May'n

May'n

ひとりでも生きていけるけど、
誰かがいたらもっと広がる

J-ROCK&POPの礎を築き、今なおシーンを牽引し続けているアーティストにスポットを当てる企画『Key Person』。第26回目は2005年に弱冠15歳にしてメジャーデビューし、海外でも活躍するMay'nが登場。ファンから“部長”の愛称で親しまれる彼女がキャリアを重ねるうちに気がついた自分の弱さや、自分に素直になることで広がった音楽の楽しさを語ってくれた。
May'n プロフィール

メイン:2005年、弱冠15歳にしてメジャーデビュー。POPSからROCK、DANCE、R&Bと幅広く歌いこなす実力派女性歌手。アニメ、ドラマ、映画、ゲームの主題歌を担当し、数多くの作品がトップチャート入りを果たし、日本武道館や横浜アリーナにて5度に渡り単独公演を開催。2010年から海外ツアーも敢行し、世界16都市で単独公演、海外フェスでは大トリを7カ国9カ所で務め、中国最大手のSNS「WEIBO」アワード「WEIBO Account Festival in Japan 」にて、日本人として初の3年連続受賞するなど、全世界で精力的に活動中。圧倒的な歌唱力と伸びのあるハイトーンヴォイスで国内外を問わず人々を魅了し続けているアーティストである。May'n オフィシャルHP
May'n オフィシャルTwitter
May'n オフィシャルInstagram

オーディションに受かって
“やっと夢が始まった”と思った

May'nさんは3歳の頃に安室奈美恵さんに憧れて“歌って踊れるアーティストになりたい”という夢を持ったそうですね。

最初は“セーラームーンになりたい!”という感じで、本当になれるかどうかは分からないけど、可愛くて、歌がうまくて、踊っている姿も素敵な安室奈美恵さんに憧れていました。そんな時に幼稚園の先生が“この子は歌って踊るのがすごく好きみたいだし、歌が上手だから何かやらせてみたほうがいいと思う”と私の母に言ってくれて、母も“そうなのかしら!?”みたいな(笑)。半分親バカなところもあったのかもしれないですね。9歳の頃に観ていた『ASAYAN』(テレビ東京で放送されていたオーディション番組)がきっかけで歌手への道を身近なものに感じるようになって、“こういうのを受けたら歌って踊れる人になれるんだ”とオーディションを確実な手段として認識して、受けてみたいと思うようになりました。

その後は数々のオーディションに挑戦し続けて、2005年に中林芽依名義でメジャーデビューされましたが、当時は15歳で、その年頃ならではの葛藤もあったのではないかと思います。

デビューのきっかけになったオーディションを受けた時は13歳で、中学2年生の終わりくらいに事務所に入ることが決まったんですけど、“ようやく受かった”という気持ちがありました。それまでオーディションには全然受からなくて、中学生になると進路も決めないといけなくなってくるじゃないですか。両親も応援してくれていたけど、“進路を考えるために一度区切りをつけなさい”と言うようになって。でも、名古屋の高校には絶対に行きたくなかったんですよ。本当は小学生の時から芸能活動ができる中学校に行きたいと思っていたので、名古屋の高校に進学する気はまったくなくて、そんな中でやっとオーディションに受かったから、今思えばすごく早いけど、“やっと夢が始まった”と思ったのを覚えています。でも、そこからうまくいかず、お仕事をできる日数も少なくなってきて、高校では周りの子も芸能活動をしていたから、自分だけお仕事がないまま友達はだんだん忙しくなっていくのを見て、“なぜ私は東京に出てきたのかな?”と考えたこともありました。

大人になってからの3年間と学生の頃の感じ方は違うので、より敏感になりますよね。

めちゃくちゃ焦っていました。たったの3年間とも言えるけど、今思えばすごく長く感じた3年間だったと思います。

しかも上京されてからは寮生活で、逃げたくなったことはありませんでしたか?

仕事がないからとにかく時間がいっぱいあったんですよ。だから、ヴォイストレーニングにいっぱい行ったり、キャベツ1玉を98円で買って、それをお昼ご飯にして節約しながら作詞作曲を習い始めて、時間があるぶん“今の自分ができることをやろう!”ってすごく忙しくしていました。落ち込む暇がなかったんですよね。今だったらもっと落ち込めたはずなんですけど、当時は“落ち込む暇があったらジムに行きたいし!”って感じで。あの時に習ったことで今も活きていることはたくさんあるので、よく腐らずに頑張っていたと思います。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。