まもなく夏本番!2022年の新着サマーチューン5選

まもなく夏本番!2022年の新着サマーチューン5選

まもなく夏本番!
2022年の新着サマーチューン5選

ぐずついた天気が続いているここ数日ですが、戻り梅雨モードが明けるといよいよ夏本番の暑い季節がやってきます。すでにマスク着用のガイドラインがそれぞれにアナウンスされた夏フェスも、参加者の健康と安全がしっかりと守られて、どうか無事に開催〜終演の運びとなりますように。というわけで、今年の夏を素敵に彩ってくれそうなサマーチューンを5曲選んでみました。
配信シングル「泡沫SUMMER」/竹内アンナ
「熱海」収録アルバム『telegraph』/Kroi
シングル「花火を見に行こう」/a flood of circle
シングル「夏立ちぬ」/TUBE
配信「シングルサマーブルーム」/リュックと添い寝ごはん

「泡沫SUMMER」('22)/竹内アンナ

配信シングル「泡沫SUMMER」/竹内アンナ

配信シングル「泡沫SUMMER」/竹内アンナ

2ndアルバム『TICKETS』のリリースツアーを大盛況で終えたばかりの竹内アンナ。ファイナルの恵比寿LIQUIDROOM公演でも披露していた最新曲「泡沫SUMMER」は、80年代のシティポップをオマージュした懐かしいサウンドに仕上げつつ、《あなたがいなくても世界は回る それでもいたいよ》と今っぽい恋愛観を感じさせるサマーチューンで、甘く儚い空気が薫る夏の夜にすごく合うと思います。彼女がダンスに初挑戦したキュートなMVも必見!

「熱海」('22)/Kroi

「熱海」収録アルバム『telegraph』/Kroi

「熱海」収録アルバム『telegraph』/Kroi

さまざまなジャンルを貪欲に呑み込んだミクスチャーな音楽性でCMソングやドラマ主題歌などタイアップも多い話題のバンド、Kroi。7月27日には2ndアルバム『telegraph』のリリースを控える中、先行配信曲「熱海」でまた新たな一面を見せてくれました。ハッピーでありながらどこか切なさも湛えたような、こういうグッとくるサマーチューンを作ってきたのが驚き。2Aの“海鮮ドン!”のブレイク、最高です。旅のドライブで聴きたい〜!

「花火を見に行こう」('22)
/a flood of circle

シングル「花火を見に行こう」/a flood of circle

シングル「花火を見に行こう」/a flood of circle

7月前半に東京・渋谷モディで開店したポップアップショップおよびライヴ会場においてCDとカセットテープで販売、のちに配信もされたa flood of circleの最新曲。夜空に輝く夏の風物詩をテーマに据えながら、起こってしまった戦争やこの2年半のやりきれなさからも目を逸らさず、しっかりと向き合ったうえで全力で希望を見出だそうとする姿勢が佐々木亮介(Vo&Gu)らしくて好きです。生の実感が得られるようなエネルギッシュな曲。

「夏立ちぬ」('22)/TUBE

シングル「夏立ちぬ」/TUBE

シングル「夏立ちぬ」/TUBE

夏と言えば、やっぱりTUBE! 9月には3年振りにホームグラウンドの横浜スタジアムでの有観客ライヴが決まっている彼らの最新曲「夏立ちぬ」もまた、季節の情緒と合わせて戦争のやるせなさに触れていて、2022年の今を絶妙に真空パックした印象です。エモーショナルに叫ぶアッパーな夏曲もいいけど、アコースティックでゆったりと聴かせるノスタルジックなアプローチも素敵。デビュー37周年ならではのこの深みに癒されてください。

「サマーブルーム」('22)
/リュックと添い寝ごはん

配信「シングルサマーブルーム」/リュックと添い寝ごはん

配信「シングルサマーブルーム」/リュックと添い寝ごはん

平均年齢20歳のフレッシュな3ピースロックバンド、リュックと添い寝ごはん。そんな彼らの最新曲「サマーブルーム」は、全国高校対抗eスポーツ大会『STAGE:0』の公式スポンサーのひとつであるロート製薬の『爽快系目薬 ロートZ!』CMソングのために書き下ろした、高校生たちの背中をポンと押すような、思わず走り出したくなるような、青春感と高揚感と疾走感たっぷりのナンバーです。カンカン照りの暑い日に、爆音で聴きましょう!

TEXT:田山雄士

田山雄士 プロフィール:フリーのライター。元『CDジャーナル』編集部所属。同誌の他、『OKMusic』『ナタリー』『bounce』など、雑誌/WEBを中心にお仕事をしています。日本のロックバンド以外に、シンガーソングライターとか洋楽とか映画とかも好きです。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着