ONE OK ROCK、SHISHAMO、BE:FIRST、
yamaの新曲など『New Music Wednesd
ay [Music+Talk Edition]』今週注目
の新作11曲を紹介

毎週水曜日に更新! 話題の新曲を最速で知れる、Spotifyの人気プレイリスト『New Music Wednesday』を、ナビゲーターの竹内琢也が深掘りするポッドキャスト『New Music Wednesday [Music+Talk Edition]』。SPICEでは、同番組で紹介されている、プレイリストだけでは知ることのできないエピソードや、Spotifyのエディター(プレイリストを構成している人たち)のこだわりをピックアップして掲載。今週は、ONE OK ROCKSHISHAMOBE:FIRSTyamaの新曲、海外からはヤングブラッド、アークティック・モンキーズ、エルトン・ジョンとブリトニー・スピアーズなど新作11曲を紹介! また紹介アーティストが出演するライブやフェス情報も掲載しているので要チェック。番組への感想やリクエストは「#NMWミュージックアンドトーク」をつけてツイートを!
ONE OK ROCK「Let Me Let You Go」
ONE OK ROCKの新曲「Let Me Let You Go」がリリースになりました。9月9日(金)にリリースされる約3年半ぶりとなるニューアルバム『Luxury Disease』からの先行シングルです。既にTikTokで楽曲の一部が公開され話題になっていました。『Luxury Disease』はグリーン・デイ、リンキン・パーク、マイ・ケミカル・ロマンス、パラモアなどを手掛けたロブ・カヴァロがアルバムプロデュースを務め、エド・シーランと共作した「Renegades」など全15曲が収録予定。国内盤ではOfficial髭男dismの藤原聡が参加した楽曲「Gravity feat. 藤原聡 (Official髭男dism)」が収録されることも発表されています。藤原聡は以前からヴォーカリストを目指すきっかけになった人物としてTakaの名前を挙げていて、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022』のONE OK ROCKのライブにゲスト出演も果たしていました。ONE OK ROCKは、9月19日(月)からは約3年ぶりとなる北米ツアーがスタートします。
SHISHAMO「なんとなく。」
SHISHAMOの新曲「なんとなく。」がリリースになりました。SHISHAMOらしさが満載の片思いソングです。SHISHAMOはこの週末8月27日(土)は大阪で開催された『RUSH BALL 2022』、8月28日(日)には山梨で開催された『SWEET LOVE SHOWER 2022』に出演。9月には『New Acoustic Camp 2022』や『WILD BUNCH FEST. 2022』の出演も決定しています。2023年3月4日(土)には、大阪・大阪城ホールでCDデビュー10周年を記念したワンマンライブの開催も決定。Spotifyではプレイリスト『She Rocks』のカバーを飾っています。
YUNGBLUD「Tissues」
ヤングブラッドの新曲「Tissues」がリリースになりました。ヤングブラッドは2020年リリースのセカンド・アルバム『Weird!』以来となるサード・アルバム『Yungblud』を9月2日(金)にリリース予定で、アルバムからの先行配信楽曲となります。ザ・キュアーが1985年にリリースした「Close To Me」をサンプリングしており、2022年6月22日(水)〜26日(日)に、イギリスで開催された世界最大級の音楽フェス『グラストンベリー・フェスティバル』で初披露されていました。ヤングブラッドは2022年8月20日(土)と21日(日)に開催された『SOMMER SONIC 2022』で初来日しています。アルバムにはこの「Tissues」の他、先行でリリースされた「The Funeral」、「Don’ t Feel Like Feeling Sad Today」、ウィローを迎えた「Memories(with ウィロー)」などが収録される予定です。
エルトン・ジョン、ブリトニー・スピアーズ「Hold Me Closer
エルトン・ジョンとブリトニー・スピアーズのコラボ楽曲「Hold Me Closer」がリリースになりました。『New Music Friday Japan』』ではカバーを飾り、『New Music Wednesday』にもリストインしています。豪華な2組のコラボというだけでなく、ブリトニー・スピアーズにとっては2016年のアルバム『Glory』以来となるリリースで、ここ数年「#FreeBritney(ブリトニーを自由に)」としても話題になっていた、彼女の成年後見人を務めてきた父ジェイミー・スピアーズとの裁判が終わって初となる新曲ということで注目されています。今作は、エルトン・ジョンの1971年の楽曲「Tiny Dancer」、1992年の楽曲「The One」、1976年の「Don’ t Go Breaking My Heart」が使われています。二人は2014年にエルトン・ジョン・エイズ基金アカデミー賞ビューイング・パーティーで出会い、2015年にブリトニー・スピアーズが「Tiny Dancer」が大好きだとTwitterでつぶやいたことがコラボのきっかけとなりました。欧米を含む34カ国でのトップに輝いています。
yama「それでも僕は」
yamaのニューアルバム『Versus the night』がリリースになりました。昨年リリースされたファースト・アルバム『the meaning of life』以来約1年ぶりのニューアルバムで、タイトルは直訳すると「夜との戦い」。夜=孤独=自分自身との戦いをテーマに制作しています。アルバムにはVaundy、ササノマリイ、大木伸夫ACIDMAN)などが楽曲提供で参加しています。『New Music Wednesday』にリストインした「それでも僕は」はyama初の作詞作曲を務めた楽曲です。
BE:FIRST「Message」
BE:FIRSTがファースト・アルバム『BE:1』をリリースしました。本作はデビュー曲「Gifted.」やストリーミング全世界累計再生回数1億回を突破した大ヒット曲「Bye-Good-Bye」といった既存曲7曲に加え、新曲8曲を加えた、全15曲を収録したBE:FIRST初のフルアルバムです。Spotifyでは『Liner Voice +』が公開され、BE:FIRSTがデビューして以来初となるSKY-HIによるロング・インタビューで、メンバー全員が登場しアルバムを全曲紹介しています。『New Music Wednesday』にリストインしている「Message」はラブソングで、ここまでストレートなラブソングはBE:FIRSTにとっても初めて。Spotifyではプレイリスト『Dance Pop:Japan』のカバーも飾っています。
Maika Loubté「Flower In The Dark - Synthesized」
Maika Loubtéのアルバム『Lucid Dreaming: Synthesized Symphony』がリリースになりました。シンガー・ソングライター/トラックメイカーのMaika Loubtéは、フランス人の父と日本人の母を持ち、14歳頃から独学で曲作りや宅録を開始、10代は日本、パリ、香港で過ごし現在は東京を拠点に活動しています。今作は昨年10月20日(水)にリリースしたアルバム『Lucid Dreaming』を歌とアナログシンセサイザーのみで再構築したリワークアルバムで、「もし『Lucid Dreaming』の楽曲がアナログシンセサイザーだけで構成されていたら?」というMaika Loubtéの探究心を元に、原曲のアレンジ要素を全て削ぎ落とし、実験的にアルバムを再構築した作品です。『Lucid Dreaming』は今年の6月にKan Sano、80KIDZ、ermhoi、Small Circle if Friendsらが参加したリミックス版『Lucid Dreaming: The Remixes』もリリースされています。
IO feat Yo-sea「Your Breeze」
KANDYTOWNのIOがファースト・アルバム発売を控え注目が高まっているYo-Seaが参加した新曲「Your Breeze(feat.Yo-Sea)」をリリースしました。夏の終わりを感じさせる哀愁漂うサマー・チューン。IOにとって3月にリリースした「Faded」以来5ヶ月ぶりの新曲となります。Spotifyではヒップホッププレイリスト『+81 Connect』のカバーも飾っています。
kojikoji「はぐれ雲」
kojikojiがアルバム『Mining』をリリースしました。YouTubeやinstagramなどSNSに弾き語りの動画で人気に火がつき、クボタカイ空音変態紳士クラブ、Lucky Tapesなど数々のアーティストとのコラボでも知られるkojikojiのファースト・アルバムとなります。『New Music Wednesday』にリストインした「はぐれ雲」は大橋トリオが楽曲提供しています。Spotifyでは日本の女性アーティストの歌を特集するプレイリスト『Women's Voice』のカバーを飾っています。
back number「ベルベットの詩」
back numberの新曲「ベルベットの詩」がリリースになりました。昨年リリースの「黄色」以来11ヶ月ぶりの新曲で、『New Music Friday Japan』にリストイン後、『New Music Wednesday』にもリストインしています。リリース後Spotifyではたくさんの人に聞かれ、日本のポップシーンを彩る最新ベスト50がまとめられているプレイリスト『Tokyo Super Hits』の上位にもリストインしています。本作は『半沢直樹』『陸王』などを生み出してきた作家・池井戸潤の作品を原作とする映画『アキラとあきら』の主題歌として使われています。back numberはNHKの2022年度後期の朝の連続テレビ小説『舞いあがれ!』の主題歌を担当することも発表されています。Spotifyでは日本のロックシーンの話題曲を集めたプレイリスト『J-Rock Now』のカバーを飾っています。
アークティック・モンキーズ「There'd Better Be A Mirrorball」
アークティック・モンキーズが新曲「There'd Better Be A Mirrorball」をリリースしました。アークティック・モンキーズは2018年リリースのアルバム『Tranquility Base Hotel & Casino』以来新曲をリリースしておらず、本作は4年ぶりの新曲になります。アークティック・モンキーズは過去にリリースした6枚のアルバムがUKアルバムチャートでは全て1位を獲得しており、久々のシーンへの帰還となる本作は音楽ファンから注目されています。加えて10月21日(金)には7枚目となるニューアルバム『The Car』をリリースすることも発表しています。
スイスのチューリッヒで開催されたフェスZurich Openair(チューリッヒ・オープンエア)でのステージでは、同じくアルバムに収録されるとみられる新曲「I Ain’ t Quite Where I Think I Am’ tonight」も初披露しています。
文=竹内琢也、Y.SHOGO

『New Music Wednesday [Music+Talk Edition]』とは……
毎週水曜日に、その週リリースされた注目の新曲を中心に更新される、Spotifyのプレイリスト『New Music Wednesday』をさらに深掘りするSpotify公式ポッドキャスト。この番組をチェックすると話題の新曲をいち早く、そして詳しく知ることができて、今の音楽シーンがまるわかりに。あなたの通勤、通学、スキマ時間に無料で聴くことができるので是非チェックを。また番組では、Spotifyアプリの「Q&A」からメッセージやリクエストも募集中。あなたのオススメ曲や思い出ソングが紹介されるかも!? 番組への感想やリクエストは「#NMWミュージックアンドトーク」をつけてツイートを!
メッセージテーマは
「今週の『New Music Wednesday』でよかった曲を教えて」

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着