椎名慶治と永谷喬夫、敢えてSURFACE
名義とは別の活動を選んだ2人の真意
に迫る

椎名慶治永谷喬夫は、SURFACEのボーカリスト椎名慶治と同じくSURFACEの永谷喬夫が、SURFACE としての活動とは別に支えてくれるファンに少しでも音楽を届けようという思いから誕生したユニットである。2人でSURFACEでありながら、このタイミングで敢えて別名義での活動を選んだ2人に、活動に至った経緯その真意に迫る。
――椎名慶治と永谷喬夫のデジタル・ミニアルバム『DOUBLE or NOTHING』が9月1日にリリース。9月10日には、東京・神田明神ホールでライブも予定されていますが。まず、お二人でSURFACEとは別名義の活動をすることになった経緯を聞かせて下さい。
椎名:もともと、「椎名慶治と永谷喬夫名義でプロジェクトを動かそう」と始まったものではなくて。コロナ禍になって、人と人とが交流しづらくなった中で、少しでも音楽を聴いて楽しめる瞬間が出来ないものかな?と思って。僕が一人で曲を作って、歌詞を書いて、手ぶらでスタジオに行って、アカペラで音を重ねて曲を作ったんです。
――それが「頭の中の3LDKライブ」の原曲になるんですよね?
椎名:そうです。それで作ってみたら面白かったんですけど、「これをどうするかな?」と思った時、「音源のデータを永谷に聴かせて、オーバーダブしてもらったら、ひとつの作品になるんじゃないか?」と思って、永谷に聴いてもらって。出来上がった曲をどう発表するかを会社と相談しながら、作品作りを進めました。
――最初はグッズ購入者へのプレゼントとして、CDを作ったんですよね?
椎名:はい。ただ僕ら、SURFACEの契約があるので、「新曲を作ったから、CDを作ってグッズ買った人にプレゼントしたいと言われても、会社的にはNGです」と言われてしまって。「他の方法はあるんですか?」と聞いたら、「別名義であれば……」ということだったので、「だったら、まんまで“椎名慶治と永谷喬夫”名義でやろう」という流れでした。
――2020年春、新型コロナが流行する直前は、SURFACEとして新曲制作を進めていて。その最中にコロナ禍になって、身動きが取れない状態になったとSNSで書いてましたが。「頭の中の3LDKライフ」を作り始めた時の世の情勢だったり、その時の心境は覚えてますか?
椎名:あの時はまだ楽観的に考えていて、「半年もすれば、この状況も乗り越えられるだろう」と思ってました。だから、それまでの繋ぎとして、新曲でも作ろうくらいの考えで。あれから2年以上経った現在もマスクをしてる状態になるなんて、予想も付かなかったです。
永谷:誰もがそうですけど、ああいう状況が初めてだったので。僕は理解するまでにすごく時間がかかったし、変に考え込んでしまって。心身ともに調子悪くなってました。
椎名:永谷は結構、顕著でしたね。ライブが中止になったりするたび、どんどんモチベが下がっていくのが分かって。僕は「当然そうなるよな」と思って見てたし、だからこそ、「音楽は止めないぞ!」と思って、無理やり付き合わせたところがスタートですね。それでアカペラだけのデモを渡したら、戻ってきたアレンジがすごく良くて。「こんな感じで帰ってくるんだ!」と思って驚いたし、永谷の発想力やセンスに改めて脱帽しました。
永谷:僕はデモを聴いて、曲が持ってるパワーがすごいなと思ったし、面白いなと思ったし。「こうしたら良いんじゃないか?」ってアイデアが、自然と色々出てきたんです。
椎名慶治
――椎名さんは「頭の中の3LDKライフ 制作秘話」をTwitterで綴ってましたが、「とにかく、なにかを作ろう!」という衝動的な気持ちや、一人でデモを作り上げてしまう行動力に驚きましたし。その時の心の動きに、音楽を作る上での原点的なものさえ感じました。
椎名:あの時は衝動的な気持ちもあったんですけど、切羽詰まって必死でやってたというよりは、「楽しまなきゃダメだ!」と何度も自分に言い聞かせてやってました。だからSURFACEとは差別化して、聴いた人が「なんて歌詞なんだ!?」って驚くような歌詞にしたいと思って書いていました。
――永谷さんはコロナ禍で色々が奪われた時、音楽に救いを求めた部分はあった?
永谷:僕は音楽より、お酒に救いを求めてました(笑)。劇伴の仕事とかはあったので、「納期があって辛いな」と思いながらやって、それが終わったら家で一人で呑んで、泥酔するみたいな。やっぱり現実逃避したくなっちゃうし、人のライブの映像とか見てても悲しくなってしまったり、人と会う機会が無くなって、情緒不安定だったと思うし。曲を作るにしても、「何を作ればいいんだろう!?」と全く分からない感じだったので、椎名くんから曲が来た時はすごく救われました。曲が出来た後は「配信ライブとかやろうよ」と言われて、「ああ、世の中はこういう風に変化していくんだな」と思いながら、だんだん諦めの気持ちが生まれてきて。「だったら、いまの状況で出来ることをやろう」って気持ちにもなれたんです。
椎名:永谷は落ち込むのも早かったけど、立ち直るのも早かったよね(笑)。
――椎名さんは配信ライブにも対応したり、常にやれることを見つけていた印象です。
椎名:いろいろやりましたね。自分の音源を使ってカラオケで配信ライブをやったり、その状況で出来ることを考えてやるのは面白かったですし、やはり「楽しまなきゃ!」という気持ちがすごくありました。いまもコロナが収まってるわけじゃないし、コロナが長く続いて負のパワーがすごいんで。「楽しまなきゃ」と思い続けないとモチベが保てないし、すぐに挫折しそうになっちゃうんです。「どこに向かって曲を作ってるの? 誰が聴いてくれるの?」とか思い始めたら、どんどん不安になっていくんで。そこに打ち勝つためには、「楽しまなきゃ!」って思いをぶつけていくしかなくて、いまもそれを続けています。
永谷喬夫
――そんな気持ちから、いつものSURFACEとは明らかに違う作り方で、「頭の中の3LDKライフ」を完成させるわけですが。SURFACEで曲作りをする時との気持ちの違いは?
永谷:最初に「頭の中の3DLKライフ」のデモを椎名くんから渡されて、作業を始めて。いつもと違うなと思ったのは、これが結果、SURFACEの曲になるという感覚でなく。椎名くんのソロ曲を1曲任されて、僕が好きにアレンジするという感覚で作ることが出来て、変に身構えることなく楽しく出来たんです。その感じは自分でもビックリしたし、「そう思わない?」って椎名くんに聞いたら、「俺も思う」って。
椎名:やっぱりSURFACEって看板を24年間掲げてきて、SURFACE名義だと、出すなら結果が伴わなくてはいけないんですが。椎名慶治と永谷喬夫は売れる売れないで作っていないので、気持ちは楽でしたね。それを永谷も感じて、楽しいと思ってくれるんだったら、すごくいいなと思ってました。
――時系列だと、「頭の中の3LDKライフ」の次に出来た曲というと?
椎名:「イッツマイライフ」と「手を伸ばせ」の2曲で、その後が「AHAHA」です。「頭の中の3LDKライフ」は、僕の頭の中にぽっと湧いたものだったんですが。「イッツマイライフ」と「手を伸ばせ」は、永谷と「せーの」で作り始めた曲で。そうなった時に何が起きるかというと、面白いことにSURFACEらしさが出てくるんです(笑)。なので、「2人で作ると、やっぱりこうなるね!」なんて言いながら、それはそれで面白がって作って。「だったら、SURFACEのあの曲をオマージュしてみようか?」とか、また違った楽しみもありながら、作り進めることが出来ました。
――「イッツマイライフ」なんて、SURFACEよりSURFACEらしいくらいです(笑)。
椎名:ホントそうですね(笑)。それはこの二人で作るから、どうしようもなくて。「またこういうの作っちゃったね」というのが、イヤでもあれば嬉しくもある。だから、「別名義でやっても、この二人が組むとこうなるよ」という答えが出せたし、ライブでやった時、ファンの反応が良いのも感じたので。それは次への自信にも繋がりましたね。
椎名慶治と永谷喬夫
――ユニット名に個々の名前が入ってるというのもあったり、コロナ禍での制作だったからというのもあると思うのですが。椎名慶治と永谷喬夫の楽曲を聴いて、SURFACE以上に人間味のあるものになってると思ったし、より生活に寄り添った歌詞や曲になってますよね?
椎名:そうですね。“コロナ禍で会えなかった人にプレゼントする”というテーマがあったので。僕が特に意識したのは、「聴いた時に暗い気持ちにならず、少しでも前を向ける曲にしたい」というところで。前を向ける曲というのはSURFACEも一緒なんですが、より前向きな歌詞になっていると思います。
――「AHAHA」がすごく顕著ですけど、コロナ禍で会えない人にいま届けたい言葉や想いが、リアルに出ているというのが、違いと言えば違いですかね?
椎名:まさに。「AHAHA」はコロナ禍じゃなかったら、絶対書いてない歌詞だと思います。「AHAHA」は永谷がYouTubeで、「ギターのレコーディングの仕方」というのをやってたんですけど。そこで弾いてたリフが、すっごい永谷らしいリフだったんです。それを見て、「これはもったいないな」と思って、僕がそのリフを使った曲を勝手に作ったんです(笑)。“会えない日が続くけど、元気してますか?”って内容のリリックを書いて、「あのリフから、こんな曲が生まれたんだけど」って聴かせました。
永谷:歌詞を見た時、仕事とかでも「久しぶりだけど、元気だった?」なんてフレーズをよく聞くようになっていたので、「そうだよな、だんだんこうなっていくんだろうな」と思ったし。この曲が出来た去年の春頃には、「この歌詞を笑って聴けるのって、まだ何年も先の話なんだろうね」って話しながらレコーディングしていて。改めて曲を聴くと、レコーディングの時の気持ちを思い出すし、あの頃と比べたら少しずつ状況が良くなってるのが嬉しいし。いまライブに行くと、マスクはしながらですけど、少しずつ以前の光景が戻ってきていて。みんなの「それでも音楽を聴きに行きたい、コンサートに行きたい」って気持ちをすごく感じるし。例えば、武部聡志さんがやってる、ユーミンのコンサートを観に行った時。こういう時期だからというのもあって、魅せる聴かせるコンサートの重要さや凄さをすごく感じたし。椎名くんと「そういったものを自分たちなりに解釈して、二人でライブが作れたらいいね」って話もしました。
――そうですね。こういう時期だからこそ必要なもの、重要なものってきっとありますよね。
永谷:「頭の中の3LDKライフ」が出来た頃、「もっと音源作って作品作って、ライブをやりたいね」ってことも話していたんですけど。「2023年がSURFACE25周年なので、新曲はそっちに回して下さい」という話になって。
椎名:そう。2020年の段階で、「アルバムを作って、ライブも出来たら面白いね」って話になってたけど、SURFACE25周年に向けての制作にシフトしなきゃいけない感じもあって、一度は頓挫しちゃったんです。でも、「椎名慶治と永谷喬夫の曲は俺たちの中で、SURFACEとは違うリラックスムードで作れてるし、すごく良いよね」ってところから、「一度リセットして、SURFACEの作品を作るためにも、椎名慶治と永谷喬夫の作品を作るべきだ」という話がここにきて浮上してきて。「永谷の誕生日(9月10日)に会場を押さえられる」ってところから急ピッチに話が進んで、いま必死にやってるんです。
――なるほど。だから、アルバム収録予定の新曲が現段階で間に合っていないんですね(笑)。
椎名:あはは。取材までに間に合わなくてすみません!(笑)でも、もうほぼほぼ出来てて、8月の頭にはレコーディングするんで。出来上がったらぜひ聴いて下さい。
――はい、アルバム発売に間に合えば問題なしです!
椎名:作品としてまとめ上げようと思った時、グッズを買って、すでにこれまでの曲を聴いてる人には、知ってる曲だけでは申し訳ないので。「最低でも1曲は新曲を入れよう」と話して、いま頑張って作っているところです。
永谷喬夫
――『DOUBLE or NOTHING』のサウンド面のこだわりや聴きどころも聞かせて下さい。
永谷:基本、全部を一人でやってるので。僕自身のパーソナルな部分をそのままぶつけられているところが聴きどころですね。出来たメロディや椎名くんの歌声に合わせられているので、パーソナルな部分と外仕事している経験を上手く合わせられた感じがあって。SURFACEでの曲作りだと、「SURFACEってこんな感じだよね」って寄せてしまう部分もあるんですが、今回は外仕事に近い感覚もあるので。SURFACEと比べた時に音数も多いし、僕の好きなパーカッションもすごい鳴ってて、あまり得意ではないギターはそこまで全面に出していないのが特徴です(笑)。「AHAHA」はギターリフから出来た曲だったので、ギターが前に出てたりしますが。SURFACEの時はギタリストでいなきゃいけないところがあるので、そこにとらわれずにシンセサウンドが多めになってたり、僕のオタク感みたいなところが出せてるのががSURFACEとの一番の違いだし、聴き比べて欲しいところですね。
――椎名さんは歌の部分でのこだわりや聴きどころはいかがですか?
椎名:やはり、コロナ禍で元気の出る曲というのがキッカケだったので、どの曲も聴いた人の背中を押す応援歌的な曲になっているのが特徴的ですね。その中でも言葉遊びとか、ちょっと変な言葉選びは意識してるんですが。「SURFACEとどこが違うんですか?」と言われると、そんなには変わってないです(笑)。メロディ、アレンジから導き出されるものを大事にして、どの曲も「この曲にはこの歌詞が一番合うんじゃないか?」という発想で書いてるんですが。その中でも少しだけ前向きになれることを意識したというのが、『DOUBLE or NOTHING』の歌詞なんじゃないかと思います。
――ソロ活動についても聞きたいのですが、SURFACEの活動もありながら、それぞれのソロの活動でも歩みを止めなかったですよね?
椎名:止めてないですね。永谷も今年、インストのアルバムを2年ぶりにリリースしたし。
永谷:「動かなきゃいけない」という気持ちもあって、いつかやりたいと思ってたことを逆にコロナ禍で背中を押されたというか。ソロでアルバムを出したり、自分で会社を始めたり。会社を始めてゼロからやってみたら、「作品をリリースして、物流するということがどういうことなのか?」というのも改めて知れて。すごく勉強になったし、行動して良かったことがすごく多いんです。そんな色々がいずれ音楽に帰ってくると思うし、もともとすごい腰の重い人間だったので、起業するなんて思いもしなかったですけど、やって良かったですね。
椎名:永谷が会社を始めるとか、信じられないですけど。忙しくしてた方が上手くいくタイプだと思うので、いまはすごく前向きで明るいし、彼にとってプラスになってると思います。あと僕もネガティブな方なんですけど、自分以上にネガティブだと思っていた永谷が、コロナ禍で自分からアクションを起こしているということが、ファンに元気を与えていると思うんです。僕らが作品を作って、ライブを行うということ。結局、「音楽を止めない」ということになるのですが。そうやって行動すること自体が、みんなに元気を与えてられると信じて、アクションを起こし続けたいと思っています。
――素晴らしいです。「コロナだから」を言い訳にしてたら、何も前に進まないですからね。
椎名:あとは一番怖いのはコロナが終わった時、現状復帰出来るか?ということで。例えばライブも、いまは「コロナだから人が来ない」と言ってられますけど。行動し続けて、「俺たちはここにいるよ!」と言い続けないと、「私、意外とライブに行かなくてもいいかも?」と思われてしまうのが怖い。このままだと「配信でいいや、サブスクでいいや」になってしまうと思うので。だから今回、9月10日のライブも配信はやらないんです! そろそろ会場に来なきゃ見れないにしないと、本当に来なくなってしまうので。ライブに来ることに多少リスクはあるけど、そろそろみんなもコロナと向き合って、会場に足を運んでいただければと思っているので。一度きりの奇跡のライブを見に、会場に来て欲しいなと思います。
――それも大英断だと思いますし。コロナ禍で常に状況を見ながら、高い意識を持って行動し続けてきた二人なので。無責任ですけど、SURFACE25周年は絶対、大丈夫な気がします。
椎名:ありがとうございます。自分たちでも「大丈夫!」って自信持って言えるものを作りたいし、椎名慶治と永谷喬夫が25周年へのステップアップとなる作品になると良いですし。大満足しているお客さんに、「来年もっとヤバいよ!」と言えるようなライブにしたいです。

取材・文=フジジュン 撮影=大塚秀美
椎名慶治と永谷喬夫

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着