写真上段左より時計回り 有光陽稀(ありみつ はるき)、逢坂朔玖(あいさか さく)、碇 たくみ(いかり たくみ)、雫月Lee(しずき りー)、八雲 杏(やぐも きょう)

写真上段左より時計回り 有光陽稀(ありみつ はるき)、逢坂朔玖(あいさか さく)、碇 たくみ(いかり たくみ)、雫月Lee(しずき りー)、八雲 杏(やぐも きょう)

【Pipping Hot インタビュー】
前向きで強いグループなんだと
思ってもらえたら嬉しい

俺たちはここにいるから
大丈夫だよ

Pipping Hotはデビューシングル「beyond VANITAS」で本格的なスタートを切るわけですが、メッセージがストレートに伝わる疾走感がある曲ですね。

有光
ロックなテイストの中にさわやかさがある曲ですね。自分は《ほら、おいでよ》《ほら、見えるだろ》っていう箇所を歌わせてもらっているんですけど、ファンはもちろん、ael-アエル-時代からのいろいろな方の意思を受け継いで伝えたい部分なので胸を張って歌っています。名刺代わりになる曲でもあり、過去のいろいろなことを乗り越えた前向きで強いグループなんだと思ってもらえたら嬉しいですね。
雫月
ael-アエル-の頃はカッコ良いロックな曲が中心だったんですが、そこに青春とか青空が浮かぶさわやかさがプラスされた曲調で、こういう曲も好きだなと思いました。歌詞はハッとさせられる部分が多くて、出だしで《キレイごと並べてみたり/派手に脚色して satisfied?》って歌っていますが、“言い訳したりして前に進んでいないよね?”と言われているようですごく刺さってきたんです。そういう想いを超えていく覚悟を歌った曲なので、Pipping Hotの世界に連れていくっていうメッセージが伝わるように歌っています。

タイトルには“虚栄心を超えて”という意味が込められているんでしょうか?

雫月
そういう意味もありますね。
有光
“VANITUS”には“儚い”という意味もあるんですよ。儚さを超えるというタイトルゆえに、人生は儚く終わりがある存在だからこそ、自分の一瞬を掴み取れというニュアンスですね。
八雲
ピアノから始まる曲で最初から最後までワクワクして聴いたんですが、歌詞は一曲の中に物語が見えるなって。自分も挫折しそうになることがたくさんあるので、気づかされるところがたくさんあるんです。《賢いふり もう懲り懲り/目を逸らしてるだけ》という箇所もそうだし、自分の心の奥を見られている気持ちになるというか。だからこそ、そんな前に進もうとするメッセージに“頑張ろう!”って思えるし、自分自身にもすごく響きます。
聴いた第一印象は“これは俺たちの幕開けの曲だな”でした。Pipping Hotとして活動していく中で一生、思い出に残る曲だと思ったら感慨深いですね。歌にしても、ダンスにしても、みんなで努力してきたから感情を込めやすいし、Leeさんが歌っている《概念切り裂いて/一瞬を摘め》という歌詞は、普通にとらわれないで自分らしさを出そう、殻を破ろうってことなのかなって。一歩を踏み出せる曲になったと思います。
逢坂
すごくさわやかで疾走感がある曲なのにメッセージが強いから、言葉のひとつひとつが心に刺さってきました。特に好きなのはDメロで俺が《たとえ世界は変えられなくても》という最初のセンテンスを歌っていて、そのあとにメンバーひとりひとりが一行ずつ歌ってつないでいくんですね。《俺らの声が/誰か一人の/明日(あす)に届けば/それだけでいい》とか、本当にいい歌詞だなぁって。“明日も頑張ろう!”と思ってもらえる曲になったらい嬉しいし、半分泣きそうになるぐらい想いを込めて歌いました。

アツアツだけど、同時にキャッチーですよね。

逢坂
そうですね。ael-アエル-では黒が基調のキメキメな衣装が多かったんですけど、Pipping Hotはビジュアルもちょっとやんちゃな感じで、ポップなロックを打ち出しています。

カップリングの「感情リアリズム」も意思表明のナンバーですね。

雫月
歌い出しの陽ちゃん(有光陽稀の愛称)の歌が刺さりますね。
逢坂
感情が流れ込んでくるみたいで大好きです。説得力の塊みたいな。
有光
声で説得力を持たせたいと思っていたので、褒めてもらえて嬉しいです。
雫月
フォーメーションも陽ちゃんがセンターで、みんなが周りを囲んで下を向いている中、ひとりで立って歌って《Dream never die》という箇所で、4人がパッと顔をあげて、ひとりずつ手をあげていく振り付けになっているんです。ギターが目立つバンドサウンドなので、歌い踊りながら立ち上がってスタートする想いを表現できたらと。今回の3曲の中でもどストレートなタイプの背中を押す曲で、自分もウルウルしながら歌いました。ライヴでもお客さんに“刺さってくるね”という声をいただいているので、もっと巻き込んでいきたいと思っています。

《荒れた土に 花を植えて/折れない強さ 身につけよう》という歌詞に雑草魂を感じました。

雫月
まさにそうだと思います。

もう一曲の「Catastrophe Bomb」はミドルチューンかと思いきやテンポアップする曲で、哲学的な表現もありつつ、やっぱり歌詞はアツいという。

逢坂
「beyond VANITAS」と「感情リアリズム」はそれぞれパートを分けて歌っているんですが、この曲のラスサビでは5人で歌っているので激アツだと思いますね。まだライヴでお披露目していないんですが、想像しただけで絶対にアツさを込められる曲だなって。
歌詞に“海”や“風”という単語が出てくるから情景が想像しやすいというか、俺たちはこの大地で生きてるんだってことを考えさせられます。《細胞レベルでさ/感じてるよ》というフレーズも深いなぁって。
八雲
初めて聴いた時は“壮大だなぁ”と思いました。おっしゃっていたように静かに始まるんですけど、サビで一気にバーン!とくるし。
有光
爆発しているよね。
雫月
“Bomb”だからね(笑)。
八雲
何度も聴きたくなる中毒性のある曲で、自分自身、家でずっと流しています。歌詞に“アポステリオリ”とか“キルケゴール”という哲学的な単語が出てくるから“どういう意味だろう?”と検索したり。「beyond VANITAS」と「感情リアリズム」はアツアツなんですが、この曲はちょっと大人っぽいというか、自分の中のイメージは“宇宙”ですね。

この曲にも《ここから俺らだけのストーリーを刻んでゆこう》というフレーズが出てくるので、3曲に共通したメッセージがありますね。

雫月
やさしく背中を押すような応援ソングだと思います。“俺たちはここにいるから大丈夫だよ”みたいな。

3曲を通して聴く人がどんな気持ちになってくれたら嬉しいですか?

有光
やっぱり元気づけられたり、勇気づけられたり、感情に触れて後押しできたらいいなと思います。そう感じてもらえたら伝わったんだなって。

悩みや葛藤を踏まえた上でのポジティブソングですからね。

有光
そうですね。明るいだけではないので。

心機一転ということ、男装グループとして壊していきたいもの、新たに開拓したいと思っていることはありますか?

有光
もしかしたら、男装ってとっつきにくいところがあるかもしれないんですが、男装だからこそできる見せ方をしているので、先入観を捨てて、Pipping Hotがアツいライヴをしていることを知ってほしいですね。
雫月
俺たちは純粋に楽しんでいるので、男装とかそういう境界線をぶっ壊してアツくやっていきたいです。
有光
音楽に性別は関係ないので、それを体現する存在になりたいですね。
雫月
それは大きいよね。

冒頭で話してくれたようにどんどん上を目指して、いつかは日本武道館のステージに?

雫月
立ちたいです!
有光
じゃあ、5大ドームツアーもやりましょう!
雫月
まずは全国をツアーで回れるように頑張ります!

取材:山本弘子

シングル「beyond VANITAS」2022年7月20日発売 Imperial Records
    • 【初回限定盤A】(CD+DVD)
    • TECI-901
    • ¥1,870(税込)
    • 【初回限定盤B】(CD+DVD)
    • TECI-902
    • ¥1,870(税込)
    • 【通常盤】(CD)
    • TECI-903
    • ¥1,300(税込)
Pipping Hot プロフィール

ピピンホット:グループ名は“熱いメッセージの熱いLIVEをキミに届けたい”という想いが込められている。5人組男装ユニット。2022年7月20日にシングル「beyond VANITAS」でメジャーデビュを果たす。Pipping Hot オフィシャルTwitter

「beyond VANITAS」MV

「beyond VANITAS」
Dance Practice動画

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着