KIRITO、PIERROTやAngeloの曲も披露
したアコースティックライブ終幕 次
回公演&フルアルバム『NEOSPIRAL』
リリースを発表

KIRITOが7月23、24日にKANDA SQUARE HALLで開催したアコースティックライブ『KIRITO Acoustic live 22’ 「Phantom」』のオフィシャルレポートが到着した。

今年5~6月にバンドスタイルでの全国ツアーを完遂したばかりのKIRITOが、7月23~24日、KANDA SQUARE HALLにて『KIRITO Acoustic live 22’ 「Phantom」』を開催した。
去る2018年に約10年ぶりにソロ活動を再開して以降、2021年までのアコースティックライブではギター、ピアノ、弦楽カルテットを迎えた大所帯でのステージを重ねてきた“キリト”だが、Angeloが無期限活動休止に入った後の2022年2月、“KIRITO”名義の始動と50歳という節目に行われたアコースティックライブはギター、ドラムとのトリオ編成で行われた。そして今回の公演ではさらにミニマムな形態を取り、先述の全国ツアーや2月公演でもサポートを務めたJOHNと共に、ヴォーカルとギターのみという自身過去最小編成でのステージを実施したのだ。
一般的に、ミュージシャンにとって音の引き算とは勇気を要するものだと耳にする。ことバンド出身のヴォーカリストが最小限の音数の中、歌で勝負するということは、それ相応の力量はもちろん、自信と覚悟がなければ踏み入ることができない領域でもあるはずだ。つまり、ヴォーカリストとして新章に突入した2022年、この「Phantom」公演はKIRITOの未来を切り開く重要なファクターの一つになるに違いない。
「SIGHT」(Angelo)で幕を開け、ラストナンバー「TEAR」に至るまで全17曲が披露された第二夜。編成の大小問わずKIRITOはさすがの表現力で楽曲を届けてくれたわけだが、視覚的にも良い意味でステージの広さを感じさせないのは、舞台セットと照明の効果はあるにせよ(シンプルながら楽曲のストーリーを存分に引き立たせる素晴らしいものだった)、何よりKIRITOというアーティストの存在の大きさが表れた結果だろう。なお、これまでのアコースティックライブとは異なり、本公演では二人編成であることから全曲においてKIRITOがギターを弾きながらの歌唱となったことも付記しておきたい。
また、初日は「ECO=System」(PIERROT)、二日目は「HOME SICK」(PIERROT)が久々に披露されたのもファンには嬉しい場面だったと推測する。セットリストをあえて振り分けるなら、両日ともソロ5曲、PIERROT3曲、Angelo9曲という結果になったが、名義を問わずKIRITOの全キャリアの楽曲の中からセットリストを組み立てるのが彼のアコースティックライブのスタイル。無論それはKIRITOがこれまで描いてきたことに一切のブレがないからこそ可能であり、むしろ年数を重ねることで、より説得力を増していく。
第二夜の本編ラスト「壊れていくこの世界で」(PIERROT)を披露する直前、KIRITOはこう告げた。「これからも色々嫌なことが起こるかもしれませんが、心配するな、俺がいる」――彼はいつだって前を向き、何一つ諦めない姿勢を自ら示すと同時に、楽曲にその思いを込めている。だからこそリアルであり、聴く者の胸を打つ。人としての考え方も、アーティストとしての姿勢も、彼にとって最も大切な部分は何一つ変わっていない。そんなメッセージ性も、このミニマムな編成だからこそ、より鮮明に伝わってくるのだった。
「Phantom」と冠したアコースティックライブは、KIRITOのライフワークとして今後も継続的に行っていくとのこと。その第2弾公演が早くも9月18日、恵比寿ガーデンホールで開催される。さらに、11月9日にはフルアルバム『NEOSPIRAL』のリリースが決定。過去15年間のAngeloの活動の中で、ほぼ毎年アルバムを発表する(フルアルバム13枚、ミニアルバム3枚)という、KIRITO曰く「アスリート」的な曲作りを続けてきたわけだが、バンドが休止してもなお、彼がそのペースを緩めることはなく、最新作には12曲もの楽曲が収録されるという。「意地を貫き通す姿を見ていてください」とはMCでのKIRITOの発言だが、彼のSNSには「意地がある。それ以上に届けたい曲がたくさんある。そして実現できる俺がいる」との言葉も。『NEOSPIRAL』に期待を寄せながら、まずは次回「Phantom」公演を見逃さないでほしい。
文=金多賀歩美

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着