TVアニメ『チェンソーマン』 主題歌
・米津玄師「KICK BACK」にのせた本
PV解禁 追加キャスト、エンディング
楽曲情報も

TVアニメ『チェンソーマン』の主題歌に米津玄師「KICK BACK」が決定、本楽曲が使用された本PVも公開された。
『チェンソーマン』本PV
本楽曲の共同編曲を担当したのはKing Gnumillennium parade の常田大希。本楽曲はモーニング娘。「そうだ!We’ re ALIVE」をサンプリングしているとのことだ。
今回の楽曲について米津玄師からのコメントも到着している。
米津玄師 「KICK BACK」
米津玄師
チェンソーマンアニメ化にあたり「KICK BACK」という曲を作らせていただきました。 とにかく原作が好きだったので光栄です。 この作品がそもそも持ってる力がものすごいので、似つかわしい音を探していく作業は 非常に難しいものがありましたが、粛々と一つ一つ積み上げた結果この曲が 出来上がりました。お耳に合えば幸いです。どうかよろしくお願いします。
また、挿入歌にはマキシマム ザ ホルモンの参加が決定。全12話のエンディング曲は週替わりとなっており、楽曲名や各アーティストが意気込みを語ったコメントも到着している。
マキシマム ザ ホルモン 「刃渡り 2 億センチ」
マキシマム ザ ホルモン
バンドの新曲を作るペースが異様に遅いわたくしですが、好きな漫画の作品の為なら発情期の犬が 腰振るように高速で喜んで曲作ります。 チェンソーマンのアニメに曲が使われるのはずっと 夢だったので、デンジの乳揉みたい夢と同じ。ただし「あれ?こんなもんか?」 とは一切なってません。「もっと!」「この先も!」と調子こくのが本物の童貞イズム。 つまり、続編があるならホルモンの曲使って欲しい。もっとヤラセロ。(マキシマムザ亮君)
ano 「ちゅ、多様性。」
ano
沢山の方から愛されてる『チェンソーマン』の ED テーマソングをやらせていただけてとても光栄 です。『チェンソーマン』という作品を咀嚼して、僕が担当する回にぴったりで僕なりの表現で楽 曲を作りましたのでぜひ皆さんに聴いていただきたいです。
Eve 「ファイトソング」
Eve
『チェンソーマン』がアニメ化するということにとても心躍る気持ちでいました。 今回そこに音楽で関わらせて頂く機会を下さって大変光栄に思います。 僕の思う『チェンソーマン』を書きました、とっておきです。
10 月から一視聴者として生きる糧ができました。 本編だけでなく OP や毎週変わる ED も今から楽しみです。どうぞ宜しくお願いします。
Aimer 「Deep down」
Aimer
TV アニメ『チェンソーマン』エンディングテーマの 1 曲として、「Deep down」を創りました。 担当させていただく回のエピソードを中心に、作品から受けたインスピレーションを膨らませて、 自分自身の想いを重ねながら創った曲です。 この曲が、作品を愛するみなさんの心に、 少しでも何かを残せたら幸せです。
Kanaria 「大脳的なランデブー」
Kanaria
ED を担当させていただくことになりました。Kanaria です。『チェンソーマン』は自身の中で 大きな衝撃を受けた作品で ED のお話をいただいたときはとても驚きました。唯一無二の世界観に どのような形で寄り添えるかを常に考えて音楽に取り組ませていただきました。よろしくお願いします。
syudou 「インザバックルーム」
syudou
自分はモテたくて音楽を始め、モテたくて音楽を続けています。その一点において自分自身がデンジに 近い精神性を持っているのではと思います。 『チェンソーマン』の楽曲を担当させていただくことになり、 自分がデンジだったらどんな曲を作るかと考えました。 おそらく彼なら自分の感情を叫び散らすのだろうと思いました。 結果そういう楽曲が出来上がったと思います。 自分にとって本当に大きな意味を持った曲です。 本楽曲が作品をより素晴らしいものになる事を強く願っております。 アニメ『チェンソーマン』と一緒に楽曲も楽しんでいただけたら幸いです。
女王蜂 「バイオレンス」
女王蜂
女王蜂の必殺曲「バイオレンス」を今回、アニメ『チェンソーマン』へとご提供出来たことを うれしく思っています。 作中の無双感、跳躍するボルテージ、あの鮮やかなる激しさ、 そして生死のあっけなさを楽曲4分間(アニメエンディング ver.は 89 秒)で感じて、 心を暴れさせて頂けたなら幸いです。 きっと「ヴアァイオゥレェェンスッ!!!!!」と叫び出したくなる筈。 一体何話目のエンディングを彩るのでしょうか?ねぇ!はやくライヴで解き放ちたいんやけど! そのときは文字通り踊り狂えるよう、おたのしみになさっていてください。(アヴちゃん)
ずっと真夜中でいいのに。
感情の節目節目で助けられてきた作品でしたので、うれしくてずっと完成させたくない気持ちで 生活力が湧き上がり、帰って植物に水をやり、猫の肉球に水を染み込せることにより、 自分としては潤う過程が大事なんじゃないかというような曲を作りました。 ただぶっ飛んでるようにみえても本意はどうかわからない 本当にそうかもしれない けど、 撫でてもらいたい。というような曲を作りました。 譲れない憎めない精神にパワーをもらいました。ご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。(ACA ね)
TK from 凛として時雨 「first death」
ストーリーと作画から滲み出る血液で僕は永久完全なる臓器を作り上げることが出来ました。 僕の中に宿るチェンソーを拾い集めて、すべての殺傷能力をこの作品に捧げます。 ノーベル賞は僕のものですか?
TOOBOE 「錠剤」
TOOBOE
チェンソーマンが少年ジャンプに降臨された 4 ヶ月後に john という人格は生まれました。 自分の作品には藤本タツキ先生の影響も沢山あります。デンジくんのルーザー感は胸に刺さるし、 「さよなら絵梨」の爆発シーンは目を輝かせて喜びました。そんな自分がまさか凡そ 3 年後に
こうして エンディング曲として作品に携われるとは思ってもみませんでした。とても光栄です。 読み耽って精神が拗れに拗れた私みたいな人間全員とチェンソーマンのアニメを楽しみたいと思います。
VaundyCHAINSAW BLOOD」
Vaundy
大好きな作品、というのはもちろん言うまでもないのですが、これだけ大好きな作品にしっかりと、 色々と悩みながらも向き合って楽曲制作できたことがとても嬉しいです。曲を作るにあたって何度も 原作を読み返し、そのなかで得た『チェンソーマン』の味を噛み、飲み込み、僕なりにこの作品に ふさわしいと思える音楽を吐き出せたと思っています。『チェンソーマン』という素晴らしい作品と キャラクター達に命を吹き込むお手伝いができてたらなによりです。アニメを全話観終わってから もう一度この曲を聴き返した時にも、面白い、と思ってもらえるような曲になってると思います。 作品とあわせて、自由に、この曲を感じてください!
PEOPLE 1「DOGLAND」
PEOPLE 1
1 話目をジャンプで読んで、とても興奮したことを覚えています。
その頃は PEOPLE 1 自体やっていませんでしたから、まさか ED 曲を担当することになるとは。 チェンソーマンの強い世界観に負けないような、 最高にクールで強引な感じの曲になったかなと思っておりますので、皆様お楽しみに。
また、これに合わせて追加キャスも公開。各キャストからのコメントも到着している。
井澤詩織(ポチタ役)
ポチタ 井澤詩織
大好きなチェンソーマンの、しかもポチタ役という事で、決まった時はデンジくんのように 飛びあがって「ヤッター!!」と叫びました。 今までも色々なキャラクターの相棒を演じてきましたが、ポチタの相棒愛は凄いです。 きっとこの先も〇〇になる相棒には出会わないかもしれません。 私はポチタの「声帯」になって更に沢山の方に愛していただけるように精一杯演じます。 よろしくお願いします!
伊瀬茉莉也(姫野役)
姫野 伊瀬茉莉也
愛してやまない原作の大好きなキャラクターを演じさせて頂けることになり、この上なく幸せです。 姫野は作中の中でも一番共感性の高い、人間臭い感情をもった人物なのではないかと思います。 原作ファンの皆さんの期待を裏切らない姫野をお届けできるよう、 身も心も捧げ、演じきる覚悟です。どうそよろしくお願い致します!
高橋花林(東山コベニ役)

東山コベニ 高橋花林

東山コベニ役、高橋花林です。原作でも大好きで、いつかアニメ化したら演じたいと思っていた コベニちゃんの声を担当することができてとても幸せです! 最高にクールな作品に参加させていただけて嬉しいです。 原作でも皆さんに愛されているコベニちゃんが、アニメでも愛していただけますように。 よろしくお願いします!
八代拓(荒井ヒロカズ役)
荒井ヒロカズ 八代拓
荒井ヒロカズ役で出演させていただきます、八代拓です。 この作品のもつ、生暖かいようで情熱的な空気感が大好きだったので、 出演できてとても嬉しいです。楽しみにしている方がたくさんいらっしゃると思いますので、 アニメの世界でもその空気感を共有できたら嬉しいです。
津田健次郎(岸辺役)
岸辺 津田健次郎
血と暴力、純粋性、常識を壊していくパンキッシュなエネルギーの爆発。原作のエネルギー に痺れ、岸辺の存在感に心を掴まれました。この男を演じたいと思いました。こうして岸辺 を演じられる事を光栄に思います。監督のリクエスト「抑制された芝居」を徹底した芝居は どんなキャラクターになっていくのか。そして残酷で美しい物語がどんなアニメーションを 紡いでいくのか。僕も本当に楽しみです。楽しみにお待ち頂けますと幸いです。
ついに重大情報が公開されることとなった本作、今後の情報も楽しみだ。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着