彼女は常にすてきであり、かわいらしかったり、きれいだったりするが、この作品はそういう意味で最高傑作である。
 なんといっても彼女しか出ない時間が冒頭からしばらく続くのだ。私は画面に向かって言ったかもしれない。
「大好きです」
 だが目の前にしたら私には言えないだろう。臆してしまいそう。いや、それよりなにより、ふたりぼっちという状況に甘えてアタックするのはみっともない。
 若干陰気で生真面目な山城新伍もまた、そうは言わなかった。ま、この男ならいいでしょう。許す。私ら観客サイドがそう思った瞬間、もうひとりの生き残りが現れる。
 イケメンである。
 爽やか。
 陽気。
 ハンサム。
 おまけに最初からもうセックスを視野に入れている。
 この映画にはたった三人しか人間は出てこないが、世の中、こんなものだ。男女を逆にすれば女性にも共感は呼べるだろう。いるんだよなー、いつの世にもすべてをかっさらっていくどあつかましいいやなやつが!
 はたしてこの恋の終わりはどう展開するか?
 ご期待ください。
『死の谷間』(2015年/アメリカ合衆国、スイス、アイスランド、ニュージーランド合作)
出演/マーゴット・ロビー、キウェテル・イジョフォー、クリス・パイン
脚本/ニッサー・モディ
撮影/ティム・オアー
音楽/ヘザー・マッキントッシュ
監督/クレイグ・ゾベル
<隔週金曜日掲載>

記事バックナンバー:https://wp.me/p95UoP-ik
【おすすめDVD】「死の谷間」はBlu-ray版にDVD同梱したものがハークより発売中(販売元 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント・HKBO-81356)※画像は2018年発売「死の谷間」レンタル専用版(販売元 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント ・HKRD-81356 )
https://books.rakuten.co.jp/rb/15569283/
杉作J太郎監督作品『怪奇!!幽霊スナック殴り込み!』&『任侠秘録人間狩り』が、Google Play/Rakuten TV/prime video/J:COM/ひかりTV/dTV/ビデオマーケット/GyaOストア/DMM.com/ムービーフル+/VIDEX 各社配信されております。お時間のある方はぜひいかがでしょうか。
杉作J太郎(杉作J太狼XE) twitterアカウント
https://twitter.com/otokonohakaba杉作J太狼XE監督作品 映画「チョコレートデリンジャー」twitterアカウント
https://twitter.com/choco_derri2017
・雑誌、実話BUNKA超タブー(月刊/毎月2日発売 10月号特別号につき休載、10月発売の11月号で再開予定)でコラム「熱盛サウナおやじの伝言」連載中! (電子書籍版や一部定額読み放題サイトでバックナンバーもお読みいただけます)
・発売中「文藝別冊 高倉健」(河出書房新社)に杉作J太郎書き下ろしの詩が掲載されています。

【著者最新刊のお知らせ】
よるひるプロから「杉作J太郎詩集」が発売されました。よるのひるね店頭、中野・タコシェ、新宿紀伊國屋書店本店、神田三省堂、池袋ジュンク堂、池袋三省堂、松山市モア・ミュージックなどでも店頭販売予定です(在庫切れの場合はご容赦ください)。また、一般書店からも書名と版元を伝えて「地方・小出版流通センター経由で」と言えば取り寄せが可能です。なお通販は「よるのひるね」のBASE通販サイトで。なお、楽天ブックスやamazonにも取扱あり。
https://yorunohirune.base.shop/
https://books.rakuten.co.jp/rb/17001939/
【ラジオのお知らせ】
週に4回!! 愛媛・南海放送ラジオで「杉作J太郎のファニーナイト」放送中。火・水・木/19:00~21:30, 土/21:00~23:00。アプリ「radiko」のプレミアム会員なら日本全国でOK、タイムシフト(あとから聴くこと)もできちゃう! ラジオの未来のためにもみんな聴いてね!
◎ラジコプレミアム詳細:http://radiko.jp/rg/premium/
◎番組詳細:https://www.rnb.co.jp/radio/j-taro7/
◎番組twitter:https://twitter.com/jtaro_night
【杉作J太郎サミット(配信)】
9/26(月)20時から23時まで3時間 ~出演者~出雲にっき(ひだりききクラブ/すずめ園(ひだりききクラブ)/杉作J太郎
★杉作J太郎サミットオンラインチケットはこちらから。
https://blog.rnb.co.jp/matsuyamasummit/
【杉作先生のLINEスタンプ】
発売中です。なんと、キャラクターが動くのです。これは衝撃!
「動く!杉作J太郎のあなたに捧げるスタンプ」
https://store.line.me/stickershop/product/1293340
動かないほうがいいという方はこちら。
「杉作J太郎の あなたの笑顔が見たいスタンプ」
https://store.line.me/stickershop/product/1295630
【杉作J太郎:プロフィール】
すぎさく・じぇいたろう
漫画家。愛媛県松山市出身。自身が局長を務める(男の墓場改め)狼の墓場プロダクション発行のメルマガ、現代芸術マガジンは週2回更新中。著書に『応答せよ巨大ロボット、ジェノバ』『杉作J太郎が考えたこと』など。
【おすすめ書籍】「東映実録バイオレンス 浪漫アルバム」(徳間書店)【全国書店・ネット書店で発売中】杉作J太郎・植地毅 著
https://books.rakuten.co.jp/rb/15332613/

アーティスト

ブッチNEWS

新着