わーすた (左から)松田美里、三品瑠香、廣川奈々聖、小玉梨々華

わーすた (左から)松田美里、三品瑠香、廣川奈々聖、小玉梨々華

【わーすたインタビュー Part.2】「
初心と感謝の気持ちを忘れずに…」4
人体制初アルバム発売を機に改めての
思い

アイドルグループ・わーすたが、4枚目となるフルアルバム『我々はネコである。』を17日にリリースした。インタビュー後半では、新曲以外の注目曲について、そして新たに4人で歩んでゆく、これからへの思いを語った。

ニューアルバムから主に新曲について語ったインタビュー前半はコチラ
--今回のアルバムでは、坂元さんの卒業シングルとなった『詠み人知らずの青春歌』は4人で改めて再レコーディングされました。
廣川奈々聖「歌い直ししました。葉月が歌っていたパートを振り分けて、アレンジがちょっと変わっていたり」
--改めて4人で歌うという思いは?
三品瑠香「このタイミングでこの曲を歌うというのは、早いと感じる人もいるかもしれないんですけど、今だから歌っている、その覚悟とか気持ち、最初にこれをリリースしたときとは違う気持ちで歌っているので、それを感じ取ってもらえればと思います」
小玉梨々華「風鈴の音が最初に入っていたり、5人で出したMVを一瞬で思い出せて、これまでこの曲と一緒に歩んできた5人の感じも残しながら、4人で改めてこれを歌っているということの意味を感じてもらえるんじゃないかなと思います。ただ歌い直したんじゃないぞと、いうところを聴いて感じてもらえたらなと思います」
--ただエモーショナルなだけじゃなく、未来へと向けて歩む4人の思い……。
三品「大事な曲だからこそ、4人でも歌っていきたい」
--そして『うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ』と『いぬねこ。青春真っ盛り』の代表曲2曲を再収録しています。
廣川「『いぬねこ』は歌割も新しくなりました。いつもライブで歌っている曲を改めてレコーディングマイクの前で歌うとなると、変な緊張感もあって、昔より上手く歌わなきゃと、自分で自分にプレッシャーをかけていて。そして完成したものを聴いてみたら、昔とはまた違った良さが出ているなと思って……。あの頃はやっぱりまず元気で売っていたなと思うんですけど、この曲をちょっとしっとり感も出しつつ、大人な感じが出せたんじゃないかなと思います。オリジナルの歌割は私と瑠香だけだったんですけど、4人で歌う歌割になっているので、そこも新しいと思います」
松田「『いぬねこ。青春真っ盛り』って二人の歌声を聴いて何年も経っているので、二人の声のイメージが頭の中にあって、それが当たり前だったんですけど、自分の声で聞くと違和感があってゾワゾワします。奈々聖たちの声をモノマネしちゃうというかちょっと寄せてしまいがちだったので、レコーディングのときに、“あ、ダメだダメだ”と思いながら……」
--オリジナルの音源の声が頭にこびりついて?
松田「そう、2015年くらいの奈々聖の声がずっと頭から離れないんです」
(3人・爆笑)
松田「でも、スタッフさんにアドバイスをもらいながら、私らしさも出しつつ、昔からグループとして大事にしている代表曲だからこそ、楽しく聴こせるように、テンション上げて歌いました」
小玉「私も自分がこの曲を歌うことが新鮮でしたし、少し前に『ちいさな ちいさな』という初期の曲を5人で歌い直すという機会があったんですけど、そのときもファンの方が喜んでくれて、新鮮で、それも特別な曲として、たまにライブでやるので、この曲も喜んでもらえるかなと今から反応が楽しみです」
--三品さんは改めて歌い直してみていかがでしたか?
三品「前の音源はもう聴かないですけど、たまに流れてくるのを耳にすると、『あー若いな』と思って。しばらくライブのテンションでしか歌ってなかったので……」
--オリジナルを歌っていたときの感覚はもう忘れた?
三品「オリジナルはどう歌ってたか思い出せないくらい。今の歌い方も形に残したいと思い、ライブのテンションにもっていって歌いました」
--先日までこのアルバムをもってツアーを行っていました。
廣川「はい。前回のツアーはのときよりも、みんな落ち着きが出てきたかなと思っています。以前のツアーでは、私死ぬほど緊張してて、その時代の楽屋の雰囲気と比べれば、今回はすごく落ち着いていて、でもステージではいい緊張感で臨めて、今までで一番いいツアーができた実感があります」
--松田さんは相変わらず緊張?
松田「緊張してます! 緊張はしているんですけど、前はそれが変な形で出て、やたらおしゃべりになって、“緊張する、緊張する、緊張する”って衣装さんに絡んだりしていたんですけど、でもステージに立っているときと裏にいるときのテンションの差は少なくなってきたなと思います。緊張はするんですけど、MC以外はわりと堂々とできてるんじゃないかなと思います」
--(笑)。そしてツアーとともに夏はフェスイベントにも多数出演中。夏フェスでは、4、5曲という形が多いので、やはり代表曲中心になる?
三品「アルバムのリード曲『マッシュ・ド・アート』は必ずやると思います。代表曲をやりながらも、いろんな新しいわーすたを見せて心をつかんでいきたいと思います」
小玉「今は私たちが全部セットリストを決めているんですけど、そのイベントのコンセプトに合わせたり、前後に出演するアーティストとのバランスを考えて、ベストな私たちが見せられるようにセトリを組んでいるので、毎回自分たちの魅力を最大限に出せているのかなと思っています」
--廣川さんは女性アイドル好きということでも知られていますが、フェスで今このグループのライブを観ておきたいというのはありますか?
廣川「超・ときめき宣伝部! 王道アイドルが好きで、昨年のTIFでも自分が出演しない日も、家で配信でライブを見ていました(笑)」
--パフォーマンスが可愛い?
廣川「うーん、すべてが……」
(一同笑)
廣川「あと歌声が力強くて好きです。衣装も可愛くて」
--さて、これからのわーすた、どんなところをアピールしていきたいですか?
廣川「まだ4人のわーすたを見たことがない方も多くいらっしゃると思うんですけど、今度のアルバムは、過去の、ちょっと懐かしいわーすたらしさと、でも、これからどんどん新しい曲に挑戦していくぞという私たちの決意が伝わる作品になっていると思うので、久しぶりの方も、“あ、この曲歌い直してるんだ”とか、それぞれいろんな楽しみ方をできると思います。このアルバムをきっかけにわーすたを始めてほしいし、ここで新しいわーすたファンを獲得するぞという気持ちで、みんな思いを込めて作ったアルバムなので、みなさんのもとに届けばいいなと思います」
松田「わーすたって、ほかのアイドルさんと比べても、やりたいことをやって、新しいことにも挑戦し続けさせてもらっている感じがあり、それはすごく恵まれているなと思うし、メンバーが楽しんでいる表情をずっと隣で見てて楽しいなと思えるので、5人のときも4人でも、すごく居心地がいいし、大切にしていきたいなと思えるグループ。良さはそのままで、路線変更をせず、迷いもなく、こんなに胸を張ってやれてるのは誇らしいことだと思うので、夏フェスとかでも改めて“わーすた安心感あるな”というところを感じてほしいですし、4人になって気持ちも一新して強い気持ちでやってるので、フレッシュさやいろんな魅力を感じてもらえるんじゃないかなと思います。ライブにも気軽に遊びに来てもらいたいなと思います」
小玉「今年に入って目に見えてメンバーの変化があったけど、変わりたくない部分は変わってないつもりだし、わーすたの軸となる部分はしっかりあるし、でもプラスの意味で変化すべきところは変わっていかないとと思っています。わーすたというグループを見守りながら楽しんでもらえたらと思うので、これからもみなさんを楽しませるように、4人の体制にももっと慣れていって、いっぱい楽しいことに挑戦していきたいなと思います」
三品「初めて4人でのツアーをやらせてもらって、久々のフルアルバムも出させていただくんですけど、周りの環境に恵まれていることへのありがたさとともに、いいものをお届けしたいとすごく思っているので、初心と感謝の気持ちを忘れずに頑張っていきたいです。どのステージもかみしめられてるなと思い、改めて今初心に帰っている気持ちで、一つ一つを大事にしているので、最近見るようになった方もずっと見てくれている方も楽しんでもらえるわーすたでありたいと思っています。よろしくお願いします」
3人「よろしくお願いしま~す!」
わーすた(The World Standard)
世界に照準を合わせて活動しているデジタルネイティブ世代アイ­ドルで、SNSとリアルアイドル活動を通じて世界にKAWAIIジャパンアイドルカルチャーを­発信していくグループとして2015年に結成。2016年、1stアルバム『The World Standard』でメジャーデビュー。8月17日に4thフルアルバム『我々はネコである。』をリリース。
廣川奈々聖(ひろかわ ななせ)1999年5月12日生まれ、福岡県出身
松田美里(まつだ みり)1999年8月2日生まれ、広島県出身
小玉梨々華(こだま りりか)2000年10月1日生まれ、北海道出身
三品瑠香(みしな るか)2001年3月17日生まれ、愛知県出身

アーティスト

新着