片桐はいり、佐々木蔵之介が登壇 『
東京芸術祭 2022 グランドオープニン
グ』開催 コメントが到着

2022年9月23日(金・祝)GLOBAL RING THEATRE〈池袋西口公園野外劇場〉にて、東京芸術祭 2022を都民・区民の方々と祝し、芸術祭のオープニングを宣言する「開幕式典」が開催された。
東京芸術祭は2016年に始まった都市型総合芸術祭で、「ひらく」 「きわめる」 「つながる」をキーワードに展開、今年で7回目の開催となる。9月~12月にかけて、豊島区池袋地区を中心に30を超えるプログラムが披露される。
撮影:二石友希
式典では小池百合子東京都知事、近藤誠一東京芸術祭実行委員長からの挨拶や開幕宣言、東京芸術祭実行委員・来賓の紹介、そして9月23日が「手話言語の国際デー」であることから、『となり街の知らない踊り子』出演の北尾亘による手話ソング「ありがとうの花」が披露され、登壇者をはじめ、来場の皆様で一緒に手話で歌った。

撮影:二石友希
そして、芸術祭の上演演目である、野外劇『嵐が丘』出演の片桐はいりと『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』に出演する佐々木蔵之介のトークセッションが行われた。

片桐はいり コメント
片桐はいり 撮影:二石友希
野外劇「嵐が丘」を池袋のど真ん中で、まさにここでするのかと実感しています。野外劇は以前にも、出演したことがあるのですが、雨の音が拍手の音のように聞こえたり(笑)、したのを覚えています。通りを行く車の音、ネオンの明かり、街の雑踏といった、ある意味都会の自然を取り込みながら芝居したいと思います。「嵐が丘」は、愛憎劇という印象がありましたが、今回改めて読んでみて、キャサリンの激情に、人間ではない激しさを感じています。野外劇には向いている作品かもしれません。
私の初観劇は本多劇場のこけら落とし公演の緑魔子さん出演の「秘密の花園」でした。今作はワンコインで観られてハードルが低いので、通りすがりの人も「何かやってるな」「こういう事をしている人がいるんだ」ということを知っていただけたら嬉しいです。茶々を入れるつもりでも構いません(笑)!ぜひ、覗きにきてほしいなと思います。
佐々木蔵之介 コメント
佐々木蔵之介 撮影:二石友希
初めての観劇体験は、唐十郎さんの作品でした。内容はよく理解できませんでしたが(笑)、すごいエネルギーを感じて、これが演劇のパワーか!と、圧倒されたのを覚えています。
また、ルーマニアのシビウ国際演劇祭を観にいったときは、そこかしこで同時多発的に芸術に触れることができて、演劇やダンスやアートをすごく身近に感じることができました。この芸術祭も7年続いているので、この先もずっと続いたらいいなと思っています。私が出演する「守銭奴 ザ・マネー・クレイジー」は、以前「リチャード三世」でご一緒したシルヴィウ・プルカレーテさんの演出で、前回ご一緒した際の豊かな時間を思い出しました。プルカレーテさんの演出は、人の醜い部分を残酷に、だけど美しく強烈に、かつユーモアを交えて表現される方なので、「守銭奴」をどんな喜劇に持っていくのかとても楽しみです。
そして、歌舞伎作品をプルカレーテさんが演出した「スカーレット・プリンセス」は、ルーマニアのカンパニーが演じています。シビウ演劇祭に行ったときに劇場は拝見したのですが、上演は観ることができなかったので、やっと日本で観られることができて嬉しいです。
観劇は、日常が非日常になる機会でこの芸術祭を通じて、身近に肌で演劇やアートを感じていただけたらと思います。
撮影:二石友希

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着