L→R ルーク篁参謀(Gu)、ライデン湯澤殿下(Dr)、デーモン閣下(Vo)、ゼノン石川和尚(Ba)、ジェイル大橋代官(Gu)

L→R ルーク篁参謀(Gu)、ライデン湯澤殿下(Dr)、デーモン閣下(Vo)、ゼノン石川和尚(Ba)、ジェイル大橋代官(Gu)

【聖飢魔II インタビュー】
こんなに聖飢魔IIらしいものが
出せるのは幸せだと思う

「PLANET / THE HELL」は
もうメタルの中のメタルにした

続いて、『BLOODIEST』のギター周りについて話しましょう。

参謀
ギターは一番こだわりのないところかもしれない(笑)。アプローチにしてもそうだし、音作りにしてもそうだし。自分の家で録れるから、スタジオにアンプとかギターをいろいろと持ち込んで取っ替え引っ替えしなくて済むようになったんだよ。日頃から自宅の機材とかに触れていると、日常を録ることができるというか。こだわりというよりは、染みついたものでやっているという感じ。つまり、考えはなしなんだよ。

とはいえ、それぞれの曲によってギターの音色やゲイン感が違っていて、そこはひとつの聴きどころになっています。

参謀
そう思うけど、それも“まぁ、この音だったらいいんじゃない?”くらいの詰め方しか俺はしなかった。“ちゃんとこれだけ録れていればいい”というのも最低限しか気にしないというか。
代官
俺も曲に合っていて、いい音であればOKだと思っている。

そういうスタンスとは思えないほどギターの音は上質ですし、メタリックなファストチューンをクランチトーンで弾いている「荒涼たる新世界」の独特なテイストなどは注目です。

代官
この曲のスピード感とコード進行はハイゲインな音で弾いたら面白みに欠けると思ったんだ。使ってるコードの数も多いし、テンポも速くて、メロディーもクリアだったら、それを支えるギターにはコード感とストロークによる疾走感が必要だと感じたんだ。ルートや五度引きの刻みじゃなくてね。だからサビとかはアコギを持ち出しているからね。これくらいのテンポのブルーグラスの曲とかわりとあるし、そのあたりとリンクさせたという感じだね。
参謀
この曲のデモはメタルに作ってあったけど、それを踏襲しなかったんだよね?
代官
そうだね。こっちの方が面白いだろうというアプローチを思いついたからね。「PLANET / THE HELL」との差別化もできたと思うし。
参謀
「PLANET / THE HELL」はもうメタルの中のメタルにしたんだ。この曲をもっとも映えさせるには、それがベストだと感じたからな。ギターもハイの成分を強調した音のテイクとローがボワボワしたテイクの2種類を2本ずつ録って、4本をミックスして纏めるという王道的な手法を使ったよ。

80年代後半から90年代初期を思い出します。ギタートーンと言えば、ジェイル代官が書かれた「RUN RUN RUN!」と「GOBLIN’S SCALE」のハイゲインすぎないドライヴトーンも絶妙です。

代官
歪みすぎてたら、せっかくピッキングでつけた強弱のニュアンスや、音の立ち上がりのスピード感とかが全部潰れてしまうじゃない。例えば、Gコードをバァーン!と弾いた時に6本の弦全部の音が聴こえないと嫌なんだよ。強く歪ませるとコード感のないグシャッと潰れた音になってしまうから弾いていてもつまらない。それはもうアコギだろうが、エレキだろうが、考え方は一緒だから。

参謀もそれに合わせて少しゲインを落とされたんですね?

参謀
いやいや、俺の音は歪みまくっているよ。
代官
でも、いわゆるウルトラハイゲインではなくて、コードの鳴りは聴こえるよな。
参謀
それくらいに抑えてはいる。ただ、俺は雑誌とかでマーシャルの試奏とかをすると、“このアンプってこんなに歪んだっけ?”とスタッフからよく言われるんだ。だから、アンプのゲインはあまり関係ないのかもしれない。

参謀の太さと抜けの良さを兼ね備えた音は、ピッキングが大きいことが分かります。逆に「THE BLOODIESTS -最も血生臭い奴ら-」は、かなりハイゲインかつメタリックなドライヴトーンになっていますね。

参謀
そう。これはメタル寄りだね。楽曲がそういう音を呼んでいたからさ。音色に関していうと、実は自分の曲はデモを作る時にたまたま使った音がそのまま活かされていたりする(笑)。“もうこれでいいんじゃねぇかな”みたいな。だから、「THE BLOODIESTS -最も血生臭い奴ら-」と比べると、俺が書いた曲は歪みが薄いように聴こえたりするかもしれないね。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着