YAMORI 配信中の「フレア feat.HIRO
」のMusic Videoを公開 そして早く
も9/28には「ノータイム feat.John-
T」のリリースが決定

YAMORIのヒューマンビートボクサーコラボレーション楽曲リリース第2弾のMVが公開された。
第1弾はレジェント"AFRA"が参加したが、第2弾では北海道のヒューマンビートボックスユニット "Rofu"からHIROが参加していた。
"Rofu"は世界大会3位入賞、YouTubeでは登録者60万人を超え、各地でのライブやビートボックスを広める活動をする、日本を代表する二人組のビートボクサーである。本楽曲ではHIROのタイトかつ生きたビートがクラブライクなサウンドと交わり、踊らずにはいられないグルーヴを生み出している。
エッジの効いた表現で冷めていく恋を描いた詞曲と、それを淡く不思議に彩るビートボックスに注目したい。そんな同曲だが、Music VideoがYAMORIのYouTubeチャンネルにて公開された。
監督は前作に続き、幾多のアーティストのミュージックビデオを手掛け、自身もアーティストとして活動しているマルチクリエイターのISSEI。
YAMORIとHIROが向き合い座り、2人の間には一体のアンドロイドが。2人のビートと歌にコントロールされるようにアンドロイドはヒートアップしていく…。百聞は一見にしかずなので、是非その目で直接Music Videoをチェックしたい。
そして同時に9/28に「ノータイム feat.John-T」のリリースも発表された。John-TはYAMORIの盟友であり、ライブやYouTubeなどでタッグパフォーマンスをする仲。日本一のビートボックスタッグチーム"Jo-Ws"のメンバーであり、ソロでは全日本大会Best8、数々の大会で優勝するほどの実力の持ち主である。
同曲では唯一無二の低音と、ロックをルーツにもつサウンド感をいかんなく発揮しグルーヴィーなベースラインを担当している。
なおトラックメイカーには実力派プロデューサーTAAR氏を起用し、ハウスミュージックを基調にしつつも一筋縄ではいかないオンリーワンな楽曲に仕上がっている。
また、18日20:00にはフレアのレコーディングやMV撮影時のYAMORIを追ったドキュメンタリー「Behind The Scenes」が、21日には先日9月6日にZepp DiverCity Tokyoで行われたイベントBEAT X FES TOKYOの様子がそれぞれ同チャンネルにアップされる予定となっている。
YAMORIは今後も配信リリースを続けていく予定のようだ。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着