北村諒主演 17才の完全犯罪を描いた
、貴志祐介の名作ミステリー「青の炎
」を初舞台化

2022年10月28日(金)~11月6日(日)こくみん共済coopホール/スペース・ゼロにて、舞台『青の炎』が上演されることが決定した。
1999年にミステリー小説家・貴志祐介によって発表された「青の炎」。2003年には蜷川幸雄氏が演出を務めた実写映画が公開され、日本ミステリー史に残る感動作として話題となった。今回、本タイトルが加古臨王の演出で、初の舞台化となる。
主人公の高校生である櫛森秀一を演じるのは、『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stageや『あんさんぶるスターズ オン・ステージ!』シリーズ等数多くの人気2.5次元作品に出演している北村諒。たった17才の高校生が引き起こした悲劇。その心の葛藤を様々な舞台経験を積んだ北村がどう表現していくのか。
北村諒
また、秀一の同級生で彼に心を寄せる女子生徒、福原紀子を演じるのは舞台『終末のワルキューレ ~The STAGE of Ragnarok~』で主演のブリュンヒルデを務めた飯窪春奈。秀一の幼馴染でありながら不登校になってしまった同級生の石岡拓也を「MANKAI STAGE 『A3!』」シリーズに出演している田中涼星が演じる。
飯窪春菜
田中涼星
秀一が守りたい家族として描かれる妹の遥香は少年社中『天守物語』や舞台『四月は君の噓』に出演した松永有紗、母親の友子は、舞台『青の祓魔師』シリーズや舞台『四谷怪談』などで北村とも共演経験の多い田中良子。そして、秀一が最も憎む相手である母親のかつての再婚相手・曾根隆司を同じく北村とも数々の作品で共演した村田洋二郎が演じる。
松永有紗
田中良子
村田洋二郎
そして、次々と起こる殺人事件を取り調べる山本警部補役にはミュージカル『刀剣乱舞』に源義経役として出演した荒木健太朗が名を連ねた。
荒木健太朗
【あらすじ】
秀一は湘南の高校に通う17歳。女手一つで家計を担う母と素直で明るい妹の三人暮らし。その平和な生活を乱す闖入者がいた。警察も法律も及ばず話し合いも成立しない相手を秀一は自ら殺害することを決意する。

原作:貴志祐介 コメント
「青の炎」は、かつて「ハートブレイカー」という仮題を付け、デビュー前から暖めていたアイデアです。
出版のめども立たないときから詳細なプロットを作って、秋葉原や鍼灸用品の専門店、レンタル私書箱などを取材に回りました。ようやく書く段となり、舞台となる湘南を自転車で走りながら、秀一の気持ちを風で感じることができました。家族を思う熱い思いと、冷酷な殺意の錯綜を、どう舞台上で表現するのか、今から楽しみでなりません。
脚本・演出:加古臨王 コメント
原作の出版から23年、初の舞台化に演出として携われること、とても嬉しく思います。
名作には普遍的なテーマが内在している。
だから時が経っても、時代が変化しても、不変的な魅力がある。
まさに「青の炎」はそんな文学作品だと思います。
原作の魅力を踏襲しつつも、どう演劇的に昇華させられるか。
小説や映画ではない舞台ならではの魅力を、キャスト・スタッフの皆と一緒に追求したいと思います。
出演者 コメント
■北村 諒
舞台『青の炎』櫛森秀一役で出演いたします、北村諒です。
舞台化のお話をいただいた時、震えました。これを演劇で、生身の人間でやるのはとても挑戦的だなと。役者として、身が引き締まる思いです。
23年の時を経ての舞台化。是非、劇場で目撃してください。
■飯窪春奈
福原紀子役の飯窪春菜です。
今回、「青の炎」が舞台化されること、そしてそこに出演できることを聞いた時、驚きと共に本当に嬉しい気持ちになりました。
私はもともと貴志祐介先生の小説が大好きで、マネージャーさんから今回のお話を聞いた時も、偶然カバンに「青の炎」を入れていたんです。『こ、ここ、これですか!?』と本を出した私に、マネージャーさんも驚いていました。
そして、映画「青の炎」で福原紀子を演じているのは、ハロー!プロジェクトの先輩である松浦亜弥さん。大先輩と同じ役を演じられることにも、縁を感じながら一所懸命努めたいと思います。
■田中涼星
この度舞台『青の炎』に石岡 拓也役で出演させていただきます。
文学作品をやるのは久しぶりですし、今までにない新しい役どころなので個人的に楽しみにしておりますが、作品を通して舞台の可能性や面白さを改めて感じていただけるように誠心誠意努めさせていただきたいと思います。
演劇の世界を存分に楽しんでいただける作品にしたいと思うので丁寧に作りながら仕上げていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。
■松永有紗
舞台『青の炎』に出演させていただくことになりました松永有紗です。小説を読んだとき、衝撃的なストーリーにあっという間に惹き込まれました。愛に溢れているからこそページをめくるのが苦しくて……登場人物みんなを、そして自分自身の大切な人をぎゅっと抱きしめたくなりました。そんな作品に挑戦できることとても嬉しいです。読んだ後に感じた気持ちや繊細な感情の変化を舞台でもお届けできるように。一瞬一瞬を丁寧に、大切に紡いでいきたいです。精一杯、頑張ります! ぜひ見に来てください。
■田中良子
物語には、出会うべき時というのがあるのかもしれないと、このお話をいただいた時に思いました。20代の頃に触れた印象とあまりに違うものを感じたからです。歳を重ねてきたけれど、まだまだもがき続けてる未成熟の自分ですが、『大人』として物語に触れていけたらと思います。とても、楽しみです。
■村田洋二郎
「いつかこの作品を舞台でやりたい」と友人が言っていました。そんな友人が夢をえました。僕の親友であり、プロデューサーです。その夢に自分も立ち会えました。キャンバスにどんな色をのせるか、それが自分の役割と思っています。感情ってひとつの色では表せない。夢を語っていたあの時より、沢山の色を持ったと思います。沢山の思いを込めて一色ずつ演じていきたいと思います。
■荒木健太朗
山本英司役を演じさせていただきます、荒木健太朗です。
原作を初めて読んだのは20年以上前でしたが、改めて読み返してみると、当時感じなかった登場人物たちの心情が伝わってきて、この作品を舞台化するんだなという高揚感もありつつ、ワクワクしながら読みました。
初日から千穐楽まで無事にやれる事さえ難しくなってきたエンタメ業界ですが、カンパニー一丸となって楽しく作品創りをして無事に皆様の元へ届けられますように。
劇場にてお待ちしております。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着