岡田拓郎、新ALよりJohn Coltrane「
A Love Supreme」カバー先行配信 S
am Gendel、石若駿が参加

岡田拓郎が8月31日(水)にリリースするニュー・アルバム『Betsu No Jikan』より「A Love Supreme」が本日8月10日(水)に先行配信。合わせてYouTubeにてオフィシャル・オーディオも公開された。
ソングライター/ギタリスト/プロデューサーとして幅広く活躍する岡田拓郎。本楽曲はJohn Coltraneの「A Love Supreme」のカバー音源。演奏にはSam Gendel、石若駿が参加している。
ソングライター/ギタリスト/プロデューサーとして幅広く活躍する岡田拓郎。本楽曲はJohn Coltraneの「A Love Supreme」のカバー音源。演奏にはSam Gendel、石若駿が参加している。
前作『Morning Sun』以来およそ2年ぶりのアルバムとなる『Betsu No Jikan』は、全6曲入りの作品。岡田拓郎はドラマーの石若駿らとの即興演奏の成果を“素材”として一旦持ち帰り、エディットを施した上、さらに様々なミュージシャンに対してその上で即興的な演奏をするよう指示。Jim O’Rourke、Nels Cline、Sam Gendel、Carlos Niño、細野晴臣という錚々たる音楽家たちによってリモート収録されたデータを受け取った岡田は、それらを再びエディットし、コラージュし、自身と各人の演奏を混ぜ込んでいったという。

同一の時間への収斂を執拗に避け、“別の時間”のありようを肯定するとき、新たな“ポップ”の姿がコミュニケーションの次元から立ち上がる。“ポップとは何か”を考え抜こうとする岡田の野心的な批評精神と音楽家としての強靭な身体性は、このような境地までたどり着いた。『Betsu No Jikan』はポップ・エクスペリメンタリストである岡田拓郎が静かに提示する、問題提起作だという。


【リリース情報】

岡田拓郎 『A Love Supreme』

Release Date:2022.08.10 (Wed.)
Label:NEWHERE MUSIC
Tracklist:
1. A Love Supreme

■ 配信リンク(https://ssm.lnk.to/BNJ)

==

岡田拓郎 『Betsu No Jikan』

Release Date:2022.08.31 (Wed.)
Tracklist:
1. A Love Supreme
2. Moons
3. Sand
4. If Sea Could Sing
5. Reflections / Entering #3
6. Deep River

[参加アーティスト]
石若駿
大久保淳也
Carlos Niño
香田悠真
Sam Gendel
鹿野洋平
Jim O’Rourke
Daniel Kwon
谷口雄
Nels Cline
細野晴臣
増村和彦
Marty Holoubek
山田光

■岡田拓郎: Twitter(https://twitter.com/outland_records) / Instagram(https://www.instagram.com/okd_tkr/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

新着