8月21日@下北沢THREE

8月21日@下北沢THREE

アマイワナ、
東京での初自主企画から
「YU・A・MI」のライブ映像を公開

アマイワナが8月21日に下北沢THREEにて東京では初の自主企画となる『アマイワナ presents『SPICY KISS』』を開催。同公演から「YU・A・MI」のライブ映像が公開された。

ライブ当日、対バンとしてMPC GIRL USAGI、電影と少年CQが駆けつけ、フロアをあたためたままアマイワナがスタート。オリジナルのSEに乗り、颯爽と登場したアマイワナ。くるりと回り、分厚いチュールでふわふわの衣装を見せつけ、目元には銀のラインの入ったゴーグルを装着し、愛らしさと個性を既に爆発させている。

そのままギターを背負い、一曲目の「I’m CRAZY」を開始。思いのたけを言い放つ口上から始まり、観客を惹きつける。続く「待ち合わせは渋谷ハチ公前」は、キャッチーなポップナンバー。途中、ポージングし、シャッターチャンスをアピールする一面も。「The tale of moon」では、先日6月17日に配信したアレンジとは異なるアレンジを披露。打ち込み感が増し、宇宙のような広がりのある曲に進化した姿を聴かせた。
8月21日@下北沢THREE

8月21日@下北沢THREE

アマイワナのライブを見たことのある方にはご存じかと思うが、彼女のライブでは自身で言葉や光り方を設定した電光掲示板が置かれる。そこには「I am AMAIWANA」「撮影OK」など定番の文言から、その日ごとに用意した文言が表示され、今回は「SPYCY KISS」の文字も。彼女なりのライブに対する工夫や意気込みが感じられる。

ここで「Hello,Guys!Welcome to SPYCY KISS!」と発し、「Chu!」がスタート。ライブでは定番となっているが、ハンドマイクで会場を煽りながらステップし、ステージ上を動き回る。アマイワナが大きく手を振ると会場も手を挙げ、一体感が増していく。
8月21日@下北沢THREE

8月21日@下北沢THREE

“ダンスタイム”と本人が呼ぶ曲間では、音楽に合わせて踊りながら、受話器型のマイクで「Thank you for coming today!」と今日ここにきてくれたお客さんに向け感謝を述べると、おもちゃの銃を取り出し、客席へ向けるアクションも。サポートギターのアツムワンダフル(fromワンダフルボーイズ)もパッドを操作しながら大きく揺れ動き、アマイワナとの息もぴったりだ。「Do you know YU・A・MI?」という掛け声と共に、ゴーグルを外し「YU・A・MI」がスタート。会場熱気もMAXに。ボイスチェンジャーを使用し、自然と体が揺れ動いてしまう、お風呂が大好きなアマイワナのキュートな楽曲だ。

MCでは「本当に楽しい!みんなも最後まで刺激を浴びて、踊って帰ってね!」と、ゴキゲンな挨拶をした。続いて「欲望ちゃん」を披露し、「どんどん、いい景色をみなさんと見ていこうと思っているので、とても応援しがいがあると思います!今日からまた、よろしくお願いします!」と茶目っ気のあるMCで会場の笑いを誘い、「正しい乙女」をスタート。続く「夜の虹」しっとりと聴かせると思いきや、間奏では座り込み激しくギターを掻き鳴らす場面も見せた。
8月21日@下北沢THREE

8月21日@下北沢THREE

アツムワンダフルとアイコンタクトをとり、最後の「上海惑星」がスタート。彼女の代表曲とも言えるこの曲はキャッチーで耳に残り、つい口ずさみたくなる。「謝謝♪(シェイシェイ)」と可愛く挨拶し、本編は終了した。拍手の中で再度ステージに上がり、今日来てくれたお客さんに向け再度感謝の言葉を述べ、「最後にめっちゃ屈伸しやすい曲をやります。笑」と加えて「Now Back」を披露。会場もアマイワナの屈伸に合わせ上下に大きく揺れながら、大団円でステージをあとにした。終始笑顔で、とても楽しそうに東京での初企画を終えたアマイワナ。これからも彼女から目が離せない。
8月21日@下北沢THREE

8月21日@下北沢THREE

そんな本ライブより「YU・A・MI」の映像が公開。このライブレポートを読んだあとに、ぜひ一度見てライブ感を味わってほしい。

さらに、10月19日には7曲入りのミニアルバム『ベイビィ・ベッドルーム・パンク』の配信リリースも発表となった。公開されたジャケットは、モデルでイラストレーターでもある田中シェン(SHENTASTIC/ https://shentastic.try-angle-2.com/)の書き下ろしとなる。すでに配信リリースされていた「YU・A・MI」と「The tale of moon」も収録されるが、「The tale of moon」については配信済のものとは異なるアレンジでのアルバムバージョンだ。こちもお楽しみに。
photo by るなこさかい

【セットリスト】
1.I’m CRAZY
2.待ち合わせは渋谷ハチ公前
3.The tale of moon
4.Chu!
5.YU・A・MI
6.欲望ちゃん
7.正しい乙女
8.夜の虹
9.上海惑星
<ENCORE>
Now Back

「YU・A・MI」LIVE VIDEO

ミニアルバム『ベイビィ・ベッドルーム・パンク』2022年10月19日配信リリース
    • <収録曲>
    • 1.Chu!
    • 2.Now Back
    • 3.The tale of moon(Album ver.)
    • 4.I’m CRAZY
    • 5.YU・A・MI
    • 6.コリックガール
    • 7.愛と自由とロックンロール
8月21日@下北沢THREE
8月21日@下北沢THREE
8月21日@下北沢THREE
8月21日@下北沢THREE
8月21日@下北沢THREE
8月21日@下北沢THREE
8月21日@下北沢THREE
8月21日@下北沢THREE
8月21日@下北沢THREE
8月21日@下北沢THREE
8月21日@下北沢THREE
ミニアルバム『ベイビィ・ベッドルーム・パンク』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着