L→R 岡野昭仁(Vo)、新藤晴一(Gu)

L→R 岡野昭仁(Vo)、新藤晴一(Gu)

【ポルノグラフィティ
インタビュー】
僕らのことを待ってくれている
人たちに向けて音楽を落としたい

今までやらなかったような
ファルセットの使い方をしてみた

今回は全ての曲で晴一さんが作詞を手がけていますね。それはどうしてだったんですか?

新藤
アルバムに入っている既発曲が全て僕の作詞だったので、“その流れで全曲作詞したら?”って言われたんですよね。“分かりました、大丈夫です”って返事をしたんだけど、いつもどおり作詞作業は大変ではありましたよ(笑)。一曲一曲、いつもどおり悩んで書いていきました。

今回の歌詞を眺めてみて、ご自身なりの傾向って何か感じます?

新藤
例えばミュージカルでも舞台でも、もちろん音楽も一緒なんだけど、てらいもなく感情をぶちまける表現ってあるじゃないですか。で、そこにお客さんは感動する。以前の僕はそういう表現に対して多少、照れくささみたいな感情があったから、あえて抑えていた部分があったんです。でも、今回は曲が求めていて、それが必要な場所なのであれば比較的アツい言葉を素直に使うようにしたところもありましたね。それは「証言」という曲における“愛”という言葉だったりもするんだけど。

「テーマソング」をてらいのない応援歌にできたことが、その変化のきっかけになったところもあるんですかね?

新藤
確かに「テーマソング」はそうでしたよね。あれはコロナ禍であることを意識して、ストレートな応援歌にしようと思って書いたから。あの曲がきっかけになり、そういう書き方ができるようになったところはあったのかもしれないです。

一方、岡野さんはヴォーカリストとして各段の進化を遂げた印象があります。いろんな曲でファルセットを多用するなど、新たな表現がたっぷり注がれていますよね。

岡野
そう言っていただけるのは嬉しいですね。活動の中で自分の歌に対して少しずつ自信が出てきていたところもあったんだけど、ファルセットに関してはまだまだだなとずっと思っていたんですよ。でも、そこをもっとうまく出せるようになったら、楽曲が今までとは違う聴こえ方をするんじゃないかという想いがあったから、今回は「暁」や「ジルダ」なんかで、今までやらなかったようなファルセットの使い方をしてみました。そういった新たな表現はライヴを通して、より自分にとっての肉になるとも思ったので、楽曲の中に意識して盛り込んでみたんですよね。
新藤
ヴォーカルのことを僕が言うのもあれですけど、今回の昭仁のレコーディングはかなり早かったし、いいテイクばかりだったみたいで。それはきっと各曲に対して、ヴォーカルのイメージがしっかりと持てていたからだと思う。それは横で見ていても感じたかな? 昭仁のレックが早く終われば、僕も早く帰れるから有難かったしね(笑)。

アルバムの初回生産限定盤にはこれまでライヴで演奏したことのないレアな楽曲をスタジオセッションした映像作品『STUDIO SESSION~稀・ポルノグラフィティ~』が同梱されるそうですね。ファンはかなり嬉しいのではないでしょうか。

岡野
改めて数えてみたところ、ライヴでやっていない曲が20曲ぐらいあったんですよ。今回はそこから4曲を収録しています。まぁ、ライヴで一度も演ってこなかったのには、自分の技術不足とかそれなりの理由があるんだなと改めて思いましたよね(笑)。でも、逆に言ったら曲に可哀そうな思いをさせているとも気づけたので、今回の経験はすごく面白かったです。これを機にライヴでもやってあげたいとは思っていますけど。

9月からは『18thライヴサーキット“暁”』がスタートします。どんな気持ちで臨もうと思っていますか?

岡野
現状、コロナ禍の状況がどうなるかがまったく読めないので、結構難しい部分はありますよね。セットリストの第一稿みたいなものは考えましたけど、状況によってはそれを変えなきゃいけない場合もあるだろうし。いいアルバムができたから、それを引っ提げて回れる楽しみはもちろんありますが、今回は内容を見定めるのが難しいなって思います。
新藤
まぁ、でもこのアルバムがリリースされたことでの反応や、実際にライヴをやってみての感触をしっかり受け取りながら、ツアーを通して内容が変わっていっても全然いいと思うんですよね。それで、最終的にこのツアーなり、今回のアルバムなりの印象が明確なものになればいいなと。なので、とりあえずは全公演を元気に回ろうと思います!

取材:もりひでゆき

■music UP's 7/20発行号にも掲載中のリコメンド記事はこちら!

【リコメンド】ポルノグラフィティの新時代の“夜明け”を告げる
https://okmusic.jp/news/484537/
アルバム『暁』2022年8月3日発売 SME Records
    • 【初回生産限定盤A】(CD+Blu-ray)
    • SECL-2773~4
    • ¥5,500(税込)
    • 【初回生産限定盤B】(CD+DVD)
    • SECL-2775~6
    • ¥5,000(税込)
    • 【通常盤】(CD)
    • SECL-2777
    • ¥3,300(税込)

ライヴ情報

『18thライヴサーキット“暁”』
9/22(木) 神奈川・よこすか芸術劇場 
9/27(火) 群馬・高崎芸術劇場 大劇場 
10/01(土) 和歌山・和歌山県民文化会館 
10/03(月) 静岡・富士市文化会館 ロゼシアター 大ホール 
10/10(月) 福井・フェニックス・プラザ 
10/17(月) 大阪・オリックス劇場 
10/18(火) 大阪・オリックス劇場 
10/23(日) 広島・広島文化学園HBGホール 
10/25(火) 愛媛・松山市民会館 
10/28(金) 大分・iichikoグランシアタ 
11/04(金) 新潟・新潟県民会館 
11/07(月) 京都・ロームシアター京都 
11/09(水) 兵庫・神戸国際会館こくさいホール 
11/16(水) 北海道・函館市民会館 大ホール 
11/18(金) 北海道・札幌文化芸術劇場hitaru 
11/22(火) 岡山・倉敷市民会館 
11/24(木) 三重・三重県総合文化センター 
11/28(月) 熊本・熊本城ホール メインホール
11/30(水) 福岡・福岡サンパレス ホテル&ホール 
12/05(月) 愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール 
12/06(火) 愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール 
12/09(金) 高知・高知県立県民文化ホール 
12/16(金) 千葉・森のホール21(松戸)  
12/19(月) 宮城・仙台サンプラザホール 
12/21(水) 福島・會津風雅堂 
12/26(月) 東京・TOKYO DOME CITY HALL 
12/27(火) 東京・TOKYO DOME CITY HALL 
[2023年]
1/23(月) 東京・日本武道館 
1/24(火) 東京・日本武道館 

ポルノグラフィティ プロフィール

ポルノグラフィティ:広島県因島出身の岡野昭仁(Vo)と新藤晴一(Gu)によるロックバンド。99年にリリースされたデビューシングル「アポロ」のロングヒットにより、その名を全国に広め、その後も「ミュージック・アワー」「サウダージ」「アゲハ蝶」「メリッサ」などヒット曲を連発。その後も海外でのライヴを始め、近年もヒットソングを発表する中、19年には20周年記念の東京ドーム2Days公演を開催。そして22年8月に約5年振りとなるオリジナルアルバム『暁』を発売する。同年9月からは全国ツアー『18thライヴサーキット“暁”』も開催。ポルノグラフィティ オフィシャルHP(アーティスト)
ポルノグラフィティ アルバム『暁』特設ページ
ポルノグラフィティ 『Visual Album‟暁”LIVE VIEWING』情報サイト

「悪霊少女」MV

「暁」MV

「証言」MV

STUDIO SESSION
〜稀・ポルノグラフィティ〜
ティザー映像

「テーマソング」MV

「フラワー」MV

「ブレス」MV

「カメレオン・レンズ」MV

「VS」MV

「Zombies are standing out」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着