SIX LOUNGE × Age Factory × the
dadadadys 4年ぶり『LMX』で実現し
た"バチバチの対バン"

『Livemasters Inc. presents LMX 2022』 2022.7.18 Zepp DiverCity(TOKYO)
ライブ制作/プロモーターのライブマスターズ主催によるイベントとして、2018年以来4年ぶりに『Livemasters Inc. presents LMX 2022』がZepp DiverCityで開催を迎えた。出演アーティストは、SIX LOUNGEAge Factory、the dadadadysという、熱くなるなという方が土台無理なライブの猛者3組。SIX LOUNGEのヤマグチユウモリ(Vo/G)曰く「バチバチの対バン」である。月曜祝日のライブハウスを焦げ付かせた約3時間の模様を、レポートしたい。
the dadadadys
リンダ・スコットによるスタンダード名唱「星に語れば」をSEに登場したトップバッターは、2022年初頭に改名して心機一転の再出発、現在は4人組バンドとして活躍するthe dadadadysである。小池貞利(Vo/Gt)、佐藤健一郎(Ba)、yucco(Dr)、山岡錬(Gt)の正規メンバーに、サポートとして熊谷太起(Gt・Helsinki Lambda Club / Group2 etc.)が加わった5ピース編成。耳を劈くド迫力の音出しから、ライブがスタートする。小池の巻き舌シャウトを合図にするように、ビートとリフがつんのめりながら転がる「超々超絶絶頂絶好最高潮」を切り出していった。tetoからの改名後初のミニアルバム『Do Wah dadadady』のオープナーを飾っていた楽曲だけあって、恐るべき瞬発力のスタートダッシュを見せてくれる。山岡によるひしゃげた爆音の間奏も強烈だ。
the dadadadys
the dadadadys
最新ミニアルバムからの楽曲が続いて「ROSSOMAN」へ。会場ごとフルスロットルに持ち込むような勢いと熱量で、ビートスイッチを加えながらひた走る。ただリズムが切り替わるだけではなく、メンバーが互いに鬩ぎ合うthe dadadadysの演奏が、極めてスリリングな性急さをもたらしてくれるのだ。この日のフロアは座席制になっていたのだけれども、オーディエンスは早々に総立ちとなって黒く波打っている。「あの太陽の野郎に汗をかかされるのが癪だから、俺は自分から踊ってツイストして、自分で汗をかくって決めました!」という小池の言葉で、今度はご機嫌なスウィンギン・ロックンロール「しぇけなべいべー」を放っていった。
the dadadadys
the dadadadys
「レッツ音楽!」という掛け声で小池が一時ステージから捌け、4人によるファンキーなジャムセッションが始まるのだが、こんなときのバンド演奏はすこぶるタイトである。しかし、小池という感情表現のダイナモが加わると、the dadadadysは再び危ういコンビネーションの魅力を放ち始める。バンドの魅力とは、必ずしも正確無比な演奏にあるのではない、そんなロック表現の深みを教えてくれるようだ。「PUXXY WOMAN」においても、人間同士のスリリングな鬩ぎ合いが浮かび上がってくる。猛スピードでぶっ放される「とめられない」の後には、「屋上から飛び降りた、僕に手紙をくれた女の子と、その気持ちがわかるすべての人間に贈ります」という言葉を添え、こちらもteto時代からのレパートリーである「遊泳地」へ。照明演出もさることながら、トリプルギターによるそのブライトな音像は、ある種の祈りのように眩い光を呼び込んでいた。ステージを締め括る「恋」まで、限られた持ち時間の中でも完全燃焼してみせる大熱演であった。
Age Factory
転換を経ての2組目には、目下全国ライブツアー中のAge Factoryがオンステージ。清水英介(Vo/Gt)、西口直人(Ba/Cho)、増子央人(Dr/Cho)、サポートメンバーに有村浩希(Gt)という4ピースで、清水がギターを奏でながら「OVER」を歌い出す。ハスキーな男の色気に満ちた歌声と、骨太な後ノリ感でグルーヴしてゆくバンドサウンドが、先ほどまでとはまた異なる趣の一体感を生み出していった。青白く明滅するライティングに、シルエットを浮かび上がらせてパフォーマンスする姿がかっこいい。昨年リリースしたアルバム『Pure Blue』の曲順どおりに、続いては大ぶりなビートにエモーショナルなメロディの歌が浮かぶ「SKY」へと持ち込んでいった。
Age Factory
感染症対策が講じられた会場に向けて挨拶しながら、「ルールはあるけど、頭の中は自由なんで」と語る清水。ドラマティックに展開してゆく「Dance all night my friends」では、楽曲の力で心の距離をグッと詰めて語りかけてくるようだ。この後にはアルバム『EVERYNIGHT』の収録曲が続き、変則的なグルーヴでオーディエンスを飲み込み大きく波打たせる「HIGH WAY BEACH」や、静と動のコントラストでダイナミズムを描き出す「Everynight」を披露。刺激的で美しい音響と歌心がガッチリと手を取り合うAge Factoryのパフォーマンスには、心象と情景を強烈に喚起する力がある。ライブ会場ごと、音の風景に包まれるようだ。
Age Factory
Age Factory
フレーズの隙間から歌の情緒が立ち上り、哀愁を引き摺りながら奏でられる「Light off」もまた、ライブの中盤にどっしりとした歌の手応えを残していった。ことさら強く煽り立てるわけでもないけれど、アンセミックに鳴り響く「Merry go round」の中でオーディエンスはいつしか一様に腕を振り翳し、音の風景に染まって躍動感を描き出してくれる。「今日は、(対バン相手が)the dadadadysとSIX LOUNGEなんで、Age Factoryは歌モードでやってますけれども、楽しんでますか?」と問いかける清水だが、何よりも彼ら自身が、今回のライブイベントを真剣に楽しんでいることが分かる。
Age Factory
バンド初の映画主題歌として書き下ろされた「First day song」を歌うとき、清水は「大切な曲」と紹介していた。まさに、触れる者とじっくり対話を繰り広げるような1曲だ。そして「1994」の後、「次は夕焼けの曲なんだけど、俺たちが連れて行くんじゃなくて、俺たちを連れて行ってくれ!」と呼びかけ、高らかなコーラスとともに飛び込んでゆく「TONBO」は、Age Factoryによる音の風景の真骨頂。トドメの一撃とばかりに放たれる「Feel like shit today」まで、片時も目を離すことのできないパフォーマンスであった。
SIX LOUNGE
そして、出演3組のアンカーを務めるのは、「雨にぬれても」をSEに姿を見せたSIX LOUNGEである。ヤマグチユウモリ(Gt/Vo)、ナガマツシンタロウ(Dr)、イワオリク(Ba)のトリオが位置につくや否や、勿体ぶることもなくアクセルを踏み込み、「ナイトタイマー」を皮切りにタイトで鋭いロックンロールの時間が始まる。開演からものの数秒、ヤマグチの狂おしい節回しは早くもフルスロットルだ。間髪入れず、湧き上がるフロアに挑発的なナンバー「DO DO IN THE BOOM BOOM」を畳み掛け、イワオもぐいぐいとスウィングするベースラインで追い込みをかけるのだが、ヤマグチはまだまだ満足できないといった様子で「おいZepp!! 目ぇ覚ませよ!!」と煽り立てるのだった。
SIX LOUNGE
ひときわ重いビートと野太いサウンドに塗り固められた「LULU」、さらにはライティングごとレッドゾーンに振り切れる「ピアシング」とパフォーマンスを続ける中、ナガマツは高速乱舞するビートのブレイクで魅せる。開演からひたすら右肩上がりの興奮を胸に、オーディエンスも歓声を抑え込むのが大変、といった様相である。ギターリフが踊りまくる「トゥ!トゥ!トゥ!」からパンカビリー風の爆走「スピード」にかけては、熱いコーラスにまみれて賑々しさを増していった。SIX LOUGEのレパートリーの中でも即効性が高くアップリフティングなロックナンバーを、遠慮なく並べ立てたセットリストだ。息つく暇もない、とはこのことである。
SIX LOUNGE
そして「僕を撃て」以降は、ロックンロールのスリルによってこじ開けたオーディエンスの感受性に、ビッグメロディをこれでもかと注ぎ込んでゆく時間帯だ。出演バンド3組の中でも、3人編成であるSIX LOUNGEの音数は少ない。にもかかわらず、密度の高いサウンドとその機動力をもって、ライブ会場を自由自在に翻弄し、完全に掌握してしまう。数字だけでは測りきれない熱狂も、ロックのおもしろさである。汗まみれの笑顔を覗かせるヤマグチはあらためて、「こんなアブラギッシュなイベントをありがとうございます!」と、主催のライブマスターズに感謝の思いを伝えていた。終盤は、一期一会のライブを祝福するような轟音のスウィートメロディ「メリールー」や「カナリア」といった新旧の名曲を固め撃ち。「ふたりでこのまま」が本編をロマンチックに締め括るさまには、ずるいぞSIX LOUNGE、という思いを禁じ得なかった。見事なライブ運びである。
SIX LOUNGE
アンコールに応え、缶ビール片手に再登場したヤマグチは、「SWEET LITTLE SISTER」を披露する前に「明日から平日。また頑張りましょう。そんでまた、ライブハウスで会いましょう!」と挨拶を投げかける。それ以上の言葉は不要だった。三組三様のロックの中に、大切なもののほとんどが詰まっていたからだ。それぞれのロックバンドにしかできないエネルギーを導き出す、素晴らしいライブイベントであった。

取材・文=小池宏和 撮影=夏目圭一郎(SPINFROG)
SIX LOUNGE

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着