Fear, and Loathing in Las Vegas、
映画『バイオレンスアクション』挿入
歌「Tear Down」を配信リリース

Fear, and Loathing in Las Vegasが、8月24日(水)に新曲「Tear Down」を配信リリースすることを発表した。
「Tear Down」は 8月19日(金)公開の映画『バイオレンスアクション』の挿入歌として起用される楽曲。『バイオレンスアクション』は、小学館"やわらかスピリッツ"で連載中の浅井蓮次と沢田新による人気コミック『バイオレンスアクション』の実写映画。ピンクのショートボブでゆるふわな雰囲気の女の子 菊野ケイが日商簿記検定2級取得を目指し専門学校に通いながら、指名制の殺し屋のアルバイトをする日常を描いた作品となっている。
本作の主人公 菊野ケイは音楽とともに戦闘モードに入り、『ベイビー・ドライバー』や『キック・アス』のように音楽を起点に流れるようなアクションを繰り広げる。
「Tear Down」
映画『バイオレンスアクション』

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着