横浜流星(左)と竹内涼真 (C)エンタメOVO

横浜流星(左)と竹内涼真 (C)エンタメOVO

竹内涼真、W主演の横浜流星は「熱い
。そして真面目」 横浜「志が一緒の
人と仕事ができるのは幸せ」

 映画『アキラとあきら』大ヒット御礼舞台あいさつが8日、東京都内で行われ、W主演した竹内涼真と横浜流星、三木孝浩監督が登壇した。
 池井戸潤氏の同名小説を実写映画化した本作は、対照的な宿命を背負った2人の若者が、情熱と信念を武器に社会に立ち向かう姿を描く。
 幼くして過酷な運命に翻弄(ほんろう)されてきた山崎瑛(アキラ)を竹内、大企業の御曹司ながら次期社長のいすを拒絶し、血縁のしがらみにあらがい続ける階堂彬(あきら)を横浜が演じた。
 この日は、SNS上の反響をスクリーンに投影。「泣けた! こんなに泣ける作品とは知らなかった」「今年の邦画ナンバーワン」などといった感想が映し出されると、横浜は「汗水垂らしてやってきて、見てくださった方からこういう熱い言葉を頂くとやはりうれしい。報われたなと感じます」と笑顔を見せた。
 今回、初共演となった2人だが、以前、同時期に、竹内が「仮面ライダードライブ」、横浜が「烈車戦隊トッキュウジャー」に出演していた。
 竹内は「同じ時期にヒーローをしながら、なぜか交わらずに、東映撮影所でも、なぜか話さずにきて。だから『アキラとあきら』をやるとなったときに、もう一人のあきらくんは横浜流星くんだと聞いて、一緒にやれるんだって、やはりうれしかったです」と語った。
 また、「実際に共演してみると、考えているポイントや、いろんな部分で絶妙にマッチした。(横浜は)やっぱり熱い。そして真面目。僕は熱くて真面目な人が好き。そういう人と仕事をするのが楽しい」と話した。
 横浜も「本当に今やれてよかった。戦隊モノが終わって数年後だったら、こんなに距離が縮まっていない。(時を経て)互いにとがっていたものが取れて丸くなり、距離感もグッと近づけた。あのとき一緒に闘っていた2人が、またここで闘えるというのはすごく感慨深いです」とコメント。
 そして、「僕も裏表がなく、熱い人が大好き。志が一緒なのかな。向かっていく方向が同じなので、そういう人と仕事ができるのは幸せなこと」と語った。
[gallery ids="1348910,1348911,1348912,1348913,1348914,1348915"]

アーティスト

エンタメOVO

新着