L→R ルーク篁参謀(Gu)、ゼノン石川和尚(Ba)、デーモン閣下(Vo)、ジェイル大橋代官(Gu)、ライデン湯澤殿下(Dr)

L→R ルーク篁参謀(Gu)、ゼノン石川和尚(Ba)、デーモン閣下(Vo)、ジェイル大橋代官(Gu)、ライデン湯澤殿下(Dr)

【聖飢魔II
デーモン閣下 インタビュー】
新鮮な大教典を作るという意識が、
どの構成員の中にもあった

23年振りとなる新譜の大教典『BLOODIEST』を発布した聖飢魔II。同作に収録された多彩かつ完成度の高い楽曲群はさすがのひと言だし、デーモン閣下の美声や群を抜いた表現力が光るヴォーカルはリスナーの心を強く揺さぶる力にあふれている。聖飢魔IIの象徴として長きにわたって強固な存在感を発し続けているデーモン閣下(Vo)に同作について話をうかがった。

長官の曲が届いて
“あぁ、血が濃い楽曲群になったな”と

実感した

23年振りとなる新譜の大教典『BLOODIEST』を作るにあたって、テーマやコンセプトなどはありましたか?

テーマは前もって特には設けなかった。コンセプトは、強いて言えば“聖飢魔IIらしく”ということかな。

まさにそういう大教典になりましたね。聖飢魔IIらしいということでは、まずはバラエティーに富むと同時に楽曲クオリティーが非常に高いことが挙げられます。

ダミアン陛下やエース長官の楽曲が加わったことで、聖飢魔IIらしいことのひとつである“バラエティーに富む”が実現できたと思う。楽曲のクオリティーに関しては、もともとの信頼があるから心配はしていなかった。さらに今回は本解散よりあとに発表してきたどの新曲とも違って“新鮮な大教典を作る”という意識が全構成員の中にもあったことが、より研ぎ澄まされた楽曲たちを生み出すという結果につながったのだと思う。どの曲ひとつとっても“まぁ、こんなもんでいいか”というような妥協ありでは作っていないし。

『BLOODIEST』を聴くと、それが事実であることを強く感じます。今回、デーモン閣下は「地獄の鐘を鳴らすのはおまえ」という曲を書かれていますね。この曲はオペラを思わせる重厚かつ深遠な世界観からメタリックなファストチューンに移行する展開や流麗なメロディーなどをフィーチャーした一曲で。

「地獄の鐘を鳴らすのはおまえ」を作った時は曲が先だったのだが、思っていたことは刺激的な殺気のある曲にしたいということ。最初に仮歌を入れた時の仮の歌詞は「蠟人形の館」(魔暦13年/1986年4月発布の小教典(シングル))の歌詞を、文字数をいじって強引に当てはめてみた。面白かったから“これでも面白いかも”と言ったら、たまたま近くにいたルーク参謀に“それはないでしょう”とばっさり切られて、それで今の歌詞になっていったのだ。もう少し荒唐無稽な歌詞にしたかったのだけれど、結局は毒っ気と洒落っ気を払拭させることはできなかった。あと、オリンピック期間中に作詞をしていたことも少なからず影響している。オペラを思わせる重厚かつ深遠な世界観は編曲の怪人松崎様のアイディアで、実は吾輩発ではないが、さすが松崎様、痒いところに手が届く。とても気に入っている。メロディーは…まぁ、歌い手が書くから、こんな感じになってしまうんだな。でも、なるべくロックっぽくなるよう意識的に弱起を取り入れたりしてみた。

いろいろな要素が折り重なって、独自の魅力を放っています。また、“未来の鐘を鳴らせ”と歌われている歌詞は、どこか和が香っていることが印象的です。

和が香っている? それは、《まみえて》とかの表現かな?

《まみえて》もそうですし、《驕れる者 久しからず》や《うつつの鐘》といった言葉からも和を感じました。

なるほど。まぁ、第三大教典(魔暦13年/1986年11月発布の大教典(アルバム)『地獄より愛をこめて』)辺りからしばしば“やまとことば”は歌詞に使っているから、それもまた“らしさ”という範疇に入るのではないかな。

聖飢魔IIは、本当に奥深いバンドと言えますね。“BLOODIEST”という題名に込められた想いもおうかがいしたいです。

大教典の題を“BLOODIEST”としたのは長官の曲が届いて、“あぁ、血が濃い楽曲群になったな”と実感したからである。これは結果論なのだが、奇しくもこの大教典では聖飢魔IIが地球デビューして以降の37年間において作曲をした全ての構成員が曲を書き、プロとなった全ての構成員がBGV(コーラス等)を含めてかかわっている。これはスタジオ盤としては37年間で、初めてのことである。もしこれが普通の人間のバンドであったら、さしずめ“絆”とかいったありきたりなアルバムタイトルにしそうなところだが、そこは悪魔らしい表現で。ちなみに、実はこの“BLOODIEST”という単語は、吾輩が23年間いつか何かに使おうと温めてきた語で、このたび満を持しての起用なのである。
L→R ルーク篁参謀(Gu)、ゼノン石川和尚(Ba)、デーモン閣下(Vo)、ジェイル大橋代官(Gu)、ライデン湯澤殿下(Dr)
L→R ルーク篁参謀(Gu)、ライデン湯澤殿下(Dr)、デーモン閣下(Vo)、ゼノン石川和尚(Ba)、ジェイル大橋代官(Gu)
アルバム『BLOODIEST』【初回生産限定盤A】
アルバム『BLOODIEST』【初回生産限定盤B】
アルバム『BLOODIEST』【通常盤】

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着