L→R 小林(Ba)、一見(Gu)、海部(Vo)、大野(Dr)、島崎(Key)

L→R 小林(Ba)、一見(Gu)、海部(Vo)、大野(Dr)、島崎(Key)

【ALBATROSS インタビュー】
“もう一度、何かを
起こせるんじゃないか?”
と思えたことが重要だった

余白を自由に受け取れるから、
音楽って平等なんだと思う

「ECHOED」の制作から完成に至る過程を聞かせてください。

どういう曲を作ろうかと思った時に、14年間で溜め込んでいたアイディアはたくさんあったんですが、一番大事にしたかったのは“今だから”ってことですね。僕らも年齢を重ねましたけど、今だから出せる一番リアルなものってやっぱり初期衝動だと思うんです。これが1年経った次の作品では薄れていると思うので、今の喜びとか多幸感といった初期衝動と、当時は言えなかったことを曲にしました。「ECHOED」って中学生や高校生といった年代の子が聴いてめちゃくちゃ共感するというよりは、もうちょっと年齢が上がってきた時に共感が生まれやすい曲だろうから、そんな人たちに向けて、今だから出せる言葉や曲を表現したいと思って作り始めました。3月にライヴをやって、7月にEPをリリースすると決めていたので、意外と時間のない中での制作ではあったんですけど。「ECHOED」は自分たちがもう一度始めるにあたって、自分たちの心の拠り所になる曲、改めてその時を噛み締められる曲になれば、バンドの速度も上げられる気がしたのとそういう今だから出せる赤裸々でリアルなことが、誰かの何かのきっかけになれば良いなと思っています。

何よりバンドメンバーが一番共感できて、制作に一丸となれたからこそ、すごく活き活きとした演奏になったんでしょうね。

「ECHOED」には余白もたくさんあって自由に解釈できる部分があるので、受け取るタイミングや状況によって聴こえ方も変わるけど、“何かを諦めなくていい”とか、“何かを始めることは恥ずかしくない”とか、言っていることが当てはまる人は多い気がするので、そこが伝わるといいなと思って書いたところもあります。余白を自由に受け取れるから、音楽って平等なんだと思うので。

この14年で音楽との関わり方も変わりました?

そうですね。当時は聴くにしてもやるにしても主張や刺激の強い曲や、新しいものを積極的にやりたいと思っていたのですが、今はそういうことよりも一緒に暮らせる音楽が好きになっていたり、生活に寄り添って彩れるような音楽をやりたくなってます。

完成したEP『ECHOED -Re PLUGGED PROLOGUE-』は、ご自身の想像を超える作品になりましたか?

想像を超えるどころじゃないですね、やはり14年振りなので。自分の中では出せそうではあるけど、“本当に出せるの?”という葛藤があったし、自分が想像している音を鳴らした時に再現できるかどうかはやってみないと分からないのでものすごく不安でした。でも、出音や録れ音を聴いていたらその不安も解消されたし、信頼できるメンバーのおかげで、その音を自分が楽しむこともできたので、本当に想像以上のものができたと思っています。

復活ライヴでバンドの面白さを思い出し、その勢いで新曲を作って。今度は9月24日に愛知・今池BL caféで新曲を披露して、また面白さを見出して、ここからどんどん沼にハマっていきそうな予感がしますね。

もうハマっています、底なし沼ですよ! 第二の沼の深さといったらヤバいですよ!!(笑) もともとライヴを中心に活動していたバンドで、音源はライヴのためみたいなところもあるんで、レコ発も楽しみです。今はセットリストをこねくり回しているんですけど、“もしかしたらその時にまた新しい曲もやれるかな?”という感じで進めているので、楽しみにしていてください。

取材:フジジュン

配信EP『ECHOED -Re PLUGGED PROLOGUE-』2022年7月10日配信リリース

ライヴ情報

9/24(土) 愛知・今池BL café

ALBATROSS プロフィール

アルバトロス:1998年、名古屋にて結成。当時は年間100本以上のライヴを全国各地で行ない、ライヴバンドとしてインディーズシーンの中核を担う存在となっていたが、2000年代後半に島崎、一見、大野が脱退。メンバーチェンジを経て活動を再開したが、09年のライヴを最後に活動休止。22年3月にホームグラウンドであった名古屋アポロベイスの閉店に伴い開催された、ライヴイベント『さよならアポロベイス Last Quest』でのG-FREAK FACTORYとの2マンライヴにて当時のメンバー5人が集まり復活ライヴを実施、活動再開を発表した。ALBATROSSオフィシャルHP

『ECHOED -Re PLUGGED PROLOGUE-』
Trailer

『ECHOED -Re PLUGGED PROLOGUE-』
Trailer

ALBATROSS LIVE@Nagoya Apollo Base
2022.03.20 Digest

ALBATROSS "ストーリー" LIVE
@Nagoya Apollo Base 2022.03.20

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着